2018年11月02日

アミーゴ「広報」研修会

「集客できる広報の仕方」をテーマにアミーゴスタッフ20名で研修会を開きました。講師は、いわき芸術文化交流館アリオスの長野隆人さん。とても心を掻き立てる話をしてくださいました。広報については、手段を選ばず、スタッフ以外でも一般市民の方が施設の宣伝をしてくれるような仕組みを作り、伝えたい相手の生活スタイルに合わせた内容、言葉で広報していく、などなどまだまだ我々がやっていないことをたくさん教示していただきました。アミーゴでも力を入れているWebやFacebook、Twitter、ブログなどについても、それぞれがもっとリンクした方法で相乗効果を上げて行くべき、との意見は本当に納得する指摘でした。また、広報の成果に「一喜一憂しない」という話も印象的でした。いろいろ事業をしていると、ついつい一喜一憂するんですよね〜。
広報の話はもちろんですが、今回一番心に残ったのは、「アリオス」の取組みです。地域、コミュニティに積極的に関わりを持って活動していることです。文化、芸術の持つ力で地域の中に入り、住民と顔の見える関係を作り、味方を増やしていく。「アリオス」が無くては困るんだ!という状況を作りだしていく。この方程式は、アミーゴでもやっていかなくちゃいけない!そう感じた次第でした。私も日ごろから地域の方とは自治会、学校などと関係を持って動いているつもりでしたが、その比ではありませんね。また、いわき市民の文化活動に対する情熱も大きいという話には驚きました。元々なのか、いわき市の今までの文化政策がそうさせているのか・・・。果たして入間市民は。
もっともっと「アミーゴが無くては困る」といえる存在にならなくてはと胸を熱くさせられた研修会でした。長野さん、どうもありがとうございました。今度は、アリオスの見学に行きますね。
DSC05180.JPG DSC05184.JPG
posted by mizuさん at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする