2019年11月11日

入間ガス2019秋 いるまつり

昨年から入間ガスさんの「いるまつり」のステージにアミーゴからも出演をさせて頂いています。今年は当NPO法人の理事でもある藤光さんの主宰する「翠清」の皆さんが出演しました。「まねっこおんがく」と題して、きつねや料理などのまねっこを声や音で真似ていきます。子どもたちが多く来ていましたので、とても盛り上がりました。もちろん、アミーゴの宣伝も行ってきました。藤沢地区の方々にもアミーゴを知って来てほしいと思います。
違う団体の主催するイベントに参加することは、とても勉強になります。地域の方が参加し楽しむことで、活力が生まれることは間違いありません。会場の熱気を肌で感じ、こちらも頑張るぞ!という気持ちにさせてもらいました。
20191110104254_p.jpg
posted by mizuさん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

第41回入間万燈まつり

10月26、27日入間万燈まつりが行われました。今年も入間市繊維工業会として茶の花通りに出店しました。10年、20年ぶりで会う人と出会いました。今やこの祭りは、思い出深い人との出会いの場!元気な姿を見せあって、思い出話や近況を語り合いました。これも祭りの良さかな〜と。
来年はどんな形で祭りに参加しようか、と仲間と話しました。昔の半纏で「令和万燈会」を結成して出よう、と。果たしてどうなりますやら、来年もまた頑張ろう。
20191027124254_p.jpg 20191027160951_p.jpg
posted by mizuさん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

アミーゴハロウィン2019

今年もハロウィンの季節です。25日、まだ秋まつりの中止のダメージが残ている私ですが、親子80人に上る参加者が楽しんでいただけるよう、今年も仮装して頑張りました。今年は「不思議の国のアリス」がテーマ。最初にアコーディオンと歌のコンサートと一緒に踊ったりして過ごし、続いてトランプ姿のスタッフが、工夫を凝らしたゲームを各部屋で行い、出来た子にはスタンプを。5つ以上出来たらお菓子のプレゼント!
参加者もスタッフも童心に帰って一緒に楽しむ・・・いいですね。私も一緒になって幸せです〜〜
20191025175858_p.jpg 20191025184303_p.jpg PA254104.JPG PA254191.JPG
posted by mizuさん at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

第12回いるまクラフトフェア 中止

13,14日に行われる予定でした「アミーゴ秋まつりクラフトフェア」は台風19号の影響で中止にいたしました。周到に準備を進め、いざ本番という時に。アミーゴ自体はやはり雨漏りは有りましたが、お陰様で大きな被害もありませんでした。ただ、隣接する入間川が増水し多くの方が避難しました。また近くの金子坂が崩落し、通行止めになるなど市民生活におきな影響が出ました。このような状況の中で、無理をして開催することは心情的にもできないと判断いたしました。この日のために準備をされていた出展(店)者やパフォーマンス出演者のみなさんに大変ご迷惑をかけ、申し訳なく思います。近くで避難されている方や家屋が浸水して困っている方々がいる中で、イベントを楽しむ訳にはいかないと考えました。
20191014141325_p.jpg 20191013092303_p.jpg

13日は、お茶席の予定だった豊島先生からお茶菓子も用意してしまったことだからと、わざわざアミーゴにお道具を持ってこられスタッフにお抹茶を振舞ってくれました。「スタッフの皆さんも大変だったでしょう」と。とても嬉しかったです。
20191013135359_p.jpg
思うところはたくさんありますが、来年の開催を目指してまた一から準備をしてまいります。これからも応援よろしくお願いいたします。
posted by mizuさん at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

晴臣 一升餅

孫の晴臣も一歳です。早いものですね〜。一升餅の行事を行いました。一升のお餅を背負わせて、1歳の誕生日を祝うものですが、約2キロのお餅を背負って必死に立ち上がろうとする姿に涙が出ました。首も座っておらず寝返りもうてなかったこの子が、1年でこんなに成長したかと思うと感無量です。
一升餅は、背負えなくても立てなくても喜ばしいことと受け止めるそうで、立ち上がれたら身を立てられる、座り込んでしまったら家にいてくれる、家を継いでくれる、転んだら厄落としができたといわれます。一升餅は子どもの健やかな成長を祈る行事ですから、子どもを中心に親や両祖父母が集まってひと時の時間を過ごすことに意味があることなのでしょう。我が家も、一升餅の行事を終えて、7人で根岸の不二家で食事会をしました。
20191008100452_p.jpg 20191014140213_p.jpg
始めは、重いかと半分を背負わせてから、本番に。半升は軽々でしたが、さすが一升は重いようでしたが、泣きもせず必死に立ち上がりました。
posted by mizuさん at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

浅草 木馬亭

浅草木馬亭に岡大介さんの独演会に行ってきました。岡さんはアミーゴにも何度か出演していただいている「カンカラ三味線」の演歌師です。自由民権運動から始まった明治大正演歌を演芸場、流し、祭り、イベント出演などで歌っています。来年度またアミーゴに出演して昭和歌を歌ってもらおうと行ってまいりました。
その前に、浅草寺雷門横のてんぷらの三定さんで上天丼を食べ、仲見世を散策しました。相変わらず、お祭り騒ぎの仲見世でした。帰りのライトアップされた浅草寺は、何とも幻想的。観光客はほとんどが中国の方たちでした〜。
20191006161226_p.jpg 20191006165408_p.jpg 20191006184301_p.jpg 20191006195310_p.jpg
posted by mizuさん at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

第17回アミーゴ落語会

立川談幸師匠を招いての落語会も17回目を数えました。今回は、2002年から続けているこの会の写真も展示しました。談幸師匠は、変わりませんね〜。いい意味で渋さが加わりましたが、若々しい高座はそのままです。2002年当時、私はまだ、館長ではありませんでした。チーフディレクターとして市の職員さんと一生懸命企画を練っていました。この頃は、まだ談幸師匠を毎年お呼びする計画ものなく、2004年には、講談の方を呼んでいました。そんな訳で、18年間で17回なのです。私が館長になってからはず〜〜〜〜と呼んでいますよ!
写真を見ながら、私も懐かしく当時を思い出しました。談幸さんともとっても気が合って、毎年お会いするのが楽しみです。これからも長く続けていきたい事業です。

今回のゲストは、「和妻」の上口龍生さん。和妻って日本のマジックといったところです。一度入間の皆さんに見てもらいたいと思っていました。談幸師匠の演目は「安兵衛狐」と「御神酒徳利」でした。こちらも熱演で、会場を沸かしてくれました。
PA043647.JPG PA043660.jpg PA043702.JPG PA043707.JPG
posted by mizuさん at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ちょこっとアミーゴ探検

昨日、西武鉄道さんのウォーキングでアミーゴに約1500人の方が西武池袋線稲荷山公園から歩いて来られました。もう5年以上続いていますが、今年は晴天の元、とても良いウォーキング日和でした。
P9253405.JPG P9253418.JPG
アミーゴは西武鉄道さんとタイアップして、ゴールをアミーゴにし、到着した皆さんを音楽や飲食、染織ワークショップなどでおもてなししました。多くの方が初めてアミーゴに来た様子で「ここは何の建物ですか?」と尋ねられます。ホール内に広報ビデオを流し、紹介バナーを吊るして、スタッフが施設の紹介をしました。
今回は、地域に「ちょこっとアミーゴ探検」というチラシを配って、一般の方にも来場していただきました。この機会にアミーゴの内部を見学し、施設を知ってもらい、事業に参加してもらえればと考えました。
これからも多くの企業団体とネットワークを組んで地道に広報を続けていきたいと思います。
posted by mizuさん at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

劇団ミーゴ アリット公演

劇団アミーゴの「加治氏の理」を入間市博物館アリットで開催しました。2年前にアミーゴで公演したものを再演しました。これは博物館学芸員小田部さんからのたっての希望で上演したものです。入間市には、中世に活動した「金子十郎家忠」と「加治家貞」という武士がおりました。この二人については博物館でもよく調べていますが、なかなか市民にも知られていないのが現状です。アミーゴではこの二人にスポットを当て、史実をモチーフに二人の人間模様をアミーゴ風にアレンジして上演いたしました。特に加治氏は、刀鍛冶としての「家貞」の宿命をテーマに演出しました。アリットの公演は金子十郎の他明治大正時代の石川幾太郎を取上げた「青き繭の記」と合わせ3回目の公演となりました。いずれも博物館で上演するにふさわしい演目だと思います。
私たちが、アリットで公演する意義は、多くの方に郷土の歴史を知ってもらいたいからです。そして、地域愛、郷土愛をもってわがまち入間に愛情を持ってほしいと思うからです。特に、子どもたちにその歴史を教えて行ってほしいと念じます。アリットさん頼みますよ!
P9223279.JPG P9223369.JPG
posted by mizuさん at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

スタッフ研修バスツアー

2年ぶりにアミーゴスタッフ25名で一日研修バスツアーを行いました。今回は、秩父市の秩父宮記念市民会館です。2年半前の平成29年3月26日、構想から約5年の歳月を経て、開館の日を迎えた施設です。縁があってここの職員の中野さんんと知り合い、今回の訪問となりました。ホールの見学の後、お互いの館の運営について意見交換しました。アミーゴはNPO法人、秩父は市直営と運営主体は違いますが、新たな芸術、文化の創造やまちづくりに対する理念は一致しています。お互い刺激し合い、また事業面で協力し合えるところは連携していきましょう、と話しました。
やはり、いろいろな方と話して刺激を受けることは「文化施設」の運営には必要なことと痛感しました。日々変化する市民意識をぬるま湯の中で探っていてもニーズに沿った事業運営は展開できません!これからも積極的に動き回り情報収集したいと思います。

お昼の古民家レストランの食事もとても良かったです。バスの中での「ビンゴゲーム」も!
DSC07066.JPG DSC07083.JPG
posted by mizuさん at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする