2019年12月10日

西武中ふるさと学習会

ここ数年12月に西武中ふるさと学習会が行われています。入間市と西武地域の織物の歴史をアミーゴと絡めて生徒たちに教えています。私は、プロジェクターを使って30分程度、古代から現代までの地域の繊維産業を振り返りながら説明をします。毎年同じ内容ですが、少し画像を変えたり、重点を変えたりしています。今回もいろいろ手直しをして臨みました。「蚕」の写真では毎回盛り上がりますね。1年生が対象なので、まだまだ可愛く、素直です!
劇団アミーゴも毎回私の話を劇画的に演じて楽しませてくれます。生徒たちの脳裏には、私の説明より演劇のほうが印象に残っていることでしょう!もう10年以上も続いています。今回は、入間ケーブルテレビの撮影のほか、埼玉新聞の記者さんも取材されました。近々生地に載るかな〜。その時はまたブログで紹介します!
DSC07717-2.JPG DSC07722-2.JPG
posted by mizuさん at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

第10回!うたごえアミーゴ

毎回、地域の方々(高齢者の方が多いかな)集まって大きな声で歌います。唱歌、叙情歌・・・少年少女に帰ったように。大きな声で。涙しながら歌う方も。歌声リーダーの大城さんの魅力もあるのでしょうが、年2回、5年も続いています。館長と歌おうというコーナーもあります!私も元気をもらっています。
歌うことを通して繋がりあい、終わった後の清々しい顔がとても気持ち良い。いい事業だなと思うのです!
DSC07659.JPG DSC07670.JPG
posted by mizuさん at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

芸術文化ふれあい交流フェア

11月24日(日)、埼玉県芸術文化祭30周年記念の芸術文化ふれあい交流フェアが大宮ソニックシティで行われ、アミーゴとして参加してまいりました。県内の伝統文化や現代的な芸術文化といった様々なジャンルの芸術文化活動について、一日のうちに鑑賞、体験できるイベントとして開催されるものです。 今年で8回目となるそうです。県からこの春に参加の依頼を受け、秋まつりなどで行っている「コマ作り」「キツツキおもちゃ作り」のクラフト体験で子どもたちとの交流を深めました。
PB240006.JPG PB245215.JPG
私たちの出店場所は公園でしたので、雨が心配でしたが11時頃には止み、約130組のたくさんの親子が体験してくれました。さすがに大都市だと感じました。
「文化芸術は、孤立や孤独を防ぎ、人と人をつなぐ力がある。頼れる人を文化芸術を通して作っていくことだ」・・・記念のシンポジウムでの可児市文化創造センターの衛紀生さんの言葉です。こんな思いを持ちながら、我々は文化活動を行っていかなければならない、と強く感じました。

posted by mizuさん at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

入間ガス2019秋 いるまつり

昨年から入間ガスさんの「いるまつり」のステージにアミーゴからも出演をさせて頂いています。今年は当NPO法人の理事でもある藤光さんの主宰する「翠清」の皆さんが出演しました。「まねっこおんがく」と題して、きつねや料理などのまねっこを声や音で真似ていきます。子どもたちが多く来ていましたので、とても盛り上がりました。もちろん、アミーゴの宣伝も行ってきました。藤沢地区の方々にもアミーゴを知って来てほしいと思います。
違う団体の主催するイベントに参加することは、とても勉強になります。地域の方が参加し楽しむことで、活力が生まれることは間違いありません。会場の熱気を肌で感じ、こちらも頑張るぞ!という気持ちにさせてもらいました。
20191110104254_p.jpg
posted by mizuさん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

第41回入間万燈まつり

10月26、27日入間万燈まつりが行われました。今年も入間市繊維工業会として茶の花通りに出店しました。10年、20年ぶりで会う人と出会いました。今やこの祭りは、思い出深い人との出会いの場!元気な姿を見せあって、思い出話や近況を語り合いました。これも祭りの良さかな〜と。
来年はどんな形で祭りに参加しようか、と仲間と話しました。昔の半纏で「令和万燈会」を結成して出よう、と。果たしてどうなりますやら、来年もまた頑張ろう。
20191027124254_p.jpg 20191027160951_p.jpg
posted by mizuさん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

アミーゴハロウィン2019

今年もハロウィンの季節です。25日、まだ秋まつりの中止のダメージが残ている私ですが、親子80人に上る参加者が楽しんでいただけるよう、今年も仮装して頑張りました。今年は「不思議の国のアリス」がテーマ。最初にアコーディオンと歌のコンサートと一緒に踊ったりして過ごし、続いてトランプ姿のスタッフが、工夫を凝らしたゲームを各部屋で行い、出来た子にはスタンプを。5つ以上出来たらお菓子のプレゼント!
参加者もスタッフも童心に帰って一緒に楽しむ・・・いいですね。私も一緒になって幸せです〜〜
20191025175858_p.jpg 20191025184303_p.jpg PA254104.JPG PA254191.JPG
posted by mizuさん at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

第12回いるまクラフトフェア 中止

13,14日に行われる予定でした「アミーゴ秋まつりクラフトフェア」は台風19号の影響で中止にいたしました。周到に準備を進め、いざ本番という時に。アミーゴ自体はやはり雨漏りは有りましたが、お陰様で大きな被害もありませんでした。ただ、隣接する入間川が増水し多くの方が避難しました。また近くの金子坂が崩落し、通行止めになるなど市民生活におきな影響が出ました。このような状況の中で、無理をして開催することは心情的にもできないと判断いたしました。この日のために準備をされていた出展(店)者やパフォーマンス出演者のみなさんに大変ご迷惑をかけ、申し訳なく思います。近くで避難されている方や家屋が浸水して困っている方々がいる中で、イベントを楽しむ訳にはいかないと考えました。
20191014141325_p.jpg 20191013092303_p.jpg

13日は、お茶席の予定だった豊島先生からお茶菓子も用意してしまったことだからと、わざわざアミーゴにお道具を持ってこられスタッフにお抹茶を振舞ってくれました。「スタッフの皆さんも大変だったでしょう」と。とても嬉しかったです。
20191013135359_p.jpg
思うところはたくさんありますが、来年の開催を目指してまた一から準備をしてまいります。これからも応援よろしくお願いいたします。
posted by mizuさん at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

晴臣 一升餅

孫の晴臣も一歳です。早いものですね〜。一升餅の行事を行いました。一升のお餅を背負わせて、1歳の誕生日を祝うものですが、約2キロのお餅を背負って必死に立ち上がろうとする姿に涙が出ました。首も座っておらず寝返りもうてなかったこの子が、1年でこんなに成長したかと思うと感無量です。
一升餅は、背負えなくても立てなくても喜ばしいことと受け止めるそうで、立ち上がれたら身を立てられる、座り込んでしまったら家にいてくれる、家を継いでくれる、転んだら厄落としができたといわれます。一升餅は子どもの健やかな成長を祈る行事ですから、子どもを中心に親や両祖父母が集まってひと時の時間を過ごすことに意味があることなのでしょう。我が家も、一升餅の行事を終えて、7人で根岸の不二家で食事会をしました。
20191008100452_p.jpg 20191014140213_p.jpg
始めは、重いかと半分を背負わせてから、本番に。半升は軽々でしたが、さすが一升は重いようでしたが、泣きもせず必死に立ち上がりました。
posted by mizuさん at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

浅草 木馬亭

浅草木馬亭に岡大介さんの独演会に行ってきました。岡さんはアミーゴにも何度か出演していただいている「カンカラ三味線」の演歌師です。自由民権運動から始まった明治大正演歌を演芸場、流し、祭り、イベント出演などで歌っています。来年度またアミーゴに出演して昭和歌を歌ってもらおうと行ってまいりました。
その前に、浅草寺雷門横のてんぷらの三定さんで上天丼を食べ、仲見世を散策しました。相変わらず、お祭り騒ぎの仲見世でした。帰りのライトアップされた浅草寺は、何とも幻想的。観光客はほとんどが中国の方たちでした〜。
20191006161226_p.jpg 20191006165408_p.jpg 20191006184301_p.jpg 20191006195310_p.jpg
posted by mizuさん at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

第17回アミーゴ落語会

立川談幸師匠を招いての落語会も17回目を数えました。今回は、2002年から続けているこの会の写真も展示しました。談幸師匠は、変わりませんね〜。いい意味で渋さが加わりましたが、若々しい高座はそのままです。2002年当時、私はまだ、館長ではありませんでした。チーフディレクターとして市の職員さんと一生懸命企画を練っていました。この頃は、まだ談幸師匠を毎年お呼びする計画ものなく、2004年には、講談の方を呼んでいました。そんな訳で、18年間で17回なのです。私が館長になってからはず〜〜〜〜と呼んでいますよ!
写真を見ながら、私も懐かしく当時を思い出しました。談幸さんともとっても気が合って、毎年お会いするのが楽しみです。これからも長く続けていきたい事業です。

今回のゲストは、「和妻」の上口龍生さん。和妻って日本のマジックといったところです。一度入間の皆さんに見てもらいたいと思っていました。談幸師匠の演目は「安兵衛狐」と「御神酒徳利」でした。こちらも熱演で、会場を沸かしてくれました。
PA043647.JPG PA043660.jpg PA043702.JPG PA043707.JPG
posted by mizuさん at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ちょこっとアミーゴ探検

昨日、西武鉄道さんのウォーキングでアミーゴに約1500人の方が西武池袋線稲荷山公園から歩いて来られました。もう5年以上続いていますが、今年は晴天の元、とても良いウォーキング日和でした。
P9253405.JPG P9253418.JPG
アミーゴは西武鉄道さんとタイアップして、ゴールをアミーゴにし、到着した皆さんを音楽や飲食、染織ワークショップなどでおもてなししました。多くの方が初めてアミーゴに来た様子で「ここは何の建物ですか?」と尋ねられます。ホール内に広報ビデオを流し、紹介バナーを吊るして、スタッフが施設の紹介をしました。
今回は、地域に「ちょこっとアミーゴ探検」というチラシを配って、一般の方にも来場していただきました。この機会にアミーゴの内部を見学し、施設を知ってもらい、事業に参加してもらえればと考えました。
これからも多くの企業団体とネットワークを組んで地道に広報を続けていきたいと思います。
posted by mizuさん at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

劇団ミーゴ アリット公演

劇団アミーゴの「加治氏の理」を入間市博物館アリットで開催しました。2年前にアミーゴで公演したものを再演しました。これは博物館学芸員小田部さんからのたっての希望で上演したものです。入間市には、中世に活動した「金子十郎家忠」と「加治家貞」という武士がおりました。この二人については博物館でもよく調べていますが、なかなか市民にも知られていないのが現状です。アミーゴではこの二人にスポットを当て、史実をモチーフに二人の人間模様をアミーゴ風にアレンジして上演いたしました。特に加治氏は、刀鍛冶としての「家貞」の宿命をテーマに演出しました。アリットの公演は金子十郎の他明治大正時代の石川幾太郎を取上げた「青き繭の記」と合わせ3回目の公演となりました。いずれも博物館で上演するにふさわしい演目だと思います。
私たちが、アリットで公演する意義は、多くの方に郷土の歴史を知ってもらいたいからです。そして、地域愛、郷土愛をもってわがまち入間に愛情を持ってほしいと思うからです。特に、子どもたちにその歴史を教えて行ってほしいと念じます。アリットさん頼みますよ!
P9223279.JPG P9223369.JPG
posted by mizuさん at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

スタッフ研修バスツアー

2年ぶりにアミーゴスタッフ25名で一日研修バスツアーを行いました。今回は、秩父市の秩父宮記念市民会館です。2年半前の平成29年3月26日、構想から約5年の歳月を経て、開館の日を迎えた施設です。縁があってここの職員の中野さんんと知り合い、今回の訪問となりました。ホールの見学の後、お互いの館の運営について意見交換しました。アミーゴはNPO法人、秩父は市直営と運営主体は違いますが、新たな芸術、文化の創造やまちづくりに対する理念は一致しています。お互い刺激し合い、また事業面で協力し合えるところは連携していきましょう、と話しました。
やはり、いろいろな方と話して刺激を受けることは「文化施設」の運営には必要なことと痛感しました。日々変化する市民意識をぬるま湯の中で探っていてもニーズに沿った事業運営は展開できません!これからも積極的に動き回り情報収集したいと思います。

お昼の古民家レストランの食事もとても良かったです。バスの中での「ビンゴゲーム」も!
DSC07066.JPG DSC07083.JPG
posted by mizuさん at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

暑気払い・・・川越

学生時代の史蹟研究会仲間の恒例行事、暑気払いを今年は川越で行いました。例年都内で行っていましたが、5月に集まった時に何故か川越という意見が出ました!となると、当然私が幹事。
少し遠くなるから参加者も減るかなと思いきや、10人が来てくれました。10時30分に川越駅に集合し、蔵の通り、菓子や横町を見て、市立博物館まで歩きました。結構暑い日になりましたが、途中「小江戸ビール」を歩き飲みしながら買い物したり、見学したりと楽しくまち歩きができました。昼食会場は、お蕎麦屋「百丈」で。こちらは妹の旦那さんのお姉さん夫婦のお店です。もう子供たちの経営になっていますが、安心して懇親会ができました。
気兼ねない仲間です、近況や秋に計画している旅行の話で盛り上がりました。いつまでこうして続けられるのでしょうか。女性たちは元気ですがね〜〜・・・

20190901162155_p.jpg 20190901105527_p.jpg
川越のまちはレンタル着物の若者たちが多くなってきました。相変わらずたくさんの人で賑わっていました。気が付いたら、皆の写真を撮るの忘れてしまいました。残念(;_;)
posted by mizuさん at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

Fun!AMIGO!体験ひろば

夏休みを利用した子どもたちのためのアミーゴ事業「Fun!AMIGO!夏休み体験ひろば」を8月23,24日に行いました。23日は、等身大の版画です。大きな紙に自分の着古した洋服にインクを付けて押し当てて作ります。とてもユニークな作品が出来上がりました。最後は参加者の手形で大きな木を描きました。これもまたいいものができました。子どもたちの感性に驚かされます。これはしばらくアミーゴに展示したいと思います!
24日は、午前中はバネで木を降りるキツツキを作り、大きさによって降りる時間が違うのはなぜか?皆で考える「アミーゴ科学館」を開催。地域のおじさんたち(?)がスタッフとなって一緒に作りました。午後は、「音」を紙に書いて表現するユニークなワークショップとトロンボーン、マリンバの演奏「アミーゴ音楽館」を行いました。アミーゴらしい「体験」と「創造」を楽しんでくれたと思います。参加した保護者から「こんな楽しいイベント、去年もやっていたんですか!」と尋ねられました!もちろん「毎年、子どもたちのためにやっています!!」と答えました。
将来の文化芸術を担う子どもたちのために、種まきをすることは私たちの使命だと信念を持って取組んでいます!

DSC_1185.jpg DSC_1188.jpg DSC_1190.jpg DSC_1193.jpg
posted by mizuさん at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

清瀬ひまわり畑

最近、気になっていた「清瀬ひまわりフェスティバル」に行ってきました。花で観光拠点を創る取り組みは全国で行われており、私もアミーゴを花で多くの人を楽しませることできないかなぁ〜と思っていましたので。
約10万本のひまわりが植栽されていて、例年8月中旬から8月下旬に見頃を迎えます。関東近郊のひまわりが見られるスポットの多くは、8月上旬に見頃を終えてしまうところが多いため、開催時期がズレているのがうれしいポイントのようです。2008年にはじまった「清瀬ひまわりフェスティバル」は、入場無料なのです。なんとも嬉しい・・・。たしか、秩父のサクラソウもはじめ無料で、今は入場料取っています。たくさんの方が来るようになると管理や環境を考えていくようになるのでしょうね!
このひまわり畑は、石井ファーム、小寺ファームといった個人の農家が小麦を栽培している畑で、 その肥料としてひまわりを育てていたのだとのこと。ところが、そのひまわりの咲く風景が話題となり、今のようなイベントになったのだといいます。
西武鉄道さんも協力し、シャトルバスも出ていて、これからもっと大きなイベントになる予感がしました。
何がきっかけで、観光スポットになるか分からない時代ですが、常にアンテナを高くして、風土や文化にあったまちおこしができたらと思いました。
DSC_1179.jpg kiyosehimawari.jpg
posted by mizuさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

アミーゴイルミネーション

8月15日、台風10号の影響で西日本を中心に様々なイベントが中止や延期に追い込まれました。入間でも納涼花火大会が延期となりました。アミーゴでは大会に合わせ飲食の出店やゲームそしてイルミネーションでアミーゴを飾ろう!などのイベントを計画していました。残念ながら出店は取り止めにしました。子どもたちのためのゲームとイルミネーションは実施しました。10人の子どもと家族でペットボトルを利用したランタンをつくったり、ジャガイモ電池で電球を灯したりしました。
DSC_1230.jpg DSC_1233.jpg
また、事前に子どもたちで作った大きな灯ろうの点灯式や館庭でのイルミネーション飾りをしました。イベントには付き物だとは言え、計画通りにいかないもどかしさに気落ちしていましたが、きれいに灯った灯りを見て、ほっと!安らぎを覚えました!
DSC_1236.jpg DSC_1239.jpg

花火大会もなくいつもと違った8月15日が過ぎていきました。
posted by mizuさん at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

二つのアミーゴ見学会

8月に入って2回、施設見学会がありました。一つは、「入間市学校事務職員研修会」、もう一つは、入間市商工観光課主催「ジュニア・エコノミー・スクール」。学校事務職員の研修は2時間の本格的なもの。DVDやパワーポイントを準備して、一生懸命にアミーゴの説明をしました。アミーゴの前身施設「試験場の成り立ち」やアミーゴ事業、そして我々NPOのミッションを。長時間でしたが、皆さん真剣に聞いてくれました。そして喜んでくれました。こんな事務方がいる入間市の学校・・・捨てたもんじゃないぞ! 
そして、エコノミースクールは、小学生4〜6年生の13人、「世の中の仕組みやお金の循環を学ぶ」という経済に興味を持ってもらうことが目的なもの。45分間という短い時間でしたが、今までにない切り口でのアミーゴ見学で、私も勉強になりました。
DSC06818.JPG DSC06851.JPG
一年に、たくさんの見学者がアミーゴには訪れます。しかし、すべてが本気でアミーゴを知りたくて見学に来ている方ばかりではありません。連れてこられた・・・という方も多いのでは。それでも、受け入れる側は一生懸命でないといけない!そう思うのです。だって、こちらの熱意が無ければ、どんな人だって、話を聞いて「素晴らしい施設だ!来てよかった!」と思ってくれる訳ないですからね!これからも、「一生懸命」「真剣」を忘れない!
posted by mizuさん at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

仙太郎胸像 読売新聞に掲載

平岡仙太郎氏の胸像除幕式とお披露目会の記事が読売新聞埼玉版に掲載されました!
20190727_183743.jpg
posted by mizuさん at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平岡仙太郎胸像除幕式

何度かこのブログでも書きましたが、平仙レース創業者平岡仙太郎氏の胸像がアミーゴ前のスーパーヤオコーさんの角に移設が終わり、24日除幕式とお披露目会が行われました。
所沢織物組合の組合員の皆さんはもちろん、入間市の副市長、教育長、地元市議、博物館長そしてヤオコーの役員様など多くの来賓招待者が参加して盛大に行われました。
年の初めに地域の区長さんから胸像のことでお話があって動き始め、織物組合の細田理事長と相談し、織物組合が全面的にバックアップして胸像の移設を行うことで決まりました。そしてこの日まで、移設場所、施工の内容、そして除幕、お披露目会の開催準備とあっという間に半年が過ぎました。私は、冊子「入間の織物の源流」の仙太郎と平仙レースに関するページを編集し直し改訂版の発行に向けて資料の収集や検討をしました。何とか除幕式一週間前に出来上がりました。
IMG_6598.JPG IMG_6614.JPG IMG_6631.JPG IMG_6647.JPG

皆さんは、「平仙レース」をご存知でしょうか?レース生産高で日本第二位を誇り、昭和天皇が二度もご訪問するなど入間市の歴史を飾る繊維会社です。その創業者が平岡仙太郎です。
この平岡家の本宅が仏子団地(元平仙レース本社工場)前にありましたが、このたび取り壊されました。その庭にあった胸像を仙太郎ゆかりの地である平仙レース第二工場跡(現ヤオコー)に移設されることになりました。ここは、戦後、産地繊維工業の発展のために織物組合に寄贈し、組合が「仏子整染」として操業してきたところで、所沢織物の歴史を刻む地でもあります。
仙太郎と平仙レースは、地域消防団にフォード製の消防車を寄贈したり、八坂神社の神輿を寄付したりと社会事業に貢献したほか、会社内に浦和高校通信教育部を設置するなど子女教育にも貢献し、地域の発展に大きな足跡を残しました。

織物組合は、昭和十二年に仏子染織指導所(現在のアミーゴ)を誘致しました。時の組合理事長であり、県議会議長であったのが平仙レース社長平岡仙太郎です。仙太郎の労苦は多大なものがあったと思います。


この胸像の移設を機に、地域の方々が郷土の歴史や遺産を知り、改めて郷土愛やまちの活性化につながればと思います。そして、子どもたちにもこの歴史を知ってもらい、郷土への愛着と誇りを持ってもらいたいと切に感じます。これからもアミーゴは、地域の発展のために多くの方と協力して努力していきます!
posted by mizuさん at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする