2019年10月07日

第17回アミーゴ落語会

立川談幸師匠を招いての落語会も17回目を数えました。今回は、2002年から続けているこの会の写真も展示しました。談幸師匠は、変わりませんね〜。いい意味で渋さが加わりましたが、若々しい高座はそのままです。2002年当時、私はまだ、館長ではありませんでした。チーフディレクターとして市の職員さんと一生懸命企画を練っていました。この頃は、まだ談幸師匠を毎年お呼びする計画ものなく、2004年には、講談の方を呼んでいました。そんな訳で、18年間で17回なのです。私が館長になってからはず〜〜〜〜と呼んでいますよ!
写真を見ながら、私も懐かしく当時を思い出しました。談幸さんともとっても気が合って、毎年お会いするのが楽しみです。これからも長く続けていきたい事業です。

今回のゲストは、「和妻」の上口龍生さん。和妻って日本のマジックといったところです。一度入間の皆さんに見てもらいたいと思っていました。談幸師匠の演目は「安兵衛狐」と「御神酒徳利」でした。こちらも熱演で、会場を沸かしてくれました。
PA043647.JPG PA043660.jpg PA043702.JPG PA043707.JPG
posted by mizuさん at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]