2019年07月13日

松方コレクション

国立西洋美術館へ松方コレクション展を鑑賞に行ってまいりました。
松方コレクションは、神戸の川崎造船所(現・川崎重工業)の初代社長を務めた松方幸次郎が、1910〜20年代にヨーロッパ各地で蒐集した美術品のコレクションです。浮世絵約8000点のほか、西洋絵画、素描、版画、彫刻、装飾芸術品など3000点近くにのぼります。関東大震災と昭和金融恐慌によってコレクションは散逸。ロンドン(約900点)、パリ(約400点)、そして日本(約1000点以上)で分散したコレクションはそれぞれの道を辿ることとなりました。このうち、パリから戦後返還された375点が、日本へ「松方コレクション」として返還されました。これを保管展示するための美術館として1959年に国立西洋美術館が設立されたのでした。
見どころは、何といっても世界各地に散逸した松方旧蔵の名作が集結したことでしょう。約160展が結集しました。オルセー美術館の至宝・ゴッホ《アルルの寝室》などなど。2016年にパリ・ルーヴル美術館で発見され、国立西洋美術館に寄贈されたことで大きな話題となったモネ《睡蓮、柳の反映》が現存部分の修復を経て、初めて公開されていました。絵画の素晴らしさはもちろんですが、直接モネから譲り受けるなどその精力的な「松方幸次郎」のエネルギーに感動でした!
ゴッホアルルの寝室.jpg モネ睡蓮修復.jpg
posted by mizuさん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]