2019年08月21日

清瀬ひまわり畑

最近、気になっていた「清瀬ひまわりフェスティバル」に行ってきました。花で観光拠点を創る取り組みは全国で行われており、私もアミーゴを花で多くの人を楽しませることできないかなぁ〜と思っていましたので。
約10万本のひまわりが植栽されていて、例年8月中旬から8月下旬に見頃を迎えます。関東近郊のひまわりが見られるスポットの多くは、8月上旬に見頃を終えてしまうところが多いため、開催時期がズレているのがうれしいポイントのようです。2008年にはじまった「清瀬ひまわりフェスティバル」は、入場無料なのです。なんとも嬉しい・・・。たしか、秩父のサクラソウもはじめ無料で、今は入場料取っています。たくさんの方が来るようになると管理や環境を考えていくようになるのでしょうね!
このひまわり畑は、石井ファーム、小寺ファームといった個人の農家が小麦を栽培している畑で、 その肥料としてひまわりを育てていたのだとのこと。ところが、そのひまわりの咲く風景が話題となり、今のようなイベントになったのだといいます。
西武鉄道さんも協力し、シャトルバスも出ていて、これからもっと大きなイベントになる予感がしました。
何がきっかけで、観光スポットになるか分からない時代ですが、常にアンテナを高くして、風土や文化にあったまちおこしができたらと思いました。
DSC_1179.jpg kiyosehimawari.jpg
posted by mizuさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]