2017年03月31日

平成28年度も終わり

早いものです、今年度も今日で終わります。思い返せば忙しい一年でした。何といっても「絹と木綿のものがたりフォーラム」があったからでしょうね。全体としても、博物館、西洋館などのアウトリーチ事業が新規に加わり、職員スタッフ忙しかったことでしょう。今日、すべての事業が終わり、書類の整理などしています。もちろん、4月からの事業も目白押しで準備を進めていますから、忙しさが倍になります。
先日体調を崩しまして、ちょっと元気がなかったのです。出かける用事が多く、気力で頑張り抜きました。今日は早く休みたいと思います。明日から新年度ですからね!

3月はざっと、こんなことがありました。
3月13日、埼玉県文化振興課「ARTでまちづくり交流会 in 川越」
IMG_20170313_143539.jpg
3月5日、飯能震災復興元気市
IMG_20170311_112730.jpg
3月9日、館林美術館と足利学校
IMG_20170309_105934.jpg IMG_20170309_140016.jpg
3月14日、講談師と巡るお江戸バスツアー「愛宕山と浅草を巡る」
IMG_20170314_122550.jpg
3月16日、伊根、城崎温泉
IMG_20170317_094124.jpg IMG_20170317_154700.jpg
3月19日、春風亭ぴっかり☆落語会 長泉寺
3月25日、アミーゴ事業「5本弦チェロによるバロックコンサート」
3月26日、アウトリーチ事業「金子公民館弥生寄席」
3月28日、埼玉県NPO基金助成事業報告会(県庁)
DSC_0456.JPG

posted by mizuさん at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ふきのとう

今年もこの時期がやってまいりました!
我が家の庭でとれる「ふきのとう」。もちろん「てんぷら」、私が作ります。息子夫婦にご馳走してあげました!
IMG_20170310_085153.jpg IMG_20170311_175409.jpg
posted by mizuさん at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

落語三昧

今月は藤の台公民館落語会、黒須公民館落語会と続けて公民館事業のお手伝いで、アミーゴがプロデュースして落語会を開催しました。藤の台では、落語だけでなく三味線漫談も入れて構成しました。落語は柳家さん若さん、三味線は藤本芝裕さん。ともにアミーゴで公演していただいた方です。さん若さんは、先月の高円寺演芸まつりでお会いして、噺も聞かせてもらいました。ずいぶんご無沙汰してしまって久しぶりの出会いでした、恰幅も良くなり噺も上手く、真打間近の風格がありました。黒須では、春風亭正太郎さんをお呼びしました。一年前にアミーゴの楽笑寄席に来ていただき、評判もとても良かった方です。黒須は、毎年うどんのお昼をごちそうしてくれます。本当にありがたいです。10年程前、当時の館長さんがうどん打ちが上手で、作ってくれていたのが始まりで、館長さんが変わってもいつしか定番化してしまいました。本当に嬉しく思います。毎年来る落語家さんに自慢ができます。今年は、うどんに加え「蕎麦」まで!もちろん落語の内容も最高。笑いの渦に包まれました。
IMG_20170308_121834.jpg
そして昨日は帝国ホテルで春風亭朝也さんの真打襲名披露宴が行われ行ってまいりました。朝也改め「三朝」を襲名しました。三朝さんとの出会いは、7,8年前、後楽園近くのお寺の落語会に聞きに行き、気に入ったのでアミーゴの楽笑寄席に来てもらいました。10人もいないような落語会でした。こうやって自前の落語会を行って修行していくのだなぁと感じたことを思い出します。昨年、三味線の藤本さんとの二人会をアミーゴでやっていただきました。中央大学の落研出身で、私の後輩でもあります。もちろん私は落研ではありませんが。披露宴では、落研関係者もたくさん来ていましたね。林家正蔵、林家木久扇、春風亭小朝そして山田邦子さんらが祝辞を笑いを交え述べました。頑張ったんだなと思います。アミーゴに出演してくれたたくさんの落語家さんにも会いました。面白くも楽しいひと時でした。
IMG_20170310_180145.jpg IMG_20170310_202539.jpg
posted by mizuさん at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

飯能ひな飾り展と絹甚

飯能市内で3月のお節句を中心に雛飾りイベントが開催されます。かつて絹織物産業で栄えた飯能のにぎわいを伝えるため、また、家々で大切にしまっておいた雛飾りを披露する機会を設けるために、平成18年(2006)に第1回雛飾りお宝展in飯能が実施されました。今年で12回目とのことです。友人の奥さんが、イベントの中心となる飯能市の文化財「店蔵絹甚」で吊るし雛を作るボランティアをしていまして、案内をいただき行って参りました。
家の中には、所狭しと雛飾り、吊るし雛が飾られ圧巻でした。代表の岡部さんからいろいろ活動の取り組みのお話を伺いました。
「絹甚」は、明治37年に建てられた絹の買継商の建物。絹買継商を営んでいた篠原甚蔵の名前から「絹甚」という屋号がつけられたといわれています。黒漆喰がおしゃれな町家建築です。狭い間口ながらも、盛られた棟飾りがとても立派です。現在は飯能市に寄贈され、展示・イベントスペースとして活用されています。
IMG_20170303_103255.jpg IMG_20170303_104056.jpg
市内の商店街各店舗、個人店舗、個人参加のお宅など 随所に、年代物の貴重なお雛様のほか、工夫を凝らした展示がなされていました。飯能は、入間市と違い駅前が平坦で商店も集中し、路地も多くイベントしやすいところだと思います。結構人が出ていました。都内からニュースを聞いて来たという人もあり、まちづくりイベントとして成功しているように感じました。町を回遊できるようなコミュニティ事業がしたいと常々思っていて、参考になりました。テーマが違っても何か入間でも仕掛けたいと思います。あちこちのお店を見て回って、雛飾りを楽しむだけでなく、買い物もしました。絹と木綿のものがたりフォーラムでもお世話になった友人の呉服屋さんでは、私の雪駄と妻のカバンを買いました。5日が妻の誕生日なもので…妻孝行ですな!
お昼は、「古久や」さんといううどん屋さんで食べました。いつも並ぶ有名店です。美味しかったです!
IMG_20170303_113815.jpg
posted by mizuさん at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする