2018年12月10日

赤坂迎賓館

赤坂迎賓館に行ってまいりました。行きたいと前々から思っていて、やっと叶いました。日本に海外の国王や大統領などが訪れた際に接遇(おもてなし)を行う施設です。

赤坂迎賓館はもともと、東宮御所として建設されました。大正天皇となる皇太子・明宮嘉仁親王のために、1909年(明治42年)、紀州徳川家の江戸中屋敷跡に建てられたのでした。
設計したのは明治時代に活躍した建築家・片山東熊で、宮廷建築のほか、宮内省(現宮内庁)の施設や国立博物館などを数多く手がけています。片山は、この建設にヨーロッパに視察に出るなど身を捧げて完成させました。
しかし、嘉仁親王が完成した御所を使用することはほとんどなかったのだとか。嘉仁親王が大正天皇となった後は、離宮として使われることとなり、赤坂離宮と呼ばれるようになったのだそうです。
その後も裕仁親王一家の住居として、そして戦後は皇室から国に移管されて国会図書館、東京オリンピック組織委員会の事務所などに使用されていました。
1967年、国はこれまで迎賓館として使用していた東京都港区芝白金台の旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)に代わる新たな迎賓施設として、旧赤坂離宮を改修して迎賓館とする事を決定しました。そして5年の歳月をかけて工事を完了させ、赤坂迎賓館が誕生したのです。2009年には明治以降の文化財としてはじめての国宝にも指定されています。

正面玄関と玄関ホール 2階大ホール 「花鳥の間」 「彩鸞(さいらん)の間」 「羽衣の間」 庭園 が主な見学箇所です。このほか和風別館が見学できますが、こちらは事前申し込みが必要とのことでした。

とにかく、気が遠くなるほどの豪華さ、優雅さです。
玄関ホールからの正面階段、大理石や800kgのシャンデリア、洋画家・小磯良平氏の絵画、日本の鳥たちを描いた七宝焼き、とても素晴らしいものです。どれもこれも見逃してはならないものです。まだ行かれていない方は是非ご覧になってください。
posted by mizuさん at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

高千穂を巡る

11月末から3日間日南、霧島、人吉、高千穂を巡る旅をしてまいりました。日南、高千穂は宮崎県、霧島は鹿児島県、人吉は熊本県とつまみ食いのように三県を走りました。私にとっては、どこも初めてのまちでした。もちろん三県に行ったのも初めて。毎年恒例となった学生時代の気の置けない仲間5人の旅でした。
posted by mizuさん at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

お宮参りと七五三

長男の息子のお宮参り
子どもの健やかな成長を祈って、その土地の守り神のいる神社へ参拝する・・・お宮参り。私の住む鍵山の氏神様は「春日神社」です。私ども夫婦、息子夫婦と孫ちゃん、そしてお嫁さんのご両親とお参りしてまいりました。
気持ち良い秋の日差しの中、大きく健やかに育てと願いました。
20181119144304_p.jpg

長女の娘の七五三
私ども夫婦、長女夫妻と孫娘で愛宕神社に七五三のお参りに行ってまいりました。境内を走り回っていた孫娘も、ご祈祷には神妙に聞き入っていました。健やかに幸せに育ってと願いました。
20181124114114_p.jpg

2018年11月。幸せな時。
posted by mizuさん at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

渋谷シアターオーブ

渋谷ヒカリエのシアターオーブでミュージカル「トップ・ハット」を観てまいりました。
この作品は、ハリウッド・ミュージカル映画で1936年に日本でも公開された映画「トップ・ハット」をもとに舞台化されたものです。2011年に英国で初演され、日本では2015年9月に初演。今回は日本人キャストで上演されました。主演のペアは坂本昌行、多部未華子。さらに屋良朝幸、朝海ひかる、益岡徹、浅野和之らが出演しました。
とにかく、坂本、多部さんのデュエットダンスや燕尾服にシルクハット姿のキャストが魅せるパワフルなダンスシーンに魅了されました。多部未華子さんは、川越が舞台のNHK朝ドラの「つばさ」の主人公でした。ずいぶん大人になったなぁと思いました。

ホールに入る前、ヒカリエの喫茶店でケーキとコーヒーを。バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットのお店で、ちょっと贅沢気分を味わってきました。
20181121122948_p.jpg バリスタ.jpg
Flat White (フラットホワイト)とモンブランです。
フラットホワイトは、オーストラリアでは最もポピュラー。コーヒーのフレーバーと滑らかなフォームドミルクの口当たり。・・・と説明がありました。美味しいコーヒーでした!

こんな一日があってもいいよね。
posted by mizuさん at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

アウトリーチ事業・藤沢へ

17日土曜、この日は「アウトリーチ事業」を藤沢地区で2事業行いました。一つは、藤沢公民館でふれあいコンサート。これは毎年、アミーゴが協力して音楽の公演を行っているものです。今年は、フルート、マリンバ、ピアノのアンサンブル「ベル・ルミエール」の演奏です。150人の方がお出でになってくれました。ベル・ルミエールの皆さんは皆、アミーゴの音楽ディレクターをしていた経験があり、とても安心してステージをお願いできる方々です。曲もトロイメライ、ちいさい秋みつけた、マイウェイなど馴染みのある曲も多く、お客様も喜んでくれました。
もう一つは、藤沢小学校130周年記念の式典での劇団アミーゴによる演劇公演です。7月からワークショップや稽古を重ねました。今回とても嬉しかったのは、何といっても藤沢小の5,6年の生徒が参加してくれたことです。約15名の子どもたちが真剣に取り組み、見事に演じ切りました。内容は、現代の藤沢小の子どもたちがお不動様の呪文で、130年前の学校にタイムスリップし、そこで子どもたちに勉強を教えるといったストーリーを柱に、時代背景とともに子どもたちの友情が織り交ざっていきます。いい話でした。さすが原田裕史さんの脚本演出です。終わった後、出演した子どもたちがアミーゴの劇団員と抱き合っていました。親子ほどに、いや祖父母と言ってもおかしくない年齢差ですが、一緒に稽古してきた「同志」なのでしょうね。微笑ましく、また涙が浮かんでくる光景でした。これだから、アミーゴ活動、止められないしやり続けなくちゃいけないんだよなぁ、と思うのです!
fujisyou2018-2.JPG fujisyou2018-1.JPG
二つの事業で慌ただしかったですが、アミーゴの施設の中だけでは味わえないものもたくさんあります。いつも言っている「アミーゴは、ハードではなくソフトだ」。それをこれからも実践していきます。
posted by mizuさん at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

しめかざり解説&ワークショップ

もうすぐお正月ですね!一年あっという間です。アミーゴでは「しめかざり」のアート学習会を行いました。28人の受講生が講師の森須磨子さんの話に耳を傾けました。森さんはグラフィックデザイナーですが、日本唯一の「しめかざり収集家・研究家」でもあります。しめかざりを探し求めて全国を駆け巡っています。もっとも、しめかざりは年末に製作、新年に飾り付けという訳で、旅は年末年始に集中するそうです!しめかざりにまつわるいろいろなお話にどんどん引き込まれていきました。
地方では、農家の傍ら藁を綯ってしめかざりを作るご夫婦や地域の行事で村中の方が縄綯いするなど、まだまだ風情のある風景があるそうですが、最近は中国や東南アジアで作られたものがスーパーなどに並ぶそうです。ちょっと寂しいですね。
私も小さい頃(50年以上前かな)おじさんとやりましたね。上手なもんですよ!今回の学習会でも、ラフィアを使って皆さんに繩綯いに挑戦してもらいました。皆さん結構うまく作りました。
20181108134635_p_001.jpg DSC05203.JPG
日本の良き文化を風化させることなく、繋げていくことは難しいことなのでしょうか?日本ならではの貴重な風習や文化がたくさんあります。日本人の想いが作り上げた「形」を忘れずに残していきたいものです。
気持ちの良い学習会となりました。
DSC05201.JPG

しめかざり.jpg
こんなすごいしめかざりもあります!
posted by mizuさん at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

アミーゴ「広報」研修会

「集客できる広報の仕方」をテーマにアミーゴスタッフ20名で研修会を開きました。講師は、いわき芸術文化交流館アリオスの長野隆人さん。とても心を掻き立てる話をしてくださいました。広報については、手段を選ばず、スタッフ以外でも一般市民の方が施設の宣伝をしてくれるような仕組みを作り、伝えたい相手の生活スタイルに合わせた内容、言葉で広報していく、などなどまだまだ我々がやっていないことをたくさん教示していただきました。アミーゴでも力を入れているWebやFacebook、Twitter、ブログなどについても、それぞれがもっとリンクした方法で相乗効果を上げて行くべき、との意見は本当に納得する指摘でした。また、広報の成果に「一喜一憂しない」という話も印象的でした。いろいろ事業をしていると、ついつい一喜一憂するんですよね〜。
広報の話はもちろんですが、今回一番心に残ったのは、「アリオス」の取組みです。地域、コミュニティに積極的に関わりを持って活動していることです。文化、芸術の持つ力で地域の中に入り、住民と顔の見える関係を作り、味方を増やしていく。「アリオス」が無くては困るんだ!という状況を作りだしていく。この方程式は、アミーゴでもやっていかなくちゃいけない!そう感じた次第でした。私も日ごろから地域の方とは自治会、学校などと関係を持って動いているつもりでしたが、その比ではありませんね。また、いわき市民の文化活動に対する情熱も大きいという話には驚きました。元々なのか、いわき市の今までの文化政策がそうさせているのか・・・。果たして入間市民は。
もっともっと「アミーゴが無くては困る」といえる存在にならなくてはと胸を熱くさせられた研修会でした。長野さん、どうもありがとうございました。今度は、アリオスの見学に行きますね。
DSC05180.JPG DSC05184.JPG
posted by mizuさん at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

第40回入間万燈まつり

27,28日と入間万燈まつりが開催されました。祝い始めの司会に当法人のディレクター野口さんが勤めました。無事に大役を果たしてくれました。私は、繊維工業会の出店を中心に、アミーゴ織物工房、国際交流協会、ロータリークラブ、そして知り合いの詰め所などを巡りながら会場を歩いて回りました。昔と違って会場を一周すると、もう歩くのが嫌になりますね。あとは、繊維工業会の詰め所で、訪ねてくる方と食べたり飲んだり・・・確実に体重2Kgは増えましたね!
今年は、稀にみる好天に恵まれて、暑いくらいの万燈まつりとなりました。もっとも昨年は大雨に立たれれ散々だったのですから・・・

このお祭りの創成期を一緒に担ってきた荒井さんと入間ケーブルテレビさんの取材を受けました。「夢文字」の由来、万燈酒「祭万燈」の作られたいきさつなどを話しました。30年近くも前の昔を思い出させていただきました。あの頃はよく頑張ったもんだなぁ〜〜
20181028104047_p.jpg 20181028102826_p.jpg
posted by mizuさん at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

アミーゴハロウィン2018

今年もやってきました!ハロウィンインベント。毎年、渋谷のまちは大騒ぎですね。アミーゴは上品に爽やかに行っていますよ。
今年は、26日金曜日に開催しました。「アミーゴランド」で仮装した子どもたちがダンスのワークショップで楽しんで、その後6つのコーナーに分けられたブースでゲームに参加してポイントシールを集めるストーリー。三つ以上集めると・・・「トリック・オア・トリート」お菓子がもらえるぞ!
各ブースにはアミーゴスタッフが3~5人貼り付いて歌や映像、アートなどのゲームで子どもたちを楽しませてくれました。5時半から8時まで、子ども80人、大人44人の参加でした。今年も大妻女子大学の学生さんが5人お手伝いに来てくれました。ちびっこ相手には大いに助かります!ありがとう。
PA268169.jpg PA268205.jpg PA268095.jpg PA268250.jpg
今年私は、アミーゴランドの伯爵役です。子どもたちにポイントをゲットしてお菓子をもらおう〜〜と扇動します。「ポイントラリーに出発だ〜〜」「おお〜〜」
20181026193227_p.jpg
posted by mizuさん at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

川越まつり

私は、約30年前、入間万燈まつりを作ろう、盛り上げようと市の職員さんたちと試行錯誤しながら運営に携わってきました。夜遅くまで会議をしたり、作業をしたり、良くも仕事をしながらできたものかと!仲間たちも大変だっただろうと思います。それだけ達成感があったと思います。そんな訳で、万燈まつりの一週前の「川越まつり」には一度も行ったことがありませんでした。秩父夜祭は万燈まつりの「お手本」として何度も行っているのですが・・・。いつか見に行ってやるぞ!という気持ちはあったのですが、今年やっと実現しました。

川越まつり(川越氷川祭の山車行事)は、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源として、直後に行われる「神幸祭」や「山車行事(祭礼)」から成り立っているとのこと。「神幸祭」は、慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進し、祭礼を奨励したことが始まりとされていますから、370年の歴史があるのですね。その後、江戸との間を結ぶ新河岸川の舟運により、物資のみならず江戸の文化も入ってきました。江戸の天下祭(神田明神、赤坂日枝神社の各祭礼の総称)の影響を強く受けて発展し、祭で曳き出される山車の形も天下祭の流行を敏感に感じ取りながら変化していきました。
「天下祭」は、山車の巡行から神輿の渡御へと移り変わりましたが、川越は山車を中心に江戸祭礼の様式の影響を今に残しているのです。これも素晴らしい!
20181020192103_p.jpg 20181020203007_p.jpg
今回、夜の「山車のひっかわせ」を見に行きました。精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、小江戸川越の象徴である蔵造りの町並みを中心に、町中を曳行(えいこう)されます。何台もの山車が辻で相対し、すれ違うさまは、見物客を圧倒します。祭りのスケールと町内の若衆の勢いは、残念ながら、悔しいですが、万燈まつりは足元にも及びませんね。伝統とはすごいものだと感じました。観光客数は好天に恵まれると100万人位と言われています。これからも埼玉の伝統祭りを継承発展していってほしいと思いました。
しかし、人ごみに疲れました。
 
posted by mizuさん at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

孫だっこ

孫、抱きました。毎日忙しくしていますが、ひと時おじいちゃんに戻ります。
2018.10.20.jpg
posted by mizuさん at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

第16回アミーゴ落語会

立川談幸師匠をお呼びしての落語会も16回目を迎えました。毎回色物芸人さんをゲストに招き、高座を楽しんでいます。今回は、10年前にお呼びした江戸独楽の三増れ紋さんが来てくれました。れ紋さんとは、この春、藤の台公民館でお会いしたのをきっかけに、是非今年は来てほしいなぁと談幸さんにお願いして実現しました。独楽の芸もさることながら、話術が素晴らしいのです。今回も大いに会場を沸かせてくれました。
談幸師匠の「子は鎹」、良かったですね。落語は人情噺が一番かな、と思わせてくれました。
PA127638.JPG PA127683.JPG

打ち上げも楽しく、話しに花が咲きました。
posted by mizuさん at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

孫誕生

10日、息子夫婦に長男が誕生しました。二人目の孫ちゃんです!健やかに大きく育てと願うばかりです。やはり、可愛いですね〜〜〜
20181011225725_p.jpg
posted by mizuさん at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

Vol.11いるまクラフトフェア

7,8日と「アミーゴ秋まつりVol.11いるまクラフトフェア」を開催しました。今年は初日は、30℃を超える暑い青天、二日目は曇り空の一日となりました。まずは、雨にならずによかった!と。初日は、地区の体育祭があり、参加者が少なかったのですが、二日目はすごい人出で大盛会となりました。今回、客の動線を平均的にする試みとして、飲食の出店位置を換えて、クラフト展と向かい合わせにしてみました。成果はあったと思います。何事もいろいろチャレンジしてみることですね。変化に不満の方もいるでしょうが、少しでも、来場者、参加者の皆さんが楽しめるように考えていきたいと思います。
20181007111237_p.jpg 20181016182030_p.jpg

埼玉新聞にも掲載されました!

 DSC04627.JPG DSC04592.JPG
posted by mizuさん at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

西武鉄道ウオーキング&まちかどコンサート

26日、小雨の中、西武鉄道さん開催の「曼珠沙華咲く入間川沿いを歩く!」ウオーキングの一行がアミーゴを訪れました。アミーゴを通過するのはもう5年になりますが、4年前から折角アミーゴを通るのだから積極的にアミーゴの魅力をアピールしようと、テラスでコンサートやホールギャラリーを開放して、施設説明などを行なっています。今年は、それに市との協働事業である「まちかどコンサート」も同時開催して、いつもに増して賑やかに開催しました。しかし・・・無念の空模様。ウオーキング参加者は400人位でした。例年2000人の方が来るのですが。それでも一般の方の来場を入れて約500人位の方がお出でになりました。会場を館庭からホールギャラリーに変更し、三浦晋さんのギター弾き語り、めりこさんのポールダンス、やまぶきさんのコーラスととても楽しいコンサートと物販、施設紹介など所狭しと行いました。
P9266711.jpg P9266750.jpg P9266770.JPG P9266720.jpg
この時期、台風や秋雨前線の影響で天候が不順です。まア、こんな時もあるさ!インベンターとしてはくよくよしないのが一番。次に向かって頑張りますぞ!
posted by mizuさん at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

第10回 継展

川越、ギャラリー石原宿「もっこ館」で継展が開催されています。これは、妹の嫁ぎ先の親戚の方々の作品展です。私も誘われて、何年か前から出品しています。今まで、抹茶茶碗、屏風絵の表装、写仏、花の写真など出品しました。今回は、写仏を2点。数年前、妹に義父母の供養にとあげた作品と昨年新たに描いたたものです。原画は同じですが彩色が違います。意識して変えたわけではありませんが、その時の気持ちでしょうか、まったく違ったものとなりました。
そうそう、私の描いたものを欲しいと言われた方がいたそうです。この話には、びっくり!ちょっとうれしい気持ちになりました(笑)
20180923174907_p.jpg 20180921150740_p.jpg
今回、友人の川田さん、小林さんと一緒に見学に行ってきました。あいにくの雨で川越散歩はできませんでしたが、武蔵野うどんを食べ、「もっこ館」で妹の旦那と川越の芸能の歴史や入間の西洋館の話などしてひとときを過ごしてきました。
posted by mizuさん at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

おいしい朝コンサートVol.9

一日のはじまりに、短くてもキラッと光る豊かな時間を・・・と昨年度から始まった「アミーゴで迎える おいしい朝コンサート」。お陰様で9回目を迎えました。毎回即日完売のアミーゴの看板メニューになっています。
今回は、ピアノの鈴木啓三さんをお呼びしてのモーニングコンサートでした。力強さと繊細さを兼ねた素敵な演奏でした。「エリーゼのために」を久しぶりに演奏会で聴きました。朝の時間に聞くのがいいんだなぁ。私も、おいしい朝を満喫し、元気に気持ちよく一日をスタートいたしました!
20180920095011_p.jpg 20180920081708_p.jpg
近頃お客様から「なかなかチケットが取れない、定員を増やせないか?」などのお声があります。先日ミーティングを開き、対応を探っています。多くの皆さんに参加していただけるよう工夫をしていきたいと考えています。
posted by mizuさん at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

西洋館コンサート2018

19日、西洋館でクラリネットコンサートを行いました。今回で3回目となります。西洋館は今年7月に屋根の修理やトイレの増設などの改修を終え、月に4〜5日一般公開が行われています。一日に100人程度の見学者があるそうです。入間市の観光スポットができた感じですね。
西洋館とアミーゴは同じ大正時代に全盛を誇った繊維産業の遺産です。今は衰退した産業ですが、その遺産を私たち(NPO法人入間市文化創造ネットワーク)は受け継ぎ、文化資源としてまちの発展に貢献していきたいと考えています。その取り組みの一つがこの「西洋館コンサート」です。アミーゴだけでなく、様々な場所でアミーゴのソフトを活用していきます!
コンサートは、館内の見学の後に、末永さん、小坂さん、佐藤さんのクラリネットトリオで行いました。クラリネットは木管楽器、木造の建物と響き合って温かく会場を包みました。今回クラリネットより低音を出せるバセットホルンという珍しい楽器を小坂さんが使って、奥行きのある合奏を聴くことができました。
西洋館9.19.jpg P9196630.jpg
天気も良く、休憩時間には庭でケーキとコーヒー、紅茶を楽しみました。大正時代の建物と音楽とケーキ。合いますね〜
西洋館9.19-1.jpg
posted by mizuさん at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

藤田嗣治展

東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」が開催されています。やっと時間が取れて行ってまいりました。エコール・ド・パリの寵児のひとり、藤田嗣治(レオナール・フジタ)が世を去って50年目にあたる節目に、画家の全貌を展覧する大回顧展です。藤田嗣治は、明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となりました。
展覧会は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、藤田芸術を分かり易く解説しくれています。藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作、初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も展示されています。 
太平洋戦争期の作戦記録画も手がけるなど、藤田の生涯がつぶさにたどれ、その活躍を振り返る、見ごたえあふれる素晴らしい企画でした。
様々な作品がありましたが、私はやはり、あの「白」に魅了されました。藤田の描く女性の肌の透明感、でも暖かさも感じます。その繊細な線描がステキです。 吸い込まれそうな世界に不思議を感じます。久しぶりに感動した質の高い美術展でした。
8513ef24.jpg
藤田が住むこととなったフランス・モンパルナスには、ピカソもいればシャガール、モディリアーニらも、若きアーティストとその卵がひしめいていたのでした。のちに20世紀美術史に名を残す面々が、身を寄せ合うようにして暮らし、腕を競い合っていました。遠い日本からフランスへと、藤田の志の高さと熱さが伝わってこちらの気持ちも熱くなりました。
20180916142157_p.jpg 20180916141804_p.jpg
posted by mizuさん at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

避難訓練落語会

西日本では大雨、北海道では震度7という大地震。日本列島が落ち着きません。50年に一度とか100年に一度とか、様々な言葉で今の災害を表現しています。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。しかし、何があってもおかしくない、本当に不安な時代になってしまいました。
アミーゴでも突然の地震に対応した心構えを持とうと避難訓練を行いました。状況は、アミーゴのホールで落語会を開催中に地震が発生したというう設定です。職員、スタッフのほかに一般のお客様にも参加していただき総勢40名で行いました。落語は、いつもお世話になってる桂文ぶん師匠にお願いし、噺の途中に音声で地震の発生を会場の皆さんに知らせました。施設の安全を確認し、スタッフの誘導で館庭に避難しました。その後、改めてホールに戻り、落語を一席聴かせていただきました。
訓練ではありましたが、日ごろから防災意識を持つという観点から非常に良かったと感じました。
DSC03526.JPG DSC03540.JPG

しかし、文ぶん師匠は落ち着いて一席という気分ではなかったでしょうね〜〜申し訳ありませんでした。
posted by mizuさん at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする