2018年02月05日

春風亭三朝 真打昇進楽笑寄席

もう先月のことになってしまいましたが、1月27日金曜日、昨年真打に昇進した春風亭朝也改め三朝さんの真打昇進披露の落語会をアミーゴで行いました。三朝師匠の噺は、もう10年も前に後楽園近くのお寺で行った落語会で初めて聞きました。大きく、通りの良い声に魅了されました。元気も良かった。その後、是非アミーゴに来てほしいと楽笑寄席に出演していただきました。その後も、アミーゴや市内の公民館に来てもらい高座をお願いしました。昨年真打披露の会にも呼ばれ、その折に、必ずアミーゴで披露公演やりましょう!と話しました。約束がかないました。
しかし、この日大変だったのです。西武線で事故があり、小手指から先が運休となってしまったのです。前座の一花さんは一足先にアミーゴにつきましたが、三朝師匠は電車も間引き運転となり、開演に間に合いそうもない事態に。車を小手指駅に出して落ち合いました。開演直後は私の話や前座の一花さんでつないで何とかしのごうと・・・。算段しておりました。お陰様で、開演10分足らずで到着しました。こんなに気を揉んだことはありませんね!
スタッフのチームワークで、お客様にも迷惑をかけることなく進行できました。
P1260360.JPG P1260402.JPG
演目は、一花さんが「金明竹」、三朝師匠が「松曳き」、「富久」の2席を口演しました。公演後の打ち上げも、元気いっぱいの師匠の話で盛り上がりました。これからの三朝師匠の活躍を期待したいと思います。
posted by mizuさん at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]