2020年12月25日

ベートーベン生誕250周年

今年は大作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生誕250年のメモリアル・イヤーです。1770年に生まれ1827年3月26日永眠。56年の生涯でした。死の瞬間、閃光と共に雷鳴が轟き、楽聖は右手を上げ、拳を握りしめたと言われています。密度の濃い人生だったと思います。作曲家にとって、命とも言うべき聴覚を失いながらも、数々の名曲を生み出し、やがて“楽聖”として称えられています。
アミーゴでも、今年一年を通じてベートーベンをテーマに事業を展開しようと計画していました。残念ながらコロナウィルス感染症の影響で、やっと12月になって13日その一つ「ルミノーゾ合奏団」による演奏会が行われました。曲目は、ロマンス第2番op.50、弦楽四重奏曲第4番op.18-4、 ピアノ協奏曲第3番op.37  生の音楽は人を元気に優しく包んでくれますね。私も久しぶりのコンサートに癒されました。
19日には「アミーゴで学ぶベートーベン」と題して、武蔵野音高の伊東先生による解説と音高の生徒さんの演奏を楽しみました。伊東先生のお話はとても楽しく、数年前からこの解説と演奏付き学習会を考えていまして、今回実現できてとっても嬉しかったです。「田園」は改めていいなぁと感じました。
困難な一年でしたが、少しずつ地域の皆さんやアミーゴファンの皆さんに音楽の魅力を伝える事業を行っていきたいと思います。
PC138467.JPG PC138582.JPG PC198901.JPG PC198924.JPG
posted by mizuさん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]