2020年05月28日

アマビエアートプロジェクト

新型コロナウイルスの感染に関連し、疫病よけに効くとされる妖怪「アマビエ」が注目を集めています。アミーゴでもアマビエアートの公募をHP、SNS、チラシで行いました。自粛ムードで世の中が萎縮している中、コロナ収束への願いからステイホームで絵筆を握ってくれた方もいてくれたのかなと思います。そして、気晴らしもできたかなと。様々な思いが様々な地域から予想を上回る応募がありました。なんと182点!
アマビエは、長い髪にくちばし、うろこを持ち3本足をした半人半魚の妖怪。江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れ、「病気が流行したら自分の姿を描いて人々に見せよ」と告げて海中に消えたとされています。新型コロナ感染の沈静化を願って注目を浴び、厚生労働省の感染予防啓発サイトのアイコンとしても活用されています。

アミーゴでは、事務局のM君が福島いわきのアマビエこけしを見て触発されて、アミーゴでもアマビエを使ったアートプロジェクトをやりたいと始めました。facebook、Twitterからも沢山の応募があり、SNSの利点を活かせた事業にもなったと思います。

応募は、25日で締め切りまして、これから応募作品の展示をアミーゴ敷地で行います。近くにお越しの際、是非アミーゴにもお寄りください。
DSC08592.JPG 0523毎日新聞.jpg
メディア取材もたくさんありました。毎日、朝日、東京、埼玉の各新聞社さんにテレビ埼玉さんにも。
posted by mizuさん at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]