2017年08月29日

埼玉県地域デビュー楽しみ隊

アクティブシニアの地域デビューを応援!
tanosimitai1.jpg
その隊員として任命されました。この何年か、埼玉県さんとはいろいろな部署でお世話になった関係からでしょうか。
元気な高齢者が増えて、シニア世代が地域で活動するのを後押ししようと埼玉県が考え出したものです。
「地域デビュー楽しみ隊」は50代から70代の隊員29人でこれからシニア世代となる秩父市出身の落語家・林家たい平さんが隊長を務めます。
24日に発足式がありました。上田知事は「きっかけを失って地域に入り損なった人を引っ張って欲しい」と。そして、上田知事からたい平さんに隊長の任命書が手渡され、たい平さんが「地域デビューをとことん楽しむ宣言」をしました。
面白いのは、「ちいきデビューひっぱりガールズ」というシニアの地域デビューをサポートするグループを作ったことですね。リーダーに、父親がシニア世代のさいたま市出身のタレント村田綾さんがなりました。なかなか素敵な方です。県庁の職員や社会福祉協議会の職員の有志の方々です。総勢23名、職場やプライベートでシニアの地域デビューを応援すると宣言しました。
20170824103601_p.jpg tanosimitai2.png
数名の方とお話ししましたが、四葉のクローバーを作っている方、500坪の畑にキバナコスモスを育てている方、ミニFMのアナウンサー、子どもの支援活動・・・様々な地域活動をしている方がおりました。何人かこれから地域デビューをしたい!と張り切っている方もおられました。
これからどんな活動をしていくのか分かりませんが、我々世代が世にあふれ出した時、世の中大きく変わっていくだろうことは予想されます。
posted by mizuさん at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

夏フェスタ2017

今年も暑い夏を迎えました・・・と書き出したいところですが、8月になって、ず〜と雨続きです。こんな夏は、記憶にありませんね。雨男の異名を一人でかぶりそうです。
そんな中、国府弘子さんを迎えての「サマーライブ」、中庭での飲食とゲームの出店を催しました。国府さんには、毎年「暑い中ありがとうございます!」というのが定番の挨拶だったのですが。今年は、ライブの中でも雨の話題で盛り上がりました。何しろ、間奏での間、雨音が響き渡っていましたから・・・ね。
中止かと思われた西武地区の納涼花火大会は開催することになり、雨と煙の中、盛大に打ち上げられました。関係者の皆さんも大変だったでしょう。野外のイベントを持つ身には痛いほどわかります。
中庭で出店していただいた皆さんも、売上が少なくて申し訳なかったです。それでも500人ほどの方がお出でになり、アミーゴが用意したゲームなどを楽しんでいってくれました。
DSC08252.JPG P8154562.JPG
今年は、国府さんと露崎春女さんのデュオ。露崎さんはアミーゴに4度目の来館です。国府さんのお客さんとして見学に来たのが最初でした。
P8154804.JPG P8154808.JPG
posted by mizuさん at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

地域創造フェスティバル2017

一般財団法人地域創造は、文化・芸術による地域づくりを目指して、地域における文化・芸術活動を担う人材育成や、公共文化施設の活性化を図るため、クラシック音楽、現代ダンス、演劇などのさまざまなプログラムを実施しています。
毎年8月の第一週に「地域創造フェスティバル」を開催します。これは、音楽やダンスのプレゼンテーション、セミナー、シンポジウムなどを開催し、公共ホールでイベントを運営する担当者の研鑽の場としています。同時に、ホール担当者とアーティスト、コーディネーターなど関係者の交流の場にもなっています。
アミーゴの事務局、ディレクターが今年も7名参加しました。今年は、シンポジウムは「高齢社会における公立文化施設の取り組みについて」「公共ホールを取り巻く近年の動向〜芸術創出の場を考える〜」、そして、ダンス、音楽のプレゼンテーションです。
tiikisouzou2017.jpg
私は、「芸術の場を考える」という講演に参加しました。数字的なホールの顧客動向や2000以上ある公共ホールの劣化した施設の現状と改修、修繕の在り方などを学びました。まさに、私たちが直面している問題でした。アミーゴに限らず、市民会館、産業文化センターもこの類です。今後、中長期政策的改修計画を立て、資金的な準備も含めた計画が必要であるとのことです。簡単な言葉ですが、果たしてそれぞれの自治体で対応しているのでしょうか?入間市は?文化施設の必要性について、行政と市民がもっと議論をしていかなければいけないのではと思います。文化芸術が市民に与える幸福感、コミュニティ、郷土愛といった精神的な能力と資金、人口減といった現実論をどう埋めていくか。この結論こそが、自治能力が試されているのだと思います。

「入間市の未来」を考える、よい機会を持てました。
posted by mizuさん at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする