2019年08月27日

Fun!AMIGO!体験ひろば

夏休みを利用した子どもたちのためのアミーゴ事業「Fun!AMIGO!夏休み体験ひろば」を8月23,24日に行いました。23日は、等身大の版画です。大きな紙に自分の着古した洋服にインクを付けて押し当てて作ります。とてもユニークな作品が出来上がりました。最後は参加者の手形で大きな木を描きました。これもまたいいものができました。子どもたちの感性に驚かされます。これはしばらくアミーゴに展示したいと思います!
24日は、午前中はバネで木を降りるキツツキを作り、大きさによって降りる時間が違うのはなぜか?皆で考える「アミーゴ科学館」を開催。地域のおじさんたち(?)がスタッフとなって一緒に作りました。午後は、「音」を紙に書いて表現するユニークなワークショップとトロンボーン、マリンバの演奏「アミーゴ音楽館」を行いました。アミーゴらしい「体験」と「創造」を楽しんでくれたと思います。参加した保護者から「こんな楽しいイベント、去年もやっていたんですか!」と尋ねられました!もちろん「毎年、子どもたちのためにやっています!!」と答えました。
将来の文化芸術を担う子どもたちのために、種まきをすることは私たちの使命だと信念を持って取組んでいます!

DSC_1185.jpg DSC_1188.jpg DSC_1190.jpg DSC_1193.jpg
posted by mizuさん at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

清瀬ひまわり畑

最近、気になっていた「清瀬ひまわりフェスティバル」に行ってきました。花で観光拠点を創る取り組みは全国で行われており、私もアミーゴを花で多くの人を楽しませることできないかなぁ〜と思っていましたので。
約10万本のひまわりが植栽されていて、例年8月中旬から8月下旬に見頃を迎えます。関東近郊のひまわりが見られるスポットの多くは、8月上旬に見頃を終えてしまうところが多いため、開催時期がズレているのがうれしいポイントのようです。2008年にはじまった「清瀬ひまわりフェスティバル」は、入場無料なのです。なんとも嬉しい・・・。たしか、秩父のサクラソウもはじめ無料で、今は入場料取っています。たくさんの方が来るようになると管理や環境を考えていくようになるのでしょうね!
このひまわり畑は、石井ファーム、小寺ファームといった個人の農家が小麦を栽培している畑で、 その肥料としてひまわりを育てていたのだとのこと。ところが、そのひまわりの咲く風景が話題となり、今のようなイベントになったのだといいます。
西武鉄道さんも協力し、シャトルバスも出ていて、これからもっと大きなイベントになる予感がしました。
何がきっかけで、観光スポットになるか分からない時代ですが、常にアンテナを高くして、風土や文化にあったまちおこしができたらと思いました。
DSC_1179.jpg kiyosehimawari.jpg
posted by mizuさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

アミーゴイルミネーション

8月15日、台風10号の影響で西日本を中心に様々なイベントが中止や延期に追い込まれました。入間でも納涼花火大会が延期となりました。アミーゴでは大会に合わせ飲食の出店やゲームそしてイルミネーションでアミーゴを飾ろう!などのイベントを計画していました。残念ながら出店は取り止めにしました。子どもたちのためのゲームとイルミネーションは実施しました。10人の子どもと家族でペットボトルを利用したランタンをつくったり、ジャガイモ電池で電球を灯したりしました。
DSC_1230.jpg DSC_1233.jpg
また、事前に子どもたちで作った大きな灯ろうの点灯式や館庭でのイルミネーション飾りをしました。イベントには付き物だとは言え、計画通りにいかないもどかしさに気落ちしていましたが、きれいに灯った灯りを見て、ほっと!安らぎを覚えました!
DSC_1236.jpg DSC_1239.jpg

花火大会もなくいつもと違った8月15日が過ぎていきました。
posted by mizuさん at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

二つのアミーゴ見学会

8月に入って2回、施設見学会がありました。一つは、「入間市学校事務職員研修会」、もう一つは、入間市商工観光課主催「ジュニア・エコノミー・スクール」。学校事務職員の研修は2時間の本格的なもの。DVDやパワーポイントを準備して、一生懸命にアミーゴの説明をしました。アミーゴの前身施設「試験場の成り立ち」やアミーゴ事業、そして我々NPOのミッションを。長時間でしたが、皆さん真剣に聞いてくれました。そして喜んでくれました。こんな事務方がいる入間市の学校・・・捨てたもんじゃないぞ! 
そして、エコノミースクールは、小学生4〜6年生の13人、「世の中の仕組みやお金の循環を学ぶ」という経済に興味を持ってもらうことが目的なもの。45分間という短い時間でしたが、今までにない切り口でのアミーゴ見学で、私も勉強になりました。
DSC06818.JPG DSC06851.JPG
一年に、たくさんの見学者がアミーゴには訪れます。しかし、すべてが本気でアミーゴを知りたくて見学に来ている方ばかりではありません。連れてこられた・・・という方も多いのでは。それでも、受け入れる側は一生懸命でないといけない!そう思うのです。だって、こちらの熱意が無ければ、どんな人だって、話を聞いて「素晴らしい施設だ!来てよかった!」と思ってくれる訳ないですからね!これからも、「一生懸命」「真剣」を忘れない!
posted by mizuさん at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする