2017年07月12日

楽笑寄席 第21回

楽笑寄席も21回を数えました。早いものですね。1回目は平成21年1月に行いました。都心に行かなくても、若手の落語家さんによる本格的な寄席をアミーゴで見られる!を合言葉に始めました。最初は年に2回を目標に開催しておりました。60人位のお客様を予定して広報しても、なかなか客席が埋まらず、ダイレクトメールを出して集客に汗を流したものでした。その後、平成25年度から年3回に増やし、今では年4回行う年もあります。落語人気もありますが、入間市では多くの場所で落語会が開かれ、お客様も増えてまいりました。アミーゴでは、直接都心の落語会へ足を運び、有望な若手落語家さんを吟味してお呼びしています。落語会も多い中、出演者はもとより、これからは会場の雰囲気づくりや舞台の運びなど「やっぱり落語はアミーゴに限る!」と言わせるような寄席づくりをしないといけないと思います。アミーゴの良さは、とことんこだわることにあると思っています。
今回は、柳亭市楽さん。落語協会会長市馬さんのお弟子さんです。井戸の茶碗はよかったです。今後が楽しみな落語家さんですね。今回は、スタッフ皆と打ち上げもしました。楽しいひと時が過ごせました。
DSC07845.JPG DSC07860.JPG
posted by mizuさん at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]