2017年06月29日

いるま狂言会

25日日曜日、入間市産業文化センターで「いるま狂言会」を開催しました。ずーとアミーゴで大蔵流狂言山本会の皆さんによる公演を行ってきましたが、昨年、入間市市制50周年を記念して産業文化センターで開催したのをきっかけに、今年も産文センターでの開催といたしました。
演目は、「棒縛」「通円」「鎌腹」。狂言は、能ほど難しくはないのですが、それでも分かりやすいもの、難しいものがあります。今回通円は少し難しい者の部類だと思います。能の「頼政」からできているもので、お囃子、面を付けるなど能の要素が入っています。棒縛、鎌腹は大いに笑えます!毎年、番組作りには苦労しています。もう何度も鑑賞している方から今回初めての人までいるわけですから。2番は分かりやすいもの、1番は通好みのものも、と思っています。いつも、終わってからこれで良かったかなあ〜と悩みます。
DSC07409.JPG DSC07472.JPG
東次郎さんは、今年傘寿を迎えました。鎌腹のシテを演じましたが、動き、気迫、発声とも誰にも勝る演技に感服しました。最後は、予定に入っていない、仕舞も見せていただき会場の皆さんも感激していました。
DSC07535.JPG DSC07611.JPG

地方都市で、古典芸能の公演を定着させるのは大変な努力が必要だと感じます。アミーゴ開館当時、なかなかチケットが売れず、チラシをもってあちこち回り歩いたことを今でも思い出します。安易な方に流れがちな風潮の中、伝えなければならないものを粘り強く続けることの大切さと難しさ。東次郎さんから「理解していただくのは、続けていただくことなのです。アミーゴに感謝します」と言っていただきました。今回も、多くの人に良かったよ!楽しかった、と言われ、苦労はあるけどその分達成感もありました。さて、今後の取り組みをどうするか、仲間と考えていきたいと思います。
DSC07251.JPG DSC07500.JPG
前日の舞台づくりと休憩時のロビーでの写真展
posted by mizuさん at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]