2017年07月28日

名栗の杜 アートカフェ

まだアミーゴの運営を始めたころ、研修で川口のアートファクトリーに行きました。その時、義村京子(青山京古)さんが描いた仏さんの絵が気に入って、後日改めて描いてもらい、わざわざアミーゴまで届けてもらいました。その時、お父さんも一緒に来られ、お父さんは、仏像を彫っていて講師もしていることを知りました。そして7年前、アミーゴ事業で「アート倶楽部・仏像」を行い、お父さんから作品をお借りして、アミーゴホールで講演会を行ったことがありました。人のつながりが大切だな、と感じる出会いでした。
そのお二人が、先週、名栗の杜というアートカフェで二人展を開催しました。名栗は、妻の実家があるところでもあり、妻と息子のお嫁さんと行ってまいりました。天目指峠という名栗と吾野をつなぐ峠の入り口にあります。
一歩足を踏み入れると、えっと思うほど別世界。木の温もりを活かした椅子やテーブル、寄木の床やドアなど素敵な細工。それらすべてが、オーナーの作品だそうです。展示スペースでは、様々なアーティストによる作品が紹介されています。陶芸、ガラス、布など、どれも個性的で建物全体の雰囲気を引き立てます。コンサートなどのイベントも開催されるようで、楽しい交流の場ともなっているようです。
私の行った前日に青山さんのご主人の尺八の演奏会があったようです。残念ながらお会いすることができませんでしたが、このところパソコンとにらめっこの私には、ちょっといい空気に触れさせてもらいました。
20170723135220_p.jpg 20170723124811_p.jpg
posted by mizuさん at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]