2019年07月13日

松方コレクション

国立西洋美術館へ松方コレクション展を鑑賞に行ってまいりました。
松方コレクションは、神戸の川崎造船所(現・川崎重工業)の初代社長を務めた松方幸次郎が、1910〜20年代にヨーロッパ各地で蒐集した美術品のコレクションです。浮世絵約8000点のほか、西洋絵画、素描、版画、彫刻、装飾芸術品など3000点近くにのぼります。関東大震災と昭和金融恐慌によってコレクションは散逸。ロンドン(約900点)、パリ(約400点)、そして日本(約1000点以上)で分散したコレクションはそれぞれの道を辿ることとなりました。このうち、パリから戦後返還された375点が、日本へ「松方コレクション」として返還されました。これを保管展示するための美術館として1959年に国立西洋美術館が設立されたのでした。
見どころは、何といっても世界各地に散逸した松方旧蔵の名作が集結したことでしょう。約160展が結集しました。オルセー美術館の至宝・ゴッホ《アルルの寝室》などなど。2016年にパリ・ルーヴル美術館で発見され、国立西洋美術館に寄贈されたことで大きな話題となったモネ《睡蓮、柳の反映》が現存部分の修復を経て、初めて公開されていました。絵画の素晴らしさはもちろんですが、直接モネから譲り受けるなどその精力的な「松方幸次郎」のエネルギーに感動でした!
ゴッホアルルの寝室.jpg モネ睡蓮修復.jpg
posted by mizuさん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

長島記念館

熊谷にある「長嶋記念館」を訪ねました。長島記念館は、埼玉銀行頭取・会長を勤め埼玉県経済界の発展に努めてきた、故長島恭助氏の生家を利用して平成6年にオープンしたところです。記念館の大谷石で作られた蔵の中には、生前の長島氏が収集した川合玉堂・横山大観らの絵画や刀剣などが展示されていました。母屋も見学できます。築300年位のとても立派な家でした。
熊谷に会議があって、折角いくのならと思い立ち寄らせていただきました。中に入ると受付の方から「見学終わりましたらお茶を飲んでいってください」と声を掛けられました。他に見学者もなく見学後、受付の縁台に座り、管理の方ともお茶を飲みながら三人でお話をしました。梅干のお茶請けまでいただき、記念館の樹木や地域の話、黒須銀行、渋沢栄一や遠山記念館、荻野吟子記念館の話など・・・。とても風情のあるところで、期せずしてとても良い時間を過ごしました。また違う季節にお伺いしますと言って後にしました。
こういう寄り道も楽しい。・・・忘れかけていたちょっと幸せなひと時でした。
DSC_1134.jpg DSC_1135.jpg

長島恭助は、明治34年(1901)生まれ、県立熊谷中学校(現熊谷高等学校)・山口高等商業学校(現山口大学)を経て、大正12年(1923)武州銀行に入行いたしました。以来、69年間銀行一筋に生きてきた人です。武州銀行に入行して、合併により埼玉銀行・協和埼玉銀行・あさひ銀行と銀行名は変わりましたが、その間、埼玉銀行頭取・会長を勤め埼玉県経済界の発展を担った方です。銀行業務のかたわら多くの団体の要職にも就き、文化・スポーツ・教育・福祉、その他多方面に亘り埼玉県の伸展に尽しました。
posted by mizuさん at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

スタジオのピアノ

スタジオのピアノが交換され、新しく入りました。今日、藤光理事にお願いし、お披露目の弾き始めを行いました。今までのピアノが、不調で評判が良くなかったもので、安心とともに皆さんに喜んで弾いていただけるかと、とてもうれしく思いました。藤光さんからピアノの説明もしていただき、勉強にもなりました。
20190629151015_p.jpg 20190629151810_p.jpg

モーツアルト、ドビッシー・・・そして解説も。藤光さん、どうもありがとうございました。ピアノも喜んでいると感じました。これから多くの人に親しまれるピアノになってもらえることを願っています。
posted by mizuさん at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

碓氷製糸見学

日本数件しかなくなった絹糸の製糸工場「碓氷製糸工場」を見学しました。毎年行っているアミーゴ織物工房の研修会、総勢9人で行ってきました。
現在、国内で現役稼働している機械製糸工場は碓氷製糸工場を含め2社しかなく、同工場は日本で最大の生糸生産量を誇っています。現在、機械製糸は国内では碓氷製糸と山形県の松岡製糸が残るだけ。国用製糸は長野県に宮坂製糸、松沢製糸があり、一般には製糸会社は4社といわれています。場所は松井田市街がある河岸段丘の下段で、碓氷川の河原に近い場所。製糸では大量のお湯を使うため、水の確保がしやすい川の近くに作られたと思われます。
アミーゴは織物がルーツの施設。織物工房を通して、毎年織物に関係する施設を訪ねのはとっても楽しく勉強になります。しかし、繊維に関する施設はだんだん少なくなり、訪問先を探すのも一苦労です。日本の近代化を支えた繊維産業、そしてそれを文化に変えて日本のまちづくりとして活動している団体など様々な角度から研修先を訪問してアミーゴ、工房の運営に役立てていきたいと考えています。

DSC_1148_r.jpg DSC_1144_r.jpg 
繭を入れて工場に運ぶ袋が干してありました。袋に名前が書かれていましたが、これはすでに無くなった製糸工場のものとのことでした。秩父製糸と書かれた袋もありました。

DSC_1150_r.jpg DSC_1153_r.jpg
研修の後は、軽井沢のホテルでランチ!そして、旧軽銀座で名物ミカドのモカソフトを!
楽しい一日でした。
posted by mizuさん at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

アート散歩 平塚市美術館

アミーゴの人気事業「アート散歩」で平塚市美術館、町田市国際版画美術館へ行ってまいりました。どうもこの事業、雨に見舞われるのですね。今回も出発時は曇りでしたが、案の定町田市に着く頃は雨になりました。雨男雨女が多いようです〜。バスの中では、参加された皆様に一言づつ自己紹介をお願いしています。皆、真面目にアートに向き合う気持ちを話されます。学習意欲に満ちとっても前向きです。しかし、共通していることがあります。それは「昼食」を楽しみにしていることです。「食事は大切だな!」と感じました。スタッフはこれから、美術館の選考だけでなく、食事場所の選定も大きな仕事になりますね!

町田市国際版画美術館は、内外のすぐれた版画作品と企画展示を行っています。今回は、企画展 THE BODY―身体の宇宙― を鑑賞しました。15世紀の西洋古版画から現代日本の美術家の作品まで、小宇宙ともいうべき身体の世界をめぐる展覧会です。
20190607103037_p.jpg
平塚市美術館では、「空間に線を引く−彫刻とデッサン展」を鑑賞しました。彫刻という三次元の作品制作するためのデッサンとそれに関連する彫刻を鑑賞しました。 エントランスや通路が大理石でゆったり優雅で、広々としていてとても気持ちの良い美術館でした。「湘南の美術・光」をメインテーマとして1991年に開館。 隣接しているレストランもオーガニック食材を使っており 芝生の庭を見ながらお食事ができます。 ここでランチを摂りました。皆さんの評価は、概ね良好!ホッとしました。
20190607125011_p.jpg 20190607142210_p.jpg

雨に降られましたが、一日掛かりの事業は、たくさんの方とお話ができ、アミーゴのこともたくさんはお知らせすることができ有意義なものでした。いろいろアミーゴの事業のことでも意見をいただきました。多くの方に耳を傾け接することがアミーゴをよくする近道と感じました。
20190607151035_p.jpg
最後に、平塚花菜ガーデンでバラを鑑賞してきました。雨の中でしたが・・・
posted by mizuさん at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

怒涛の三日間

6月に入り、1日は「いるま狂言会」、2日は「金子淳ピアノコンサート、3日は「うたごえアミーゴ」と事業が続きました。さすがに疲れましたよ〜〜〜なんてアミーゴは人使いが荒いの。。。
「いるま狂言会」は、昨年まで3回にわたって産業文化センターで開催してきました。産文センターの改修のため、今年と来年は古巣の「アミーゴ」で開催です。アミーゴの舞台は客席と近く、演者が手に取るように見られることから、結構お客さんから人気があります。しかし、キャパが100人程度で多くの方に見てもらえないことや舞台が狭いので演じにくいのが玉にキズなのです。今回は、装束の着付けの実演も行いました。皆さんとても喜んでいただきました。工夫を凝らすことも私たちの使命です。演目は「柿山伏」「清水」「呂蓮」といずれも分かり易く、大いに笑いました。来年はどんなことをやろうか、今から考えていきます!
P6010335.JPG P6010381.JPG P6010420.JPG P6010459.JPG
posted by mizuさん at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

池田綾子コンサート

こころ旅。自転車少年だった俳優の火野正平が「旅人」と称し、視聴者から寄せられた手紙に書かれた「こころの風景」を訪ねながら日本列島を相棒「チャリオ」(自転車の愛称)で縦断する・・・テレビ番組。人それぞれに思い出の場所、風景があるんです。風景とその時の想いが重なっているのですね。
私も時折見ています。感動する手紙や風景がいっぱいあります。この番組の主題歌「こころたび」を歌っているのが池田綾子さんです。埼玉県出身で、アミーゴのある仏子の武蔵野音大出身です。二年間過ごした入間に思い出がいっぱいと話していました。こんなご縁があって昨年に続き二度目の公演となりました。爽やかな歌声にたくさんのお客さんを魅了しました。遠くは、青森、岩手そして福岡、大阪とアミーゴにやってきてくれました。遠来の方にアミーゴの歴史などもお話させていただきました。
終演後、昨年は桜の3月、今年は新緑の5月、さて来年は秋に公演しましょうか!とお話ししました。実現するといいな!
P5250217.JPG P5250323.JPG
posted by mizuさん at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

第13回アミーゴネット総会

早いものですね。アミーゴを運営する私たちNPO法人入間市文化創造ネットワークの総会も13回を数えることになりました。お陰様で21日に無事終了することができました。総会の後の、交流会は多くのお客様を迎え盛会に行うことができました。副市長、県議、市議、区長さん、地元学校の教頭先生、県西部地域振興センター、博物館、関係市役所職員さんなどなど日ごろお世話になっている方々に、深くアミーゴらしさを感じていただこうと設営いたしました。アミーゴのスタッフも事業のお手伝いとは違った時間で、ゆっくり交流してほしいと思います。
そして、いつも、日本一楽しく魅力的な総会交流会を目指して行っています。音楽、演劇、お客様の一言などあっという間に時間が過ぎていきました。今回の、劇団アミーゴのミニシアターは「平成を振り返って」もらいました。地元ネタを取り込んで完成度の高い出し物でした!
私もこの総会にはエネルギーを使います。一同の人に、アミーゴを短時間で知ってほしいという願いからです。これからも、もっともっと充実した総会交流会ができますように知恵を絞っていきたいと思います。
DSC06324.JPG
posted by mizuさん at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

朝コンサートVol.11

今年も朝コンサートが始まります!年5回、2年間続けてきましたが、毎回人気の企画です。今年度も5,6,9,11,3月と5回の予定で開催します。今月は10,11日と2日連続して開催しました。ピアノの都築さん、松崎さんのお若い二人のデュオでした。二日間の開催は、毎回満席になるので、二日とも同じ内容で多くの方に参加できるチャンスをと考えました。お陰様で初日30人、二日目26人の方がお出でになりました。ドビッシー、ラヴェル、シューマンなど五月晴れのアミーゴの館庭を望みながら聴き入りました。なんて優雅な清々しいひと時・・・。やはり朝コンはいいな〜と思うのでした。
IMG_0014.jpg
posted by mizuさん at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和を迎えるに当たり 文化芸術振興

アミーゴが誕生した2001年に、国が初めて文化・芸術振興の基本理念と国・地方公共団体の責務を明文化した「文化芸術振興基本法」が制定されました。正に入間の「文化創造元年」だと思うのです。
2017年(平成29年)に、総合的な文化政策を推進しようという狙いで「文化芸術基本法」と改められましたが、国が政策の対象として「文化」を取り入れたことは、それまで、まちづくりや教育、福祉分野等と連携したアートプロジェクトが数多く行われてきたことが要因だと思います。
文化は「緊急性」という点においては公共政策のなかで優先順位が低いですが、継続しないと成果もあがらず、その地域の文化が存続し得ない状況になります。だからこそ文化には政策が必要だと思うのです。
文化政策に主体的に取り組む自治体とそうでないところの格差が広がっているのが、今の日本の現状です。入間市はどうでしょうか?全国の自治体で文化振興計画が作られていますが(入間市は作られていません)、形式的につくられているものが多く見受けられます。しかし、それらは地域特性に応じた内容になっておらず、「その地域特有の文化」も見出せていません。「計画は、ただ作っても動かない。動かすシステムをどう組み立てるかが重要」なのです。「文化振興計画」は、無いよりあった方がまし、という考えではなく、法律の施行を受けて、なぜ文化政策が必要かを十分理解し、地域の文化特性を精査し、作った後も、自治体も地域に暮らす我々もどう行動するか知恵を絞ることが大切と思います。
このまちに暮らす市民が「文化や芸術を大事にするまちでよかった」と思え、自分も当事者の一人だと実感を持てる文化振興のためには、市民と行政が日常的に対話を重ねていくことが重要ではないでしょうか。
今日から「令和」。令和の幕開けを、入間市の文化政策元年にしていきたいと思います。アミーゴもその一員として行政と協力していきたいと思います。
posted by mizuさん at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

東国三社参り

東国三社、知っていますか!茨城県の「鹿島神宮」(かしまじんぐう)、同じく茨城県の「息栖神社」(かとりじんぐう)、そして千葉県の「香取神宮」(いきすじんじゃ)の3つを併せた総称です。3つのどの神社も関東地方東部にある利根川下流域にある神社なのです。江戸時代には「お伊勢参りのみそぎ参り」と呼ばれ、三社を参拝すると伊勢神宮に一度参拝したのと同じご利益が授かると信仰されていました。そして、この3つの神社の建てられている位置は、直角二等辺三角形を描くことでも有名です。鹿島神宮から香取神宮が約12000メートル、鹿島神宮から息栖神社が約9000メートル、香取神宮から息栖神社が約8,600メートルとなっていて、息栖神社が三角形の直角の頂点部分となります。それぞれパワー・スポットとしても有名で、この3社を巡る「東国三社参り」をすると最強の運が巡ってくるという噂なんです。
そんなわけで、私、行ってまいりました。
20190419133308_p.jpg 20190419145737_p.jpg

posted by mizuさん at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

第28回楽笑寄席 小平太さん

第28回となる楽笑寄席は、柳家小平太師匠でした。二つ目の高座名はさん若さん。昨年9月に真打昇進の披露パーティーに出席いたしました。二つ目時代からアミーゴとの関わりのある落語家さんには、真打昇進した折にアミーゴで落語会をお願いしています。二つ目から真打への階段を上る頃の落語家さんの勢いは目を見張るものがありますね!今回の小平太師匠の噺は、一席目「井戸の茶碗」二席目は「野ざらし」。野ざらしは、私からの依頼でした。7年前に来ていただいた時の演目で、その時の話がとっても良かったもので、今回の昇進祝いの席でも是非かけてほしいと願ったものでした。やはり良かった!熱演でした。女形の品がいいんだな〜。そしてまた、一席目の井戸の茶碗も良かった!とってもお得な楽笑寄席でした。小平太さん、これからも頑張ってください!応援しています。
P4120055.JPG P4120095.JPG
posted by mizuさん at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

アートな春フェス2019

第6回目の「アートな春フェス」を6日土曜日に行いました。暖かく風もなく素晴らしい好天に恵まれました。桜の花も朝は9分咲きくらいかな。夕方には満開となりました。一日外にいるとわかるのですね!だんだん花が開いていくのが!
春フェスを 待ち咲き誇る 桜かな
アート作品の展示と作家さんたちによるワークショップ、そしてガーデンパフォーマンス、飲食の出店などで多くの方が楽しんでくださいました。特に、子どもたちがたくさん参加してくれたことがうれしかったですね。アミーゴは、「地域のシンボル」になることを目標に活動しています。春フェスがその実現に大きく貢献をしていると感じました。

20190406095941_p.jpg 20190406115038_p.jpg 20190406140901_p.jpg 20190406140750_p.jpg 
posted by mizuさん at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

新年度の始まりは

新年度が始まりました。昨日おとといと、雅楽、国府弘子ライブと超忙しい年度末でした。そしてまた、今日はゆったりランチコンサート!こんなに目まぐるしく過ぎた年度末はなかったと思います。しかし、一つ一つ丁寧に事業を行いました。それぞれに来ていただいたお客様に、十分なおもてなしと質の高い事業をお見せできたと思っています。アンケートや出演者のお話から手ごたえは十分にありました。今年度もアミーゴで新しい発見をしていただきたいと、スタッフ一同工夫を凝らしお客様をお待ちしています。
そして、平成最後の月ということになりますね。ちょうど皆さんがランチを作っているときに新年号の発表とあって、気が気ではなかったのですが、途中テレビで発表を聞いて、皆さんに伝達しました!私も紙に「令和」と書いて!歴史的な日に一緒にアミーゴでランチを作りコンサートを聴くなんて、絶対忘れませんね、記念になりましたね、と。
20190401122638_p.jpg 20190401115122_p.jpg
館庭には、今度の土曜日6日に行われる「アートな春フェス」のこいのぼりの飾りつけも済み、桜とこいのぼりが青空に映えています。
20190401092752_p.jpg
posted by mizuさん at 18:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

平成最後の3月

本年度も残すところあとわずか。しかし、今年度に限っては30,31日と大きな事業が残っているのです。30日は、「雅楽レクチャー&コンサート」、31日は、「国府弘子&早稲田桜子ライブ」です。ともに「桜」をテーマに企画したものですから・・・。さぁ最後の最後まで頑張りましょう〜。

今年度は、パートナーシップを大きなテーマに取り組みました。入間ガス(株)さん、所沢織物商工(協)さん、そして入間市さんと事業に取り組みました。入間ガスさんとは、「食」をテーマにゆったりランチコンサート、おやつコンサート、所沢織物さんとは落語会、入間市さんとは、市民提案型事業のまちかどコンサート事業を。地域貢献をしながらそれぞれの理念や目的を達成していこうというものでした。お陰様で、人的ネットワークも図られ、新たな事業領域が拡大できました。これらから得た材料を次の文化事業へと展開していきたいと考えております。

夢中に走っていいるうちに、アミーゴの館庭は草花が咲きほころび、春が目の前に来ています!
20190327124128_p.jpg 20190327124456_p.jpg
posted by mizuさん at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

劇団アミーゴ公演「ジッパ」

16,17日と12回目の劇団アミーゴの本公演でした。昨年までの3回は入間市の偉人シリーズに取組みました。金子十郎家忠をモチーフにした「JU-RO」、石川製糸を舞台に「青き繭の記」、そして入間に名をはせた武士加治家貞を扱った「加治氏の理」・・・いずれも感動的なシーンが思い出されます。
さて、今回の公演「ジッパ」は偉人シリーズから離れ、入間市の普通の人々の日常や出来事を原田氏の大胆な脚本、演出でオムニバス形式で上演しました。「ジッパ」とは、字の書ける葉っぱのことで、入間市には東金子の東光寺の境内にあります。ジッパにメモのように書かれる話を原田ワールドで展開していきました。今年は高校生が二人も参加してくれて、幅も膨らんで雰囲気も良かったです。
P3170638 (2).JPG P3170678 (2).JPG
原田裕史氏の指導のもと生き生きと稽古に励んできた団員たちの成果が存分に発揮できたと思います!打ち上げも楽しく、いろいろな団員さんと話もできました。また来年度に向かって頑張ってくださいね!
posted by mizuさん at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ふきのと

春寒の言葉通り、立春を過ぎても寒さのぶり返しが肌に冷たく感じます。しかし、自然界は確実に春を告げています。今年も我が家の庭に「ふきのとう」が顔を出しました。今年も「ふきみそ」を作りました。呑気にしていると一気に呆けてしまします、自然と付き合うのは結構忙しいのです。
20190314123706_p.jpg 20190314122442_p.jpg
posted by mizuさん at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

春風亭一花さん 黒須公民館

例年行っている黒須公民館落語会。もう15年は続いている、私にとっても思い出深い落語会です。8年前には、東日本大震災の直後で計画停電の最中に、あえてこんな時だからこそ笑おう!と決行。出演の古今亭志ん八(今の志ん五)さんも電車が止まってはとレンタカーを借りて参上してくれました。今回は女性落語家の春風亭一花さん。前座さんの時、アミーゴに二度お越しいただいています。二つ目になって初めてお呼びしました。会場から可愛いの声も上がりました。本当に可愛くて気さくで好感度ばっちりです。しかし、噺はしっかりと力強かったですね。「子ほめ」「権助提灯「雛鍔」の三席を聞かせてもらいました。
そして黒須公民館は、いつもお蕎麦とうどんの昼食でもてなしてくれます。今回もソバソムリエの方が作ったお蕎麦とうどんをご馳走になりました。蕎麦湯もついてましたよ!ご馳走を当てに行っている訳ではありませんが、いつも感謝です。お客さんも良かったし、花粉症はつらいけど今日はいい気分です。
20190313123353_p.jpg 20190313133723_p.jpg
posted by mizuさん at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

アートな春フェス2019

第6回を迎える「アミーゴアートな春フェス」が4月6日土曜日に開催されます。これは、アートでまちを飾って、地域の歴史やモノをもう一度見つめ直す機会としよう!と始めたものです。最初はまず、アミーゴで建物や館庭を使って表現と体験を行っていくことにしました。まだまだ街中に出て行くことができませんが、多くの方と関わりながら表現活動ができているのではないかと思っています。
その中で、毎年行っている「コイノボリ プロジェクト」。日本の子どもだけでなく海外の子どもたちにも描いてもらい、それを交換し合っています。子どもたちが自分だけのコイノボリを描き、他のコイノボリとの違いや価値観などに気付いていくことを目的にしています。今年も西武中央保育所、あんず保育園の子どもたち約50人が描いてくれました。皆、個性豊かに50人50色のコイノボリが出来上がりました。これは、3月末から館庭に飾ります。また、春フェス当日もワークショップとして描くこともできます。
その他楽しい企画が皆さんを待っていますよ!是非おいでください。
20190228100510_p.jpg 20190228100940_p.jpg
posted by mizuさん at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

新宿〜豊島まち歩き

西武新宿線中井駅周辺で先週末「染の道」イベントが行われていました。2年前にはゆっくり歩いてみてまいりましたが、今回は、やはり会場となった林芙美子記念館に寄って紅型の展示や屋敷の見学をしてから目白方面に向かって歩き「佐伯祐三アトリエ記念館」「アダチ版画研究所」「中村彝アトリエ記念館」そして西武池袋線を超えて「豊島区郷土資料館」「柳原白蓮旧宅」「自由学園明日館」と巡りました。
新宿落合周辺は閑静な良いところです。佐伯も中村も30代で亡くなりますが、素晴らしい画家でした。この地でいくつもの作品や思いを遺したのでした。アトリエは区によって小さいながら整備され、とても雰囲気の良いところでした。受付のおじさんも親切でした。大きな美術館でなくても気持ちを癒し創造力を豊かにしてくれる場所はたくさんあるんだなぁ。
帰りは池袋に出て、明るいうちの生ビール!グッドです。(これも大切!)
DSC_0652.jpg
林芙美子記念館 ・・・
saekiyuuzou1.jpg saekiyuuzou2.jpg
佐伯祐三アトリエ記念館・・・
DSC_0659.jpg
アダチ版画研究所・・・
DSC_0664.jpg DSC_0665.jpg
中村彜アトリエ記念館・・・
DSC_0670.jpg DSC_0667.jpg
豊島区郷土資料館・・・柳原白蓮旧宅
DSC_0671.jpg DSC_0674.jpg
自由学園明日館・・・生○○!(^^)!
posted by mizuさん at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする