2020年07月28日

はだかっ子

11月に行う予定だった中学校の同窓会が中止となりました。幹事数名で考えた末、来年以降に延期としました。私も幹事で、その時の集まりに参加しましたが、話が同窓会から昔の入間の話になりました。「あそこは昔こうだった、ああだった・・・」と。一人が昭和36年の映画で「はだかっ子」というのがあって、入間や所沢がロケ地になっていると話し出し、そのビデオを持っているから今度映写会をやろう!となりました。
こういう話は早いもので、2週間もたたないうちに某所で映写会となりました。
有馬稲子さんが先生役で主演で、戦争で父親を亡くした少年をとりまく日常を描いています。入間市駅からコナミのある西武線ガード付近や霞橋、入間基地、茶畑など、そしてユネスコ村も。記録映像としても貴重なものです。私も見た記憶が少しあるのですが・・・うすぼんやりと。ガード脇の土管の通路は私も通ったものでした。
DVDも販売されているそうなので、是非ご覧ください。
20200724185321_p-1.jpg 20200724190310_p-1.jpg
画面は、西武線ガードと土管  ユネスコ村
posted by mizuさん at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする