2019年05月27日

池田綾子コンサート

こころ旅。自転車少年だった俳優の火野正平が「旅人」と称し、視聴者から寄せられた手紙に書かれた「こころの風景」を訪ねながら日本列島を相棒「チャリオ」(自転車の愛称)で縦断する・・・テレビ番組。人それぞれに思い出の場所、風景があるんです。風景とその時の想いが重なっているのですね。
私も時折見ています。感動する手紙や風景がいっぱいあります。この番組の主題歌「こころたび」を歌っているのが池田綾子さんです。埼玉県出身で、アミーゴのある仏子の武蔵野音大出身です。二年間過ごした入間に思い出がいっぱいと話していました。こんなご縁があって昨年に続き二度目の公演となりました。爽やかな歌声にたくさんのお客さんを魅了しました。遠くは、青森、岩手そして福岡、大阪とアミーゴにやってきてくれました。遠来の方にアミーゴの歴史などもお話させていただきました。
終演後、昨年は桜の3月、今年は新緑の5月、さて来年は秋に公演しましょうか!とお話ししました。実現するといいな!
P5250217.JPG P5250323.JPG
posted by mizuさん at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

第13回アミーゴネット総会

早いものですね。アミーゴを運営する私たちNPO法人入間市文化創造ネットワークの総会も13回を数えることになりました。お陰様で21日に無事終了することができました。総会の後の、交流会は多くのお客様を迎え盛会に行うことができました。副市長、県議、市議、区長さん、地元学校の教頭先生、県西部地域振興センター、博物館、関係市役所職員さんなどなど日ごろお世話になっている方々に、深くアミーゴらしさを感じていただこうと設営いたしました。アミーゴのスタッフも事業のお手伝いとは違った時間で、ゆっくり交流してほしいと思います。
そして、いつも、日本一楽しく魅力的な総会交流会を目指して行っています。音楽、演劇、お客様の一言などあっという間に時間が過ぎていきました。今回の、劇団アミーゴのミニシアターは「平成を振り返って」もらいました。地元ネタを取り込んで完成度の高い出し物でした!
私もこの総会にはエネルギーを使います。一同の人に、アミーゴを短時間で知ってほしいという願いからです。これからも、もっともっと充実した総会交流会ができますように知恵を絞っていきたいと思います。
DSC06324.JPG
posted by mizuさん at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

朝コンサートVol.11

今年も朝コンサートが始まります!年5回、2年間続けてきましたが、毎回人気の企画です。今年度も5,6,9,11,3月と5回の予定で開催します。今月は10,11日と2日連続して開催しました。ピアノの都築さん、松崎さんのお若い二人のデュオでした。二日間の開催は、毎回満席になるので、二日とも同じ内容で多くの方に参加できるチャンスをと考えました。お陰様で初日30人、二日目26人の方がお出でになりました。ドビッシー、ラヴェル、シューマンなど五月晴れのアミーゴの館庭を望みながら聴き入りました。なんて優雅な清々しいひと時・・・。やはり朝コンはいいな〜と思うのでした。
IMG_0014.jpg
posted by mizuさん at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和を迎えるに当たり 文化芸術振興

アミーゴが誕生した2001年に、国が初めて文化・芸術振興の基本理念と国・地方公共団体の責務を明文化した「文化芸術振興基本法」が制定されました。正に入間の「文化創造元年」だと思うのです。
2017年(平成29年)に、総合的な文化政策を推進しようという狙いで「文化芸術基本法」と改められましたが、国が政策の対象として「文化」を取り入れたことは、それまで、まちづくりや教育、福祉分野等と連携したアートプロジェクトが数多く行われてきたことが要因だと思います。
文化は「緊急性」という点においては公共政策のなかで優先順位が低いですが、継続しないと成果もあがらず、その地域の文化が存続し得ない状況になります。だからこそ文化には政策が必要だと思うのです。
文化政策に主体的に取り組む自治体とそうでないところの格差が広がっているのが、今の日本の現状です。入間市はどうでしょうか?全国の自治体で文化振興計画が作られていますが(入間市は作られていません)、形式的につくられているものが多く見受けられます。しかし、それらは地域特性に応じた内容になっておらず、「その地域特有の文化」も見出せていません。「計画は、ただ作っても動かない。動かすシステムをどう組み立てるかが重要」なのです。「文化振興計画」は、無いよりあった方がまし、という考えではなく、法律の施行を受けて、なぜ文化政策が必要かを十分理解し、地域の文化特性を精査し、作った後も、自治体も地域に暮らす我々もどう行動するか知恵を絞ることが大切と思います。
このまちに暮らす市民が「文化や芸術を大事にするまちでよかった」と思え、自分も当事者の一人だと実感を持てる文化振興のためには、市民と行政が日常的に対話を重ねていくことが重要ではないでしょうか。
今日から「令和」。令和の幕開けを、入間市の文化政策元年にしていきたいと思います。アミーゴもその一員として行政と協力していきたいと思います。
posted by mizuさん at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする