2019年01月15日

お食い初め

孫のお食い初めを行いました。メニューは「一汁三菜」が基本で、鯛の尾頭付き、吸い物、赤飯などを息子夫婦が用意しました。そして、「石」も食べる真似を。年長者の私が、食べる真似をさせました。自分の子どもにもさせたと思うのですが、やはり「孫」は違いますね!
20190112142454_p.jpg

赤ちゃんの生後100日ごろにその成長を祝う儀式です。100日まで元気に育ってくれた喜びとこれからの成長と健康、特に一生食べる物に困らないようにという願いを込めて行われます。「石」を食べるのは歯固めの儀式といって、「石のように丈夫な歯が生えて、長生きできますように」という長寿への願いが込められています。いろいろな風習がありますが、意味がって古来より続けられてきているのだと思います。こんな時にこそ調べてみるのも大切、そして続けることが大事かと。


posted by mizuさん at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]