2019年02月13日

雅楽の魅力

昨年好評であった「雅楽」を今年もアミーゴで、3月30日(土)午後2時開演(¥1800)で開催します。聞いたこと、見たことがない方もまだまだたくさんいらっしゃるのではないかと思います。アミーゴでは、楽器の紹介などレクチャー付きで「雅楽」を紹介していきます。
私は笙の音色が好きです!笙には中国的な雰囲気が漂い、言葉にできない心地よさがあります。そんな雅楽を皆さんに見て聞いてほしいです。千年の歴史がある雅楽。千年前の人々が聞いていた音楽を今私たちが聞く。なんとも贅沢なこと、素敵なこと・・・そう思いませんか。
チケット発売中です!是非アミーゴへお越しください!
gagaku1.jpg gagaku2.jpg
昨年のアミーゴ公演の様子

笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、琵琶などによる器楽演奏の「管絃」と舞踊を主とする「舞楽」、声楽を主とする「歌謡」で構成される雅楽は、西南アジアから伝わった芸能に日本古来の舞や歌が融合し、10世紀ごろに完成したと言われています。宮内庁や春日大社、四天王寺といった寺社を中心に伝承され、2009年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されています。
posted by mizuさん at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]