2017年08月09日

地域創造フェスティバル2017

一般財団法人地域創造は、文化・芸術による地域づくりを目指して、地域における文化・芸術活動を担う人材育成や、公共文化施設の活性化を図るため、クラシック音楽、現代ダンス、演劇などのさまざまなプログラムを実施しています。
毎年8月の第一週に「地域創造フェスティバル」を開催します。これは、音楽やダンスのプレゼンテーション、セミナー、シンポジウムなどを開催し、公共ホールでイベントを運営する担当者の研鑽の場としています。同時に、ホール担当者とアーティスト、コーディネーターなど関係者の交流の場にもなっています。
アミーゴの事務局、ディレクターが今年も7名参加しました。今年は、シンポジウムは「高齢社会における公立文化施設の取り組みについて」「公共ホールを取り巻く近年の動向〜芸術創出の場を考える〜」、そして、ダンス、音楽のプレゼンテーションです。
tiikisouzou2017.jpg
私は、「芸術の場を考える」という講演に参加しました。数字的なホールの顧客動向や2000以上ある公共ホールの劣化した施設の現状と改修、修繕の在り方などを学びました。まさに、私たちが直面している問題でした。アミーゴに限らず、市民会館、産業文化センターもこの類です。今後、中長期政策的改修計画を立て、資金的な準備も含めた計画が必要であるとのことです。簡単な言葉ですが、果たしてそれぞれの自治体で対応しているのでしょうか?入間市は?文化施設の必要性について、行政と市民がもっと議論をしていかなければいけないのではと思います。文化芸術が市民に与える幸福感、コミュニティ、郷土愛といった精神的な能力と資金、人口減といった現実論をどう埋めていくか。この結論こそが、自治能力が試されているのだと思います。

「入間市の未来」を考える、よい機会を持てました。
posted by mizuさん at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

アミーゴ中長期事業を考える

もう7月も終えようとしています。すでに来年度の事業を企画していく時期なんですね。毎年、毎月、毎日・・・追われるように日々が過ぎていく。慌てて考えた案に良いものなどありません。日々温めた想いが孵化するように現れてこなければいけないと思っています。
立ち止まって、どんな事業を行っていくことが私たちの基本理念である「文化芸術で喜びと希望を感じるまちづくり〜魅力あふれる文化創造発信施設を目指して〜」を実現できるのか!考えていきたいと思います。そして、多くの方が「住んで良かった」「これからも住み続けたい」と思えるまちづくりを文化芸術事業を通して行っていきたいのです。
そんなわけで、毎年7月にディレクター、理事、スタッフが集まって、「アミーゴ中長期事業を考える全体会議」を開きます。今年も行いました。
・理想的なアミーゴ像は? 
・どんな事業にニーズがあると思うか?
・どんな事業をやっていくべきか?
・アミーゴ事業をもっとよくするには?
など、ポストイットで意見出しをしました。集計をして、事業企画の材料にしていくのも大切ですが、私は、このようなテーマでスタッフが集まって真面目に話をすることが重要だ!と思っています。アミーゴは素晴らしいところだと思うシーンです
20170713195802_p_edited.jpg DSC07922.jpg
posted by mizuさん at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

名栗の杜 アートカフェ

まだアミーゴの運営を始めたころ、研修で川口のアートファクトリーに行きました。その時、義村京子(青山京古)さんが描いた仏さんの絵が気に入って、後日改めて描いてもらい、わざわざアミーゴまで届けてもらいました。その時、お父さんも一緒に来られ、お父さんは、仏像を彫っていて講師もしていることを知りました。そして7年前、アミーゴ事業で「アート倶楽部・仏像」を行い、お父さんから作品をお借りして、アミーゴホールで講演会を行ったことがありました。人のつながりが大切だな、と感じる出会いでした。
そのお二人が、先週、名栗の杜というアートカフェで二人展を開催しました。名栗は、妻の実家があるところでもあり、妻と息子のお嫁さんと行ってまいりました。天目指峠という名栗と吾野をつなぐ峠の入り口にあります。
一歩足を踏み入れると、えっと思うほど別世界。木の温もりを活かした椅子やテーブル、寄木の床やドアなど素敵な細工。それらすべてが、オーナーの作品だそうです。展示スペースでは、様々なアーティストによる作品が紹介されています。陶芸、ガラス、布など、どれも個性的で建物全体の雰囲気を引き立てます。コンサートなどのイベントも開催されるようで、楽しい交流の場ともなっているようです。
私の行った前日に青山さんのご主人の尺八の演奏会があったようです。残念ながらお会いすることができませんでしたが、このところパソコンとにらめっこの私には、ちょっといい空気に触れさせてもらいました。
20170723135220_p.jpg 20170723124811_p.jpg
posted by mizuさん at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

写仏

このひと月、写仏を行っています。アミーゴのアート講座「仏画を描こう」で講師をしていただいた伊藤眞里先生の指導で写仏に挑戦したのがきっかけです。
朝起き掛けに、5分でも10分でも気の向いた時間に机に向かいます。どんな色をのせようか、もっと濃くしようかなど、世の中のこと全部忘れて集中します。こんないい時間があるのだなぁと思いますね。
上手く描けたかどうかは別にして、無心になって仏様を描く・・・とても清々しい気持ちになることは間違いありません。これもアミーゴのお陰ですね!
皆さんも始めてみてはいかがでしょうか。
20170715201359.jpg
posted by mizuさん at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

楽笑寄席 第21回

楽笑寄席も21回を数えました。早いものですね。1回目は平成21年1月に行いました。都心に行かなくても、若手の落語家さんによる本格的な寄席をアミーゴで見られる!を合言葉に始めました。最初は年に2回を目標に開催しておりました。60人位のお客様を予定して広報しても、なかなか客席が埋まらず、ダイレクトメールを出して集客に汗を流したものでした。その後、平成25年度から年3回に増やし、今では年4回行う年もあります。落語人気もありますが、入間市では多くの場所で落語会が開かれ、お客様も増えてまいりました。アミーゴでは、直接都心の落語会へ足を運び、有望な若手落語家さんを吟味してお呼びしています。落語会も多い中、出演者はもとより、これからは会場の雰囲気づくりや舞台の運びなど「やっぱり落語はアミーゴに限る!」と言わせるような寄席づくりをしないといけないと思います。アミーゴの良さは、とことんこだわることにあると思っています。
今回は、柳亭市楽さん。落語協会会長市馬さんのお弟子さんです。井戸の茶碗はよかったです。今後が楽しみな落語家さんですね。今回は、スタッフ皆と打ち上げもしました。楽しいひと時が過ごせました。
DSC07845.JPG DSC07860.JPG
posted by mizuさん at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

嵐山史跡の博物館

嵐山にある県立の博物館。関越自動車道の東松山インターを降りて、嵐山、小川方面に向かって10分ほど走ったところにあります。鎌倉時代の館(菅谷館)があったところに建っています。館のあるじであったと伝えられる畠山重忠をはじめとする武蔵武士と板碑など中世の遺跡などについて展示があります。先日東松山に用事があって出かけたのですが、時間を間違えてしまい、どうしたものやらと考え、思いついたのが、この博物館でした。何度か見学したことがありましたので、時間つぶしにと思っていったのですが、ゆっくり見学でき、比企郡の中世の歴史に興味を持ちました。菅谷館だけでなく、多くの館があり中世の武士の活躍も入間の金子十郎家忠にもつながり、興味のあるところです。比企地域の館や史跡を巡る冊子を購入してしまいました!どのまちでも、地域を知らせるためにいろいろな取り組みをしてますが、まず、歴史を知ることがスタートだと思います。私たちもまだまだ入間のこと知らないんじゃないかなと感じました。
たまには、こうした時間も必要だ〜と感じました!
20170705_072154.jpg sugayayakata01.jpg
posted by mizuさん at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

いるま狂言会

25日日曜日、入間市産業文化センターで「いるま狂言会」を開催しました。ずーとアミーゴで大蔵流狂言山本会の皆さんによる公演を行ってきましたが、昨年、入間市市制50周年を記念して産業文化センターで開催したのをきっかけに、今年も産文センターでの開催といたしました。
演目は、「棒縛」「通円」「鎌腹」。狂言は、能ほど難しくはないのですが、それでも分かりやすいもの、難しいものがあります。今回通円は少し難しい者の部類だと思います。能の「頼政」からできているもので、お囃子、面を付けるなど能の要素が入っています。棒縛、鎌腹は大いに笑えます!毎年、番組作りには苦労しています。もう何度も鑑賞している方から今回初めての人までいるわけですから。2番は分かりやすいもの、1番は通好みのものも、と思っています。いつも、終わってからこれで良かったかなあ〜と悩みます。
DSC07409.JPG DSC07472.JPG
東次郎さんは、今年傘寿を迎えました。鎌腹のシテを演じましたが、動き、気迫、発声とも誰にも勝る演技に感服しました。最後は、予定に入っていない、仕舞も見せていただき会場の皆さんも感激していました。
DSC07535.JPG DSC07611.JPG

地方都市で、古典芸能の公演を定着させるのは大変な努力が必要だと感じます。アミーゴ開館当時、なかなかチケットが売れず、チラシをもってあちこち回り歩いたことを今でも思い出します。安易な方に流れがちな風潮の中、伝えなければならないものを粘り強く続けることの大切さと難しさ。東次郎さんから「理解していただくのは、続けていただくことなのです。アミーゴに感謝します」と言っていただきました。今回も、多くの人に良かったよ!楽しかった、と言われ、苦労はあるけどその分達成感もありました。さて、今後の取り組みをどうするか、仲間と考えていきたいと思います。
DSC07251.JPG DSC07500.JPG
前日の舞台づくりと休憩時のロビーでの写真展
posted by mizuさん at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

おいしい朝コンサート

アミーゴの新事業、「アミーゴで迎える おいしい朝コンサート」。一日のはじまりに、短くてもキラッと光る豊かな時間を・・・。プチモーニングとセット付きのコンサートで、おいしい朝を満喫し、元気に気持ちよく一日をスタートしてもらえたら・・・と企画しました。9時スタートで10時には終了です。テーブルクロス、ランチョンマットを整えておいしいコーヒーとパン、果物を用意しました。パンは、スタッフで市内の評判の手づくりパン屋さんを探して出すことにしました。まず、5月から3か月連続で開催します。すでに5,6月が終了しました。お陰様で定員30人の席がすぐにお満席となりました。コンサートは、ピアノ、アルパと続き今後マリンバ、チェロを考えています。
DSC06552.JPG DSC06978.JPG
これは、「朝活」を音楽でと、アミーゴの音楽ディレクターさんが企画したものです。今の「風」を読みながら、事業に反映させていくことは、アミーゴの理念にかなうものです。これからも様々な事業を企画していきたいです!
DSC06960.JPG DSC06972.JPG
posted by mizuさん at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

史蹟旅行 備後福山

例年の史蹟旅行が5月27,28日と行われました。今年は備後福山です。私の同期は29日も尾道を散策しました。
初日は、鞆の浦のホテルからボランティアガイドさんの案内でまち歩きをしながら…福善寺対潮楼…太田家住宅・・・常夜燈…保命酒…安国寺を回りました。そして夜は花火大会見学!ところで、このガイドさん、80歳を過ぎたおじいちゃんなんです。ビックリですが、とても親切丁寧に説明してくれ、まさにアクティブシニアの活躍だと感じました。今回の旅は、瀬戸内の景色と常夜燈を楽しみにしてましたが、本当に美しい風景に出会え念願がかないました。
《福善寺対潮楼》
福禅寺の本堂に隣接する対潮楼は、江戸時代の元禄年間(1690年頃)に創建された客殿で国の史跡に指定されています。座敷からの海の眺めは素晴らしく、1711年、朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」と賞賛。1748年、洪景海は「対潮楼」の書を残しています。
DSCN7179.JPG DSCN7180.JPG
《太田家住宅》
1991(平成3)年に国の重要文化財指定を受けました。瀬戸内海を代表する往時の商家の佇まいを今に伝える、歴史的価値のある建造物群です。保命酒蔵や炊事場などよく保存されていました。
DSCN7195.JPG DSCN7202.JPG
《常夜燈》
これを見たくて、鞆の浦へ来たような感じでした。鞆港西側の雁木の南端に立つ常夜燈(とうろどう=燈籠塔)は、何と言っても鞆の浦の1番のシンボルです。「安政六年己未七月」(1859年)に建造されました。
DSCN7211.JPG IMG_20170527_205037.jpg
《安国寺》
1273年(文永十年)に釈迦堂(仏殿)を、翌年に阿弥陀三尊像を造立した『金宝寺』が、備後安国寺の前身です。鎌倉時代の優れた建物と仏像が、安国寺の長い歴史の重みを物語っています。
DSCN7228.JPG
《鯛網観光》
鯛網は、鞆の浦に約380年も伝わる伝統漁法です。外洋で冬を過ごした鯛は初夏、豊後水道・紀伊水道を抜けて、産卵のため波穏やかな瀬戸内海中央部の鞆の浦沖へとやってきます。手船という小さな船で弁天島の弁財天に祈願して出漁。古式そのままに網がしぼられます。これを観光船から見学するというのが、「鯛網観光」です。ちょうどこの日が最終日で。それに合わせて花火大会が行われるのだそうです。

《鞆の浦弁天島花火大会》
鞆の浦に浮かぶ弁天島の夜空にスターマインなどの花火が打ち上げられ、海上に映える多彩なイルミネーションは、港町ならではの情緒を醸し出します。幻想的な光の競演を満喫しました。
DSCN7251.JPG
二日目は、明王院そして広島県立歴史博物館を見学しました。暑い日となり階段を上ったり、広い公園を歩いたりと気持ちは若いお年寄りには大変でした。
《明王院》
807年(大同2年)、弘法大師の開基と伝えられています。本堂は全体に和様、細部には唐様を用いた折衷様式で、この様式としては現存する最古の建物です。五重塔は、全国の国宝塔の中でも5番目の古さをもつ美しい塔です。
ちなみに5番目とは、法隆寺・室生寺・醍醐寺・海住山寺に次ぐものなのです。結構難問でした。
DSCN7335.JPG DSCN7326.JPG
《広島県立歴史博物館》
瀬戸内の歴史をテーマにした通史展示や,中世の港町「草戸千軒町遺跡」の発掘調査成果の展示をしています。ということで、「ふくやま草戸千軒ミュージアム」とも呼ばれています。1673年の洪水で、草戸地域の千軒の町屋が押し流され、その遺跡が中世の街並みがそっくり埋もれていることが分かり学界の注目するところとなったとのことです。
IMG_20170528_100218.jpg
《福山城》
徳川幕府から西国鎮護の拠点として,譜代大名水野勝成が元和5年(1619年) 備後10万石の領主として入府し元和8年(1622年)に完成した城で、江戸時代建築最後の最も完成された名城としてたたえられていました。明治6年(1873年)に廃城となり、多くの城の建物が取り壊され,更に昭和20年(1945年)8月の空襲により国宝に指定されていた天守閣と御湯殿も焼失しました。その後昭和41年(1966年)の秋に市制50周年事業として天守閣と御湯殿、月見櫓が復原されました。
IMG_20170528_105739.jpg
この後、昼食をとって福山駅で解散しました。「来年は天橋立で会いましょう」となりました。元気でまた皆さんと再会したいと思います。
解散後は、同期の5人と先輩後輩一人ずつ計8人で、レンタカーを借りて尾道へ。まずは高台の千光寺公園に車を止め、坂道の家々やお寺を見学しながら下り、ロープウェーでまた千光寺公園に戻り、今度は少し離れた西國寺を訪ねました。
本当に「坂のまち」とは聞いていましたが、初めての尾道体験でびっくりしました。車は通れないし、急だし、生活できるのだろうかと。
千光寺公園からのしまなみ海道の眺め、天寧寺の三重塔、艮神社、西國寺三重塔と瀬戸内の景色を堪能しました。
IMG_20170528_142122.jpg IMG_20170528_142830.jpg
宿泊は「西山別館」。この地で1943年に創業して以降、文豪や著名人に愛されてきた由緒ある老舗宿。瀬戸内の山海の幸が散りばめられた季節の料理に舌鼓。( ^)o(^ )

三日目、29日は浄土寺を見学してから、しまなみ海道を渡り因島・村上水軍城、生口島・向上寺と巡りました。
《浄土寺》
616年、聖徳太子の創建と伝えられるています。足利尊氏が九州平定や湊川の戦の際、戦勝祈願をした寺としても有名です。
「本堂」「多宝塔」は国宝、「山門」「阿弥陀堂」は国重文、境内一帯は国指定文化財に指定されています。
境内で腕のような木片を発見しました。実はこれ、多宝塔の軒先の角を支える鬼の腕なんです!取れて下に落ちていたのです(≧▽≦) 国宝です!寺務所に届けましたが…びっくりですね、こんなこと史蹟巡りをしていて初めてのことです。
IMG_20170529_091431.jpg
《因島 村上水軍城》
日本遺産に認定された「村上海賊(村上水軍)」の貴重な資料を展示した、日本で唯一の水軍城。南北朝時代から室町・戦国時代にかけてこの地で活躍した村上水軍の甲冑や刀剣、戦術を記した巻物などの資料がありました。
IMG_20170529_110238.jpg
《生口島 向上寺》
入り口が分からず車で細い道を走り回りました。長い坂道と石段を登ってたどり着きました。永享4年(1432年)に当時の生口島の領主小早川信元・信昌によって建立された国宝三重塔。室町時代の禅宗建築の粋を集めた、唐様式、和様式の折衷で建てられ、この時代のものの中では最も美しいものの1つに数えられています。
IMG_20170529_120705.jpg
最後に生口島の「漁師の店しまー」であなご丼、タコ飯を食べて旅の締めくくりをしました。小さな島の食堂って感じの店で、出てきた親父さんと女将さんがひとしきり味自慢をしてくれました。
できれば「しまなみ海道」を四国まで行きたかったですね〜。次回のお楽しみとしておきます。
精気を養ったところで、またアミーゴの事業を充実させていきたいと思います。
posted by mizuさん at 10:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

NPO第11回総会・交流会

5月23日(火)、NPO法人入間市文化創造ネットワークの総会を開催しました。もう11回目となります。
28年度は、入間市制施行50周年と同時に、アミーゴ開館15周年の記念の年でもありました。また、アミーゴの基となる仏子模範工場が建設されて100年の記念の年でもありました。そこで、これから数年を見据えて、以下の目標を立てました。
・ネットワークづくり…新たな機関、団体、人と関係づくりを進め、事業に活力を求める。
・新事業の開拓…今までの事業を棚卸し、ニーズに合った事業、先進的な事業を計画する。
・地域のコミュニティの場としてふさわしい賑わいと空間を演出する。
・アミーゴの建物と歴史を再認識し、文化的価値をアピールする。
ネットワークづくりでは、博物館アリット、西武鉄道、埼玉県、絹と木綿のものがたりフォーラム参加団体など多くの団体と連携が図られました。
新事業でも西洋館でのコンサート、織物と建物を活用した事業などに取組みました。総会でこれらを報告でき、会員の皆さんに心から感謝でした。
今年度もこの目標を堅持し、プラス広報に力を入れて、質の良い文化芸術の提供とコミュニティの創造に邁進したいと思います。
DSC06696.jpg DSC06730.jpg
そして、なんといってもアミーゴの名物、交流会です。私は、「入間市中どこをみても、こんなに内容があって楽しいとこはない!」と思わせる総会と交流会を開催したいと密かに思っています。約2時間飽きることなく、「アミーゴを感じられる」交流会を演出します。今年も、アルパの演奏、劇団アミーゴミニ公演、狂言師の謡披露、そして来賓の方々から感想を一言ずつ。
今年も思い出に残る総会でした。
IMG_20170523_195527.jpg IMG_20170523_201253.jpg
posted by mizuさん at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする