2018年11月20日

アウトリーチ事業・藤沢へ

17日土曜、この日は「アウトリーチ事業」を藤沢地区で2事業行いました。一つは、藤沢公民館でふれあいコンサート。これは毎年、アミーゴが協力して音楽の公演を行っているものです。今年は、フルート、マリンバ、ピアノのアンサンブル「ベル・ルミエール」の演奏です。150人の方がお出でになってくれました。ベル・ルミエールの皆さんは皆、アミーゴの音楽ディレクターをしていた経験があり、とても安心してステージをお願いできる方々です。曲もトロイメライ、ちいさい秋みつけた、マイウェイなど馴染みのある曲も多く、お客様も喜んでくれました。
もう一つは、藤沢小学校130周年記念の式典での劇団アミーゴによる演劇公演です。7月からワークショップや稽古を重ねました。今回とても嬉しかったのは、何といっても藤沢小の5,6年の生徒が参加してくれたことです。約15名の子どもたちが真剣に取り組み、見事に演じ切りました。内容は、現代の藤沢小の子どもたちがお不動様の呪文で、130年前の学校にタイムスリップし、そこで子どもたちに勉強を教えるといったストーリーを柱に、時代背景とともに子どもたちの友情が織り交ざっていきます。いい話でした。さすが原田裕史さんの脚本演出です。終わった後、出演した子どもたちがアミーゴの劇団員と抱き合っていました。親子ほどに、いや祖父母と言ってもおかしくない年齢差ですが、一緒に稽古してきた「同志」なのでしょうね。微笑ましく、また涙が浮かんでくる光景でした。これだから、アミーゴ活動、止められないしやり続けなくちゃいけないんだよなぁ、と思うのです!
fujisyou2018-2.JPG fujisyou2018-1.JPG
二つの事業で慌ただしかったですが、アミーゴの施設の中だけでは味わえないものもたくさんあります。いつも言っている「アミーゴは、ハードではなくソフトだ」。それをこれからも実践していきます。
posted by mizuさん at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]