2017年11月22日

雅楽公演

アミーゴで10数年ぶりに雅楽の公演を行いました。ずーと、やりたかったのですが、機を逸して今回まで来てしまいました。しかしながら、2年前から春フェスに大正大学の雅楽サークルの学生さんに出演をお願いして、桜の木の下で演奏をしていただいてきました。この企画も実に良い雰囲気の中で日本の伝統文化に触れられ、大成功でした。来年の春フェスでも行いたいと思っています。こんなことから本格的に雅楽公演に結び付けることができました。アミーゴ開館まもなく行った雅楽公演の時お世話になった中村香奈子さんに連絡し、快諾をいただきました。4月のこのブログにも書きましたが、北本市で行われた中村さんの公演に伺って、ごあいさつをして徐々に準備を進めてまいりました。
初めて雅楽を聞くという方も多いであろうと、レクチャーを交えての公演としました。「笙(しょう)」や「篳篥(しちりき)」「龍笛(りゅうてき)」の何とも言えない音と響は、正に日本の音という感じがします。小さな楽器なのに大きな音がするのですね。休憩時には、皆さん楽器に群がって説明を聞いていました。来年も趣向を変えて公演を続けていきたいと思います。
20171118161308_p.jpg 20171118150710_p.jpg
posted by mizuさん at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

デニムと倉敷

岡山倉敷に行ってまいりました。織物組合の視察です。岡山県はジーンズの縫製・加工工場、デニム生地の製織工場など、ジーンズ関連の企業が多く集まる「産地」です。最近は、テレビや雑誌で取り上げられたり、雑貨屋さんに岡山産デニムを使ったアイテムを目にするようになりました。デザインやおしゃれなショップもいいですが、元機屋の私としては、織物工場が気になりますね。倉敷市児島地区は町全体が一つの工場のようにデニムを扱う専門業者が200社以上集まる世界的に見ても稀な地域です。その児島生まれのジーンズの中でも、国内外を問わず高い人気を誇り、現在の国産デニムブームを牽引している「桃太郎ジーンズ」さんを見学しました。
懐かしい織機の音を聞きながら、説明を伺いました。織っただけの生地では、値段を叩かれてしまうので、メーカーとしてもデザインやアイテムを増やし直販していかなくては!は話されていました。日本のものづくりメーカーは大変なのです。
児島デニムストリートを歩きました。期待していましたが、残念ながらさびれた印象の方が強かったです。元々空き店舗が増えた商店街をデニムストリートに変えていったものですが、シャッター通りの感が残ります。ただ、江戸時代後半,児島半島の南側を中心に広大な塩田開発を行い,「塩田王」となった野崎武左衛門(1789〜1864)の居宅が残り、栄華を今に伝えています。もうすぐ先は、瀬戸大橋へと続きます。
20171110125926_p.jpg 20171110153321_p.jpg 20171110143045_p.jpg 20171110143220_p.jpg
翌日は、倉敷美観地区を回りました。14年前、史蹟研究会の仲間と巡ったのを思い出しました。もうそんな経ったんだなぁと。
倉敷は、いい所だな、と思います。関東にこんなに綺麗に上手に街並みを残しているところはないのではないでしょうか。川越と比較してしまいますが、残念ながら勝てませんね。それは、落ち着きとでもいえるものでしょうか。大原美術館の棟方志功の版画を懐かしく観ました。アイビースクエアーも倉敷紡績の工場を活用した美術館やホテル、おしゃれですね。内部はアミーゴと梁の様子がそっくりです。入間でこんなところができたらなぁと思ってしまします。諦めず、入間なりのまちづくりを進めていきたいと思った次第です!
20171111100407_p.jpg 20171111132039_p.jpg 20171111101539_p.jpg 20171111115001_p.jpg
posted by mizuさん at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

11月の連休に

文化の日が金曜日で、3連休となりました。いろいろあった3日間でした。まず、娘夫婦が孫を連れて遊びに来ました。娘3人は、末娘夫婦と入間基地の航空ショーに行き青空のもと楽しんできたようです。私は、家の庭からブルーインパルスの飛行を観覧しました。今年は気温も暖かく最高の航空シュー日和りでしたね。夜は、たこ焼きパーティー。子どもたち夫婦で話しが弾み、私が入る隙間がありませんでした。今まで、自分が中心で家族をまとめてきたような思いがあったのですが、この日はちょっと静かな私でした。こうして、世代交代していくのかなと。ちょっと嬉しいような寂しい気持ち。歳を重ねることってこういうことなのかも。
飯能祭りも行きました。何年振りでしょう、孫と歩くお祭りはまた違った楽しさがあります。財布のひもも緩みます。また、他市の祭りを観光客の一人としてみるのも、自分のまちを顧みるいい機会です。祭り自体は、はるかに入間も邦画素晴らしいと感じましたが、飯能の街並みの方が、入間より風情を感じます。祭りにも人情みたいなものも感じました。どちらにも個性があっていい。まちづくりは、個性!どこでもありの形は市民の求心力を失います。肝に銘じて事業づくりをしなくては・・・ついアミーゴのこと、入間のまちづくりについて考えてしまいます。
20171103134948_p.jpg 20171103134547_p.jpg 20171103184202_p.jpg 20171104140850_p.jpg
そして、連休の2日間、近所の親類の葬儀もありました。まだ51歳という若さで亡くなりました。黒須の囃子連にも所属していて、親しくしていただけに残念でなりませんでした。アミーゴのスタッフも奥さんと親交があり、お別れに来てくれました。
何にも予定のない、のんびりできる連休だと思っていただけに、本当に、目まぐるしく過ぎた3日間でした。
posted by mizuさん at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする