2022年02月20日

ふるさとづくり大賞受賞!

総務省が主催する令和3年度「ふるさとづくり大賞」団体表彰(総務大臣表彰)を受賞しました。
平成13年、「文化創造アトリエアミーゴ」がオープンし、「住み続けたいまちを創ろう」と仲間を募り施設の維持管理も現状を大切にしながら工夫を凝らした事業で「地域のシンボル」に仕立ててきました。そして20年。今回の受賞は、その活動を評価されたものと関係者一同本当に喜んでいます!と同時に、これからが本当の「地域になくてはならない」施設づくりの始まりと感じています。新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの人が家族を第一に考え、遠くより住む地域に関心を寄せるようになったと感じています。これを機に、こうした価値観にも沿った新しい企画を創っていきたいと思います。
2月14日にオンラインによる表彰式がありました。本来なら都内のホテルで行われるはずだったのですが、コロナのために・・・。残念!
ふるさとづくり埼玉新聞.jpg ふるさとづくり表彰.jpg
posted by mizuさん at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月18日

今週は落語、仏像

寒い日が続きますが、アミーゴではストーブを焚いて事業を行っていますよ!今週は落語会とアート学習会を行いました。
落語は「とこおり寄席」。もう8回目となる所沢織物組合さんとの事業です。アミーゴの前身は織物組合さんが土地建物を県に寄付して建設した繊維工業試験場です。そんな縁を大切に行っているものです。今回は古今亭志ん五師匠とマジックのアサダ二世師匠です。志ん五さんとはもう10年以上のお付き合いです。終演後には、久しぶりに楽しく話もさせていただきました。アサダ師匠は何かホッとする話術と奇術で和みました。
P2160053.JPG P2160099.JPG
アート学習会は「もっと知りたい、みほとけの魅力」。もう5回目になります。今回は鎌倉仏師「運慶」です。あっという間の2時間でした。昨年行った願成就院と浄楽寺の仏像も出てきました。50年前に行った願成就院の仏像たちはまだ運慶の作だとは認定されていませんでした。仏像にはたくさんの思い出があるんだなぁ。
DSC_1757.jpg DSC_1760.jpg
posted by mizuさん at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月09日

フェルトでおひな様

アミーゴクラフト講座「ゆらゆらおひなさま」を開催しました。20人の定員がすぐに埋まりました。コロナ禍で窮屈な時。安全な場所でワークショップを楽しみたいという希望があるようです。針でチクチクフェルトボールを創っていく作業は根気がいります。でも無心になって修行の境地かも。なんて、皆さん楽しそうにスタッフさんの指導を頂いていました。
そんな中、館長さんと声をかけられました。公民館の落語会で存じていたらしく話をしていましたら、昔平仙レースに勤めていたとのことでした。ちょうどアミーゴで平仙レースの写真展示をやろうとしていたので、お聞きしたところ当時の写真などを持っているとのこと。早速お持ちいただきました。平仙レース工場の入り口の写真です。欲しかった写真です!来月辺り本館の前に展示しますのでぜひ見に来てください。いろいろな出会いがあって、アミーゴっていい所だなぁ。とつくづく思うのです。
DSC02026.JPG DSC02035.JPG

posted by mizuさん at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

寄席そして寄席

先週の金、土曜と寄席続き。28日金はアミーゴ楽笑寄席「講談・宝井琴鶴、鏡味小時」。お正月らしく太神楽と久しぶりの講談で、パパンパン!と華やかに開催しました。太神楽は三日前まで、飯能出身の鏡味仙成さんでしたが、コロナ感染症の濃厚接触者となってしまい出演できなくなってしましました。小時さんは仙成さんの同期の方の言うことで代演をお願いしました。これだけ感染者が拡大すると身近でこういうことが起きてきますね!琴鶴さんはさすがに真打。お上手です!先月ロータリーの会合で米山梅吉物語も口演してくれましたので、親しみもありました。これからが楽しみな講談師さんです。
P1280030.JPG P1280050.JPG
29日土は、宮寺公民館笑春寄席。昨年真打に昇進した柳家㐂三郎さん。二つ目名は小太郎さん。二年前、コロナ対応で小太郎さんに協力していただき、アミーゴで無観客でテレビ収録し放映したことを思い出します。早くコロナが収束して大きな声で笑って落語を聞きたいですね。さすが真打。はっきり二つ目のころと違って落ち着きと風格が出てきましたね。アミーゴからたくさんの芸人さんが育っていくのがとても嬉しいです。次は、打ち上げしましょうね〜
P1290086.JPG P1290110.JPG
posted by mizuさん at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月25日

冬に咲く

庭の蝋梅、福寿草、クリスマスローズ・・・日差しを感じ花々が咲き始めました。寒さで固まった身体が少しずつほぐれてきた気持ちです。春はそこまで来ていますね。
DSC_1697.jpg DSC_1700.jpg DSC_1701.jpg
posted by mizuさん at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

新年初めてのウォーキング

冬はどうしても運動不足になりがちです。特にお正月は、食べてばかりで・・・。ということで、先週の日曜日、妻とお嫁さんと孫ちゃんと4人でアミーゴから飯能駅までウォーキングしてまいりました。アミーゴを出て、線路沿いの住宅地を抜けて元加治の円照寺さんへ。お参りしてしばらく休んでトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園へ。久しぶりに来ましたので、カフェで遅い昼食を取りました。孫ちゃんは小川が気に入ったようで、小枝を流して楽しそう。多くの家族ずれが来ていました。北欧フィンランドの風情をちょっぴり味わいました。そのあと、飯能駅までが結構長い距離でしたね。歩数にして16、000歩!ゆっくり休みましたが、4時間の行程でした。それにしてもうちの孫はよく歩いた!凄い!
DSC_1636.jpg DSC_1649.jpg 1642330403598.jpg DSC_1652.jpg
posted by mizuさん at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

謹賀新年2022

毎日寒い日が続いています。新年も早8日。今年もコロナで始まりました。アミーゴの事業計画もコロナに対応したものにならざるを得ないですね。昨年から行っている「近くで楽しむ」「日常的に体験できる」・・・そんな事業を考えていきたいと思います。
今年のアミーゴの活動抱負です。
1.SNSを活用した事業や広報を取り入れる。昨年は、SNSで公募したアマビエアートなど、好評でした。
2.「遠くより近くへ」企画の継続。子どもたちが楽しむ企画を再構築する。
3.日常的な「体験、マーケット、カフェなど」の開催で、地域のシンボルづくり。
4.市のロケーションサービスの支援などで観光資源の再発見と地域おこしに注力。

質の高い文化芸術事業の実施は、文化施設の基礎として当然に主軸におき、プラスアルファを考える一年にしたいと考えます。職員、スタッフの知恵と冒険で大いに楽しめる施設を創っていきます。 

DSC_1577.jpg
アミーゴの夕方、中橋を望む。なんと美しい景色!
posted by mizuさん at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

横浜ぶらり

久しぶりに横浜を歩きました。コスモワールドで大観覧車に乗って、元町商店街を歩いて、外人墓地を通って港の見える丘公園へ。坂の多い街だなあ、学生時代を思い出しました。変わらない甘酸っぱさがある町です。
今年も終わりますね。コロナで閉塞感いっぱいでしたが、アミーゴでは、今までにない子供たちのための事業をいっぱい考えやりました。ロケーションサービスなどの観光事業にも取り組み始めました。文化施設の在り方を大いに学ぶ時間でもありました。頃からのアミーゴが楽しみ、わくわくです。個人的にはロータリーで地区ガバナーとなって、未知の世界を経験させていただきました。
来年も大いに羽ばたきたいと思います!
DSC_1539.jpg 1640912654834.jpg DSC_1543.jpg DSC_1537.jpg
posted by mizuさん at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

イルミネーション

やっぱり、アミーゴは美しい!と思う。
イルミ2021.jpg DSC_1483.jpg
posted by mizuさん at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

第37回楽笑寄席

26日、雷門音助さんをお招きしての楽笑寄席を開催しました。私、風邪気味であまり体調良くなかったのですが、着物を着て、マイクを持って高座の前に立ったら、何だか元気が出てきました!落語パワーかな!雷門の亭号を使う噺家さんは、主要団体では3名だけ。雷門とえば、八代目助六、幇間(太鼓持ち)の流れをくむ雷門だけに、踊りを中心にした寄せ芸を展開して人気を博しました。音助さんも今回「かっぽれ」を披露してくれました。料亭かなんかで膳を囲んで見たいなぁ、と。噺は、「三井の大黒」、左甚五郎ものです。いいですね〜〜。すっかり元気になりました。
PB260003.JPG PB260017.JPG
posted by mizuさん at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする