2018年06月18日

アート散歩「熱海MOA美術館」

昨年行われなかった「アート散歩」を6月8日に開催しました。今回は、熱海の「MOA美術館」と「起雲閣」へ行ってまいりました。このMOA美術館、開館から30年以上が経過したため、昨年の梅の季節を最後に休館に入り、この2月5日、梅の季節を迎えてリニューアルオープンしました。以前のMOA美術館は、それぞれの展示室が広々して、展示室内でどのように動くか、動線が不明瞭な部分もありました。今回、展示室の真ん中に壁を築いて動線を明確にしています。実はこの壁、黒漆喰の壁。このざらついた仕上げの黒い壁を後ろにすることで、展示ケースへの映り込みを防いでいます。そして、展示物の前のガラスは、こだわりの低反射ガラス。ガラスに気付かず、皆さんがゴンゴンぶつかるらしく、あちらこちらにおでこの跡がついていました(笑)。横道にそれましたが、MOA美術館は、尾形光琳『紅白梅図屏風』をはじめ国宝3点、数十点の重要文化財をはじめ、何千点ものお宝を所有する大美術館です。天気も良く、海が一望でき、建物に一歩足を踏み入れれば、喧噪を忘れさせる優雅な癒しの空間でした。
20180608131602_p.jpg P2052594-505x379.jpg

「起雲閣」は、日本を代表する多くの文豪に愛された邸宅。日本の伝統的な建築様式の残る本館と離れ、外国の様式が融合された独特な洋館に、緑豊かな庭園など、優雅で気品に溢れる建物の美を楽しめます。大正時代に別荘として建てられたのち旅館となり、2000年に熱海市の所有となって人々に公開されました。NHK朝ドラ、花子とアンの仲間由紀恵さん演じる嘉納蓮子が九州の石炭王に嫁いだ際の嘉納家の外観風景にとして撮影されたそうです。ここのガイドさんは素晴らしかった!です。教育もしっかりしているのだと思いますが、説明や言葉遣いもしっかりしていて、小気味よい感じでした。
20180608143035_p.jpg kiunkaku2018.jpg

アート散歩はアミーゴの人気事業の一つです。参加される方が一日の研修で仲良くなり、美術の話で盛り上がります。スタッフもアートに関する問題を出題するなど「バスリクリエーション」を考え、皆で答えるなどしながら学習の場をつくります。今年も楽しく、ためになる一日が過ごせました。
posted by mizuさん at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]