2022年10月02日

第9回武蔵野音楽大学の名手たち

武蔵野音大は、1929年武蔵野音楽学校として江古田にスタート。1952年、財団法人武蔵野音楽学校から学校法人武蔵野音楽学園へ組織変更。1971年、アミーゴのある仏子駅の南に「入間キャンパス」が開設されました。82年には、素晴らしいパイプオルガンのある「バッハザール」が完成しました。しかし、2017年江古田に新キャンパスが竣工され、今まで仏子に通っていた1,2年生は、すべて新校舎で学ぶことになりました。
同じ音楽そして文化芸術に携わる機関として一緒に協力できることはないかと、「教室、楽器博物館見学会」「アミーゴでの学生コンサート」など様々に取組んできました。大学機能が移転するからと言って、その絆は大切にしていこうと学生によるコンサートは続けることにしました。
学生さんにとっては貴重な発表の場を提供し、お客様は、その質の高い演奏を聴く機会としてこれからもずっと続けて行きたい企画です。
今回は、ヴァイオリン、声楽、ピアノの演奏でした。とっても素敵なコンサートになりました。たくさんの拍手が鳴りやみませんでした。若い方を応援する思いが表れていました。
演奏会終了後、演奏中とは打って変わって無邪気に話している姿を見て、何とも言えない嬉しさがこみ上げてきました。若いっていいですね〜
PA010092.jpg PA010160.jpg
posted by mizuさん at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]