2017年07月05日

嵐山史跡の博物館

嵐山にある県立の博物館。関越自動車道の東松山インターを降りて、嵐山、小川方面に向かって10分ほど走ったところにあります。鎌倉時代の館(菅谷館)があったところに建っています。館のあるじであったと伝えられる畠山重忠をはじめとする武蔵武士と板碑など中世の遺跡などについて展示があります。先日東松山に用事があって出かけたのですが、時間を間違えてしまい、どうしたものやらと考え、思いついたのが、この博物館でした。何度か見学したことがありましたので、時間つぶしにと思っていったのですが、ゆっくり見学でき、比企郡の中世の歴史に興味を持ちました。菅谷館だけでなく、多くの館があり中世の武士の活躍も入間の金子十郎家忠にもつながり、興味のあるところです。比企地域の館や史跡を巡る冊子を購入してしまいました!どのまちでも、地域を知らせるためにいろいろな取り組みをしてますが、まず、歴史を知ることがスタートだと思います。私たちもまだまだ入間のこと知らないんじゃないかなと感じました。
たまには、こうした時間も必要だ〜と感じました!
20170705_072154.jpg sugayayakata01.jpg
posted by mizuさん at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]