2019年10月14日

晴臣 一升餅

孫の晴臣も一歳です。早いものですね〜。一升餅の行事を行いました。一升のお餅を背負わせて、1歳の誕生日を祝うものですが、約2キロのお餅を背負って必死に立ち上がろうとする姿に涙が出ました。首も座っておらず寝返りもうてなかったこの子が、1年でこんなに成長したかと思うと感無量です。
一升餅は、背負えなくても立てなくても喜ばしいことと受け止めるそうで、立ち上がれたら身を立てられる、座り込んでしまったら家にいてくれる、家を継いでくれる、転んだら厄落としができたといわれます。一升餅は子どもの健やかな成長を祈る行事ですから、子どもを中心に親や両祖父母が集まってひと時の時間を過ごすことに意味があることなのでしょう。我が家も、一升餅の行事を終えて、7人で根岸の不二家で食事会をしました。
20191008100452_p.jpg 20191014140213_p.jpg
始めは、重いかと半分を背負わせてから、本番に。半升は軽々でしたが、さすが一升は重いようでしたが、泣きもせず必死に立ち上がりました。
posted by mizuさん at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]