2021年01月13日

祈コロナ終息イルミネーション

また、緊急事態宣言が発令されました。アミーゴの貸館も2月7日まで停止となりました。アミーゴの本館前にイルミネーションを昨年末から点灯しています。コロナ感染症の終息を願って・・・
20210109171933_p.jpg 20210109170800_p.jpg
posted by mizuさん at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

令和三年元旦 所感

昨年は、コロナ感染症に尽きた一年でしたが、私たちに大きな教訓を残してくれました。それは、今までの踏襲で安易に物事を進めることが、いかに危険であるかを。それは、ビジネスから生活全般に及びました。安心安全安定、節約、本物志向、公共への関心、家族愛、近隣志向と価値観が大きく変化して、生活スタイルは一変していきます。今後、文化施設「アミーゴ」が生き延びる道は、これらの人々の価値観の充足をアミーゴを介してサービスとして提供していくことだと考えます。その方策を研究し企画し実現していくためには、実験を繰り返し、成果を出していくほかありません。そのプロジェクトは、日々進めています。
違った味のアミーゴを是非ご賞味いただきたいと思います!

さて、昨年一年を5大ニースで表すと。
1.アミーゴ、3〜6月休館となる。
2.アマビエアートプロジェクトが好評。新聞各社、NHKに取り上げられる。
3.総会が書面表決により開催することになる。
4.遠くより近くへキャンペーン。施設内で楽しむ企画作りスタート。
5.マスクプロジェクトで地域貢献。
どれ一つ取っても開館以来忘れることのできない出来事と企画です。この一年を無駄にすることなく糧として、2021年の幕明けと共にさらにアミーゴを発展進化させていきたいと考えます。
posted by mizuさん at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

ベートーベン生誕250周年

今年は大作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生誕250年のメモリアル・イヤーです。1770年に生まれ1827年3月26日永眠。56年の生涯でした。死の瞬間、閃光と共に雷鳴が轟き、楽聖は右手を上げ、拳を握りしめたと言われています。密度の濃い人生だったと思います。作曲家にとって、命とも言うべき聴覚を失いながらも、数々の名曲を生み出し、やがて“楽聖”として称えられています。
アミーゴでも、今年一年を通じてベートーベンをテーマに事業を展開しようと計画していました。残念ながらコロナウィルス感染症の影響で、やっと12月になって13日その一つ「ルミノーゾ合奏団」による演奏会が行われました。曲目は、ロマンス第2番op.50、弦楽四重奏曲第4番op.18-4、 ピアノ協奏曲第3番op.37  生の音楽は人を元気に優しく包んでくれますね。私も久しぶりのコンサートに癒されました。
19日には「アミーゴで学ぶベートーベン」と題して、武蔵野音高の伊東先生による解説と音高の生徒さんの演奏を楽しみました。伊東先生のお話はとても楽しく、数年前からこの解説と演奏付き学習会を考えていまして、今回実現できてとっても嬉しかったです。「田園」は改めていいなぁと感じました。
困難な一年でしたが、少しずつ地域の皆さんやアミーゴファンの皆さんに音楽の魅力を伝える事業を行っていきたいと思います。
PC138467.JPG PC138582.JPG PC198901.JPG PC198924.JPG
posted by mizuさん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

狂言三人会

12月4日金曜日、大蔵流狂言師山本泰太郎さん、則孝さん、凜太郎さんによる「狂言三人会」を開催しました。
本来ならば、本年6月に山本東次郎師を迎えて「いるま狂言会」を開催するはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により中止を余儀なくされてしまいました。本年度の公演は諦めて…と考えておりましたが、多くの方から「残念だ、何とか山本狂言を観たい」との声を頂きました。そこで、スタッフと山本泰太郎さんで相談し、入間から狂言の炎を燃やし続けようと泰太郎、則孝兄弟、そして泰太郎さんのご子息である凜太郎さんの三人による会を開催する運びとなりました。演目は、「茶壷」「地蔵舞」です。

例年の狂言会とは違ったアミーゴらしい内容をと考え、狂言のほかにワークショップで狂言の歩き方走り方など所作の体験やトークを交えて三人とお客様との距離を縮める工夫などしてみました。お陰様で古典芸能ではありますが、和やかな雰囲気で進めることができました。また、来年6月26日(土)には、入間市産業文化センターにて「いるま狂言会」を開催する予定ですので、期待を持っていただけるようにと。東次郎師からはビデオでメッセージを頂きました。

ちなみに、茶壷は、初夏の演目のように感じますが、「口切り」といって、新茶を入れた茶壷の封を切るのがこの季節だそうです。初夏に摘んだ新茶が詰められ、封をして、茶家の元に届けられます。「口切の茶事」では、この茶壺の封を切って、当年初の濃茶を点てます。「口切りや南天の実の赤きころ」と夏目漱石が詠んでいる通り、11月は炉開きの時期でもあり、「口切の茶事」では、当年初の新茶を口にできる喜びを分かち合う祝意を持って執り行われることから、茶人の正月と言われているそうです。
PC048226.JPG PC048202.JPG PC048284.JPG
posted by mizuさん at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

秋深まるアミーゴ

11月は、雨も降らず暖かい日が続きました。ここにきて朝晩だいぶ冷え込んできました。アミーゴの庭も秋から冬の季節に移ろうとしています。色づいたイチョウの葉もだいぶ落ちはじめました。入間川にはサギが飛来し、寒そうにたたずんでいます。この様は、とっても心を穏やかにしてくれますね。
もう師走。コロナの第三波の感染拡大と報道される中ですが、感染防止対策を講じながら、狂言会、コンサートと事業は続きます。
20201107130125_p.jpg 20201129141749_p.jpg
posted by mizuさん at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

ハロウィン2020

コロナ禍の中ですが、今年もアミーゴハロウィンを開催しました。感染予防を考えて募集人数も半分にして、子ども31人、保護者27人の参加で行いました。今回は皆さんに動物の仮装で参加をお願いしました。防塵マスクに絵を描いてもらい着用してもらいました。これも予防対策の一つ!良いアイデアでした。埼玉県の芸術文化ふれあい事業の助成も受けてパントマイムのショーも楽しみました。パントマイムのワークショップやゲーム仕立てのポイントラリーを楽しみました。みんな大喜び。日頃からコロナ感染予防の対策を実施し、トライアルしてきた成果です、やって良かったと感じたひと時でした。
ハロウィン2020-1.jpg 20201031163343_p.jpg 20201031164130_p.jpg
posted by mizuさん at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

飯能散歩 メッツァ

久しぶりに散歩。ステイホームの3,4月はよく歩きましたが、この頃はあまり歩かず、コロナ太りが心配。そんな訳で、飯能のメッツァ周辺を散策しました。メッツァは、思いのほか人が出ていました。飯能市内のお店がだんごやまんじゅう、アユの塩焼きなど10店位広場に出店し、賑わいを持たせていました。小さな子どもを中心に若い人たちが楽しんでいましたね。コロナ禍の中にあって、大変な時期ですが、観光や賑わいの参考になります。いかに人を楽しませるか、日々忘れてはならないことです。
オーストリアのクラフトビールを頂きました!昼間のお酒は美味しいですね〜。近くを流れる小畔川の辺りは稲の天日干しがあり、のどかな風景でした。大切にしたい里の情景ですね。
20201024113305_p (2).jpg 20201024125532_p.jpg
posted by mizuさん at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

ハンドメイド体験

10日土曜日、「ハンドメイド体験&マルシェ」を開催しました。またまた台風がやってきました。昨年から我々が野外でイベントをやろうとすると台風が来たり大雨となるのです。今回も台風14号の接近です。二日前にマルシェの部分は中止にし、屋内でハンドメイド体験のみ行うことにしました。タイルのコースターづくり、レジンアクセサリー、スワロスキー、スクイーズデコ、簡単おもちゃ作り、タッセル、コマづくりなど7店が参加してくれました。
雨の中、約200人の方が来てくれました。低学年の子どもたちが多く、熱心にハンドメイド体験をしました。イベントは、どのくらい多くの人が参加するかが成功の是非のように思われてきましたが、コロナ禍の中、アフターコロナの事業を考えたとき、このような小規模で、ゆったりとして、出店者や参加者とコミュニケーションが取れるイベントは重要ではないかと思えました。アミーゴでは、コロナ後を考え、工夫を凝らし、臆せず事業にトライアルし、ニューノーマルに即した事業を開発していきたいと思っています。
20201010135713_p.jpg 20201010114510_p_001.jpg
久しぶりの体験イベントに感激しました。
posted by mizuさん at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

地域の未来を考える制作プロジェクト会議

埼玉県は彩の地方創生・圏域連携推進事業として、「地域の未来を考える政策プロジェクト会議」を10地域で開催しています。これは、超少子高齢化などの地域課題に対応するため市町村や民間団体とが議論し、地域活性化に向けた取り組みを実施していこうとするものです。アミーゴも前回の会議から参加しています。今回は10月2日に行われました。会議では、東所沢に展開するKADOKAWAさんの「武蔵野回廊観光構想」、JAFさんのマイクロツーリズムの連携企画の話がありました。二つとも全国展開する企業だけあって魅力がいっぱいでした。
コロナウイルス感染症の影響で在宅時間が長くなり、家族や地域といった身近なところに価値を見出すことが大切になってきました。私たちは、地域の魅力を連携して発見し、創造していくことで、市民住民の皆さんが「住んでよかった、いい街だ」と思える取り組みをもっと積極的に行っていかなければ、と思います。こうした会議は、コロナで沈んだ気持ちを高揚させてくれますね。
会場は、飯能の能仁寺さんの敷地内にできた「(株)OH!!!」さんのパリシャキ研究所でした。ここは、コンビニに漬物などを提供する会社が運営する発酵食品のテーマパークです。飯能は、面白いところが増えてきました。県西部で、こうした施設をつなぎ活性化できたらいいなと思いました。もちろん、アミーゴもつないで!
20201002160900_p.jpg 20201002160903_p.jpg
posted by mizuさん at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

野菜朝市

今、新しいアミーゴの施設活性化の方法を模索しています。エントランス車寄せでのインフォメーション展示、アミーゴ発着のポタリングコースガイドの発行など次々と提案実行しています。その一つとして日曜朝の「野菜朝市」も頑張っています。日曜の朝10時過ぎから地域の朝採れ野菜を近隣の皆さんに提供しています。ただ販売するのではなく、アミーゴや地域の話題で暫しのサロンができています。人と人とのつながりがアミーゴの魅力に欠かせない重要な要素だと感じます。多くの応援団ができて、とてもうれしく思っています。
そんなにたくさんの量ではありませんが、是非㈰朝10時、アミーゴに寄ってください!
20200705100923_p.jpg 20200705100938_p.jpg
posted by mizuさん at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする