2018年11月08日

しめかざり解説&ワークショップ

もうすぐお正月ですね!一年あっという間です。アミーゴでは「しめかざり」のアート学習会を行いました。28人の受講生が講師の森須磨子さんの話に耳を傾けました。森さんはグラフィックデザイナーですが、日本唯一の「しめかざり収集家・研究家」でもあります。しめかざりを探し求めて全国を駆け巡っています。もっとも、しめかざりは年末に製作、新年に飾り付けという訳で、旅は年末年始に集中するそうです!しめかざりにまつわるいろいろなお話にどんどん引き込まれていきました。
地方では、農家の傍ら藁を綯ってしめかざりを作るご夫婦や地域の行事で村中の方が縄綯いするなど、まだまだ風情のある風景があるそうですが、最近は中国や東南アジアで作られたものがスーパーなどに並ぶそうです。ちょっと寂しいですね。
私も小さい頃(50年以上前かな)おじさんとやりましたね。上手なもんですよ!今回の学習会でも、ラフィアを使って皆さんに繩綯いに挑戦してもらいました。皆さん結構うまく作りました。
20181108134635_p_001.jpg DSC05203.JPG
日本の良き文化を風化させることなく、繋げていくことは難しいことなのでしょうか?日本ならではの貴重な風習や文化がたくさんあります。日本人の想いが作り上げた「形」を忘れずに残していきたいものです。
気持ちの良い学習会となりました。
DSC05201.JPG

しめかざり.jpg
こんなすごいしめかざりもあります!
posted by mizuさん at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]