2019年07月28日

平岡仙太郎胸像除幕式

何度かこのブログでも書きましたが、平仙レース創業者平岡仙太郎氏の胸像がアミーゴ前のスーパーヤオコーさんの角に移設が終わり、24日除幕式とお披露目会が行われました。
所沢織物組合の組合員の皆さんはもちろん、入間市の副市長、教育長、地元市議、博物館長そしてヤオコーの役員様など多くの来賓招待者が参加して盛大に行われました。
年の初めに地域の区長さんから胸像のことでお話があって動き始め、織物組合の細田理事長と相談し、織物組合が全面的にバックアップして胸像の移設を行うことで決まりました。そしてこの日まで、移設場所、施工の内容、そして除幕、お披露目会の開催準備とあっという間に半年が過ぎました。私は、冊子「入間の織物の源流」の仙太郎と平仙レースに関するページを編集し直し改訂版の発行に向けて資料の収集や検討をしました。何とか除幕式一週間前に出来上がりました。
IMG_6598.JPG IMG_6614.JPG IMG_6631.JPG IMG_6647.JPG

皆さんは、「平仙レース」をご存知でしょうか?レース生産高で日本第二位を誇り、昭和天皇が二度もご訪問するなど入間市の歴史を飾る繊維会社です。その創業者が平岡仙太郎です。
この平岡家の本宅が仏子団地(元平仙レース本社工場)前にありましたが、このたび取り壊されました。その庭にあった胸像を仙太郎ゆかりの地である平仙レース第二工場跡(現ヤオコー)に移設されることになりました。ここは、戦後、産地繊維工業の発展のために織物組合に寄贈し、組合が「仏子整染」として操業してきたところで、所沢織物の歴史を刻む地でもあります。
仙太郎と平仙レースは、地域消防団にフォード製の消防車を寄贈したり、八坂神社の神輿を寄付したりと社会事業に貢献したほか、会社内に浦和高校通信教育部を設置するなど子女教育にも貢献し、地域の発展に大きな足跡を残しました。

織物組合は、昭和十二年に仏子染織指導所(現在のアミーゴ)を誘致しました。時の組合理事長であり、県議会議長であったのが平仙レース社長平岡仙太郎です。仙太郎の労苦は多大なものがあったと思います。


この胸像の移設を機に、地域の方々が郷土の歴史や遺産を知り、改めて郷土愛やまちの活性化につながればと思います。そして、子どもたちにもこの歴史を知ってもらい、郷土への愛着と誇りを持ってもらいたいと切に感じます。これからもアミーゴは、地域の発展のために多くの方と協力して努力していきます!
posted by mizuさん at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]