2017年10月17日

運慶展

東京国立博物館で「運慶展」を鑑賞してまいりました。運慶は鎌倉初期の仏師で、日本彫刻史上にもっとも有名な作家です。父は定朝(じょうちょう)5代目と称する慶派の康慶(こうけい)。当時は京都に根拠を置く院派、円派が貴族階層の信任を受けて勢力があり、興福寺に所属し、奈良を中心とする慶派は振るわなかったのですが、運慶の代には関東武士の間に活躍の場を求め、その情勢を逆転させました。壮年期には奈良の興福寺の造仏により、仏師としての僧綱位(そうごうい)も法橋(ほっきょう)から法眼(ほうげん)、法印(ほういん)へと上り、晩年には主に鎌倉幕府関係の仕事を手がけるなど、例のないほど実力と人気があったと察することができます。
今回の展覧会では、全国に31体あるとされる運慶作品のうち22体がそろうなど、運慶の父子らの作品も含めた仏像計74体を展示されます。運慶仏は現存数が少なく、世界的傑作と名高い興福寺(奈良市)の無著(むじゃく)・世親(せしん)両菩薩立像(ぼさつりゅうぞう、国宝)をはじめ、写実性と迫真性にあふれた作品ばかりです。
会場に入ると、いきなり「円城寺 大日如来坐像」が出迎えてくれます。粋な計らいだと感じました。運慶の処女作ともいわれています。大好きな仏像です。学生時代のサークルで「運慶快慶」をテーマに学習し、この仏像を粘土で作って展示したことを懐かしく思い出します。
無著像。いいですね。仏像ではありませんが、内面まで彫り出していますね。傑作です。龍燈鬼像。これも素晴らしい。今回の展示会は、一周見ることができる展示方なので、お尻の筋肉や背中などが鑑賞できました。
mujaku.jpg ryuutouk.jpg
posted by mizuさん at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

第15回アミーゴ落語会

これは、立川談幸の会といっても良いもので、談幸師匠の話芸を毎年楽しんでいます。今年は、「二番煎じ」「藪入り」の二席、相変わらずの切れのいい口調で笑い、涙しました。色物では、桧山うめ吉さんの俗曲、素敵な女性です。三味線と唄そしてまったりとした語り口での話に皆さん酔いしれていました。数年前の談幸さんの会で一度高座を拝見し、アミーゴに来てほしいなぁと思っていました。今回は男性客が多いなぁと思いましたが、原因はこれだなと思いました。うめ吉さんは、アミーゴのギャラリーホールに入るや、「織機がありますね」などと専門用語を話されるのでびっくりしました。倉敷の観光大使を務めているそうで、倉敷は織物の町なので、織物工場を見学したこともあるとのことです。
終わった後の打ち上げも、楽しかったです。これからも「談幸師匠の会」、続けていきたいと思います。
DSC00170.JPG DSC00160.JPG
posted by mizuさん at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

第10 回いるまクラフトフェア

8、9日「第10回アミーゴ秋まつり いるまクラフトフェア」を開催いたしました!今年は、両日とも秋晴れ。最高の日和の中、8,000人の来場者で賑わいました。クラフト展31、体験ワークショップ8、味のれん(飲食)13、市場(物販)6、茶席2の参加団体とテラスでの音楽、ダンスなどのパフォーマンスで来場した方々をお迎えし、地域のコミュニティーの場を創出しました。
今年は、埼玉県から埼玉県芸術文化祭の共催団体にと推薦され、県内40のイベントの共催団体の一つとなりました。10年かけて、埼玉県の芸術文化を代表するイベントに育ちました。県の職員さんも見学に来てくださいました。多くの人が参加し、賑わっている会場にびっくりしていました。「こんなに大きなイベントだと思わなかった!」と言っていただきました。ありがたいことですね。
これからも、謙虚に「地域のお子さんからお年寄りが、コミュニティーの場として集え、アミーゴがあって良かったね!」と言っていただけるイベントにしていきたいと思います。

しかし、テントを立てて、イスを運んで準備をして、当日を迎えて、またテントをたたんで・・・スタッフがみんな頑張ってくれていますが、結構疲れますね。昔は終わった後に、打ち上げで大騒ぎしたものなのにね〜〜
PA086820.JPG PA087011.JPG DSC09819.JPG DSC09875.JPG
posted by mizuさん at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

西武鉄道ウオーキング

9月27日、西武鉄道さんの主催するウオーキングで、約2000人の方がアミーゴに来ました。西武池袋線稲荷山公園を出発して入間川沿いに曼殊沙華を見ながらアミーゴにゴールするというコースです。3年前から行っているものですが、最初は、どのくらいの方がアミーゴで滞留するかなぁ、と思っていましたら、かなりの方が館庭で食事をしたり、休憩を取ったり、またここは何の建物ですかと、質問も多く、それでは、思い切りウエルカムでおもてなししようと考えました。そして、最初は仏子駅がゴールだったものをアミーゴにして、テラスで音楽のコンサート、庭で織物のワークショップと飲食のお店を出し、ホールでは、施設の紹介バナーを設置して、皆さんを迎えました。昨年は雨にたたられてしまいましたが、今年は天気も良く、たくさんの方にアミーゴを楽しんでもらいました。
テラスでの「きんもくせい」「トーンチャイム」の皆さんの演奏の時は、凄い人だかりで、ウオーキングの皆さから逆に、「今日は何のイベントですか?」と聞かれてしまいました。「いやいや、皆さんをお迎えするために、やっているんですよ!」と答えました。
20170927104755_p.jpg 20170927105137_p.jpg
posted by mizuさん at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

入間基地 修武台記念会館

入間市観光協会の事業で、入間基地内の修武台記念会館の見学をしてまいりました。
入間基地は、狭山市・入間市域にまたがる航空自衛隊の基地です。敷地面積は約300ha、滑走路(全長約2000m、幅約45m)、管制塔、ターミナル、格納庫、体育館、グランド、庁舎、隊舎、修武台記念館等の施設があり、18の部隊と約4,300名の隊員を擁する首都圏唯一の航空自衛隊航空基地です。
平成19年3月には地対空誘導ミサイルパトリオット(PAC3)が自衛隊で初めて配備されました。
C-1中型輸送機の操縦席に座らせていただいたり(飛びません)、隊員の食堂で食事をとったり、そして修武台記念会館をたっぷり見学させていただきました。現在一般の方の公開はしていないそうで、観光協会で、ここを入間の観光の場として、市民や観光客に公開していただけないかと、今回、市長(入間市観光協会会長)はじめ役員で訪れたわけです。
なかなか見ごたえがありました。
 [記念館の歴史]
旧修武台記念館の建物は昭和13年、陸軍航空士官学校の学校校舎として建設され、終戦後は米軍の司令部 として使用、返還後は旧軍及び航空自衛隊の歴史資料を 保存・展示する施設としてその姿を残してきました。
建築以来、約70年が経過した建物は随所で老朽化が目立つようになり、惜しまれながらも平成17年 12月をもって、閉館となりました。そして、平成24年3月1日、隊員に対する航空歴史教育を行う場としての教育講堂として完成しました。
20170919101317_p.jpg 20170919142559_p.jpg 旧修武台.jpg
posted by mizuさん at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

埼玉新聞 記事

10月1日付けの埼玉新聞に私の記事が掲載されました。「まちの仕掛け人」と題した、地域のまちづくりの活動家を連載したものです。「若者に熱いメッセージ」と大書きされて、少し照れくさいです。先月2回ほど取材を受けて、思い出話的に、「万燈まつり」「太鼓セッション」「アミーゴ」と今までの活動を記者の関根さんにお話ししました。それを見事に、文章化してまとめて掲載してくれました。さすがに記者さんだな!と文章力、表現力に感心いたしました。
お話をしていて、昔のことがいろいろ思い出され、苦労したことや嬉しかったこと、改めて「追体験」いたしました。20年以上も前のことですから、ずいぶんムチャもしたなぁと思いますが、まだまだこれから、もっとやんちゃに生きていきたいと思います!
20171004_155116.jpg
posted by mizuさん at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする