2016年12月17日

エントランスアート杉本聖奈

12月、1月のアミーゴのエントランスアートは杉本聖奈さんの立体絵画です。ほのぼのとして、温かい作品です。聖奈さんは、聴覚障害を持っています。でも並外れた感性が作品を通して感じられます。是非見ていただきたい!
DSC_2439.jpg DSC_2442.jpg
聖奈さんのホームページからプロフィールを紹介します。
『先天性聴覚障害とアスペルガー傾向(自閉症スペクトラム障害)を併せ持って、人とは少し違った時間の中で成長してきました。物事や人との繋がりを理解するために大切だった絵カードの世界。でも、目の前で起こることをつかまえられずにもどかしかった私。もっと知りたい、もっと伝えたい。言葉が満たない子供の目線のまま、日常の何気ない生活を絵カードのように切り取って、どこまでもほのぼのと描いています。
どうぞよろしくお願い致します。 』
posted by mizuさん at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

奈良京都の紅葉

11月20〜22日、史蹟の仲間5人で奈良、京都を巡ってきました。
《初日》
まず、東大寺ミュージアムからスタート。平成23年に開館した東大寺ミュージアムは、奈良天平の創建から江戸まで連綿と続く長い歴史の中で生み出された彫刻、絵画、工芸品などを紹介しています。とても見やすい博物館です。
今回、観光に1 Day Passというバス券で回りました。レンタカーもいいのですが、何せ紅葉シーズン真っ盛りですから渋滞の中の運転は・・・ということで。

春日大社宝物殿
続いて春日大社宝物殿へ。行っているようであまり行かない所なのですよ、春日大社って。今回、社殿ではなく今年10月にリニューアルした宝物殿に行きました。春日大社は国宝352点、重要文化財971点をはじめ多くの文化財を所蔵していますが、これら王朝の美術工芸、日本を代表する甲冑や刀剣など国の宝の数々を見学するにふさわしい施設です。出かける前にちょうどテレビで豪華な飾り金物で知られる国宝の赤糸威大鎧(あかいとおどしおおよろい)、 黒韋威胴丸(くろかわおどしどうまる)を放映していまして、これを見るのが楽しみでした。日本の甲冑の代表として 様々なメディアで紹介されています。
さて、今回この場所で、学生時代の友人二人と連絡が取れて、30年ぶりくらいに会うことができました。学生時代毎日のように話をし、旅行に行った奴です。電話では何度か話をしていましたが、本当にうれしい限りでした。ヘルニアを患って入院していたとか、お互い年を取りましたからね。まだ現役で自分の会社を切り盛りしているようです。宝物殿の喫茶室でゆっくり話をしました。
DSC_2443.jpg
ささやきの小径 新薬師寺
友人と別れ我々は、ささやきの小径を歩いて新薬師寺へ。雨降りの後でひっそりとした道の両側にはアセビの木が繁りとても物思いにふけるにはいい所です。新薬師寺は、何といっても十二神将です。境内も落ち着きますが、仏像はいい。奈良らしい良さがそこにあります。そして、仲間が新聞に「新薬師寺の片隅にある石仏が手塚治虫の火の鳥の最終ページと同じ」と書いてあったと、その新聞を持ってきたので、確かめようと。はじめは分からなかったのですが、寺の方に聞いて発見しました。旅は、行くたびに違う体験をさせてもらえます。仲間旅行の醍醐味です。暗くなった寺を後に今夜の宿「ウエルネス飛鳥路」さんへ向かいました。
DSC_2267.jpg
宿の食事はやめて、ならまちまで30分ほど散歩しながら140年前の町家を改造したウナギ料理店「江戸川」で夕食です。 飛鳥鍋のコースを予約していました。牛乳を使用した飛鳥鍋はとても美味しかったです。
先輩二人は、足が痛い、膝が痛いとタクシーでご帰還でした。私はもちろん歩いて帰りましたよ!
DSC_2274.jpg DSC_2279.jpg
《二日目》
DSC_2446.jpg
さあ、出発!朝の写真
永観堂
食事を済ませて京都へ向かいました。京都でもバスを利用し、まず東山、永観堂へ。私、始めてなのですね、永観堂。数ある京都紅葉名所の中でも、古今和歌集に「モミジの永観堂」と詠まれるほどの紅葉の美しさで知られています。永観堂は通称で禅林寺というのが正式名だそうです。堂というので、小さいところを想像していましたが、とても広い境内でした。見渡す限り紅葉です。見返り阿弥陀という珍しい仏さまもありました。立像で向かって右を向いているのです。
しかし、凄い人!中国の人も多かったです。
DSC_2283.jpg DSC_2290.jpg DSC_2305.jpg
霊鑑寺
永観堂を出て昼食をすませ、哲学の道を歩いて霊鑑寺へ。臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として創建。「谷の御所」と呼ばれています。春と秋に特別公開されるのですが、春のツバキもとても綺麗だそうです。
DSC_2310.jpg DSC_2313.jpg
安楽寺
霊鑑寺の隣に位置する安楽寺。ここも普段は非公開、春と初夏、秋に公開されます。この時期のよいところは、混んではいますが非公開のところが見学できることですね。法然上人のお弟子である住蓮上人と安楽上人が「鹿ヶ谷草庵」として念仏布教の道場とされたのがこのお寺のはじまり。のちに法然上人が復興させ「住蓮山安楽寺」と名付けられたとのことです。茅葺の山門前の参道に散紅葉が敷き詰められた様子が素晴らしいとありましたが、早い時間でないと拝観者が歩いて見られないそうです。やはり、私たちが行った午後では・・・残念。
この寺には、鈴虫、松虫という後鳥羽上皇の女官をしていた姫の物語もあります。鈴虫松虫については、みなさんお調べください(笑)
DSC_2316.jpg
法然院
安楽寺からほどなく法然院に着きます。浄土宗の山寺です。東山は低い丘陵であり、周辺は住宅街となっています。 それなのに、なぜか山中の趣があるのは、俗気の少ないこの寺を包む雰囲気によるのかもしれません。落ち着いた気分になれますね。法然院は、多くの文人や学者によって、その閑寂さを愛されました。境内には河上肇、谷崎潤一郎、内藤湖南、 九鬼周三、福田平八郎、稲垣足穂などの墓があります。
DSC_2319.jpg DSC_2322.jpg
銀閣寺
誰もが知る銀閣寺。やはり門前から多くの人で賑わっていました。迷いましたが、次何時訪れることができるか分からないからと、拝観いたしました。
銀閣寺は、室町幕府八代将軍足利義政(あしかがよしまさ)が建てた別荘がもとになっています。義政は、茶道や華道、建築、絵画、芸能など、多くの文化を手厚く支援したことで有名な文化人。東山文化の象徴ですね。アミーゴでも毎年公演している「狂言」もこの時代に発達したものです。
よく金閣寺と比較されますが、私はどちらも大好きです。金箔の金閣も侘びの銀閣もとってもいいところだと感じています。ただ人が多すぎですね。やはり、昔はよかった〜となってしまします。
DSC_2324.jpg DSC_2330.jpg
二日目の見学はここまで、バスで国際会館へ向かい、そして本日の宿八瀬のエクシブへ。
夕食は湯葉懐石「ゆば泉」
やはり、この日も夕食は外で。国際会館近くの湯葉料理を堪能しましたぞ!
DSC_2336.jpg DSC_2340.jpg
DSC_2444.jpg
《三日目》
まず、朝の散歩は近くの瑠璃光院の方へ。びっくり仰天!拝観料なんと2000円と書いてありました。ここは、あまり知られていない紅葉も綺麗で手入れの行き届いたお寺なのです。4,5年前に行きましたが、本当に良い寺でした。すでに開門待ちの方が二人いるほどでしたから、大分知られてきたんでしょうね〜。
私たちは、この日、鷹峯を見学場所にしました。
DSC_2343.jpg DSC_2347.jpg
鷹峯 光悦寺
懐かしいです。学生の時、史蹟研究会で光悦を研究課題にしました。本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)は、桃山・江戸初期の芸術家です。京都の刀剣の鑑定、とぎを家業とする本阿弥家に生まれました。寛永三筆の一人で、書や蒔絵、陶芸に独自の芸境を展開しました。徳川家康から鷹峯三山(鷹ヶ峰・鷲ヶ峰・天ヶ峰)が見られるこの地を拝領し、一族、工匠と移住し光悦村を作りました。アミーゴの原点のような思考ですね。私には、感動を覚える地です!
光悦の死後、草庵を日蓮宗光悦寺としました。
本堂の渡り廊下をくぐり進むと幾つかの茶室で構成された庭園があります。庭園には、竹で組んだ有名な光悦垣があり、紅葉と絶妙のコントラストを生み出しています。境内には、7つの茶室と竹を菱型に組んだ光悦垣など興味深いものがいくつもあります。
特に本阿弥庵で休憩しながら眺める鷹峯三山の景色は絶景です。
DSC_2350.jpg DSC_2353.jpg
源光庵
光悦寺からすぐ近くにあります。本堂の廊下の天井は、鳥居元忠が自刃した時の伏見城の遺構と伝えられ、俗に「血天井」と呼ばれています。内部の丸窓は「悟りの窓」、角窓は「迷いの窓」と呼ばれ、いずれも仏教の心理を表しているものです。なかなか落ち着いていい雰囲気でした。でも、やっぱり人多い!
DSC_2363.jpg DSC_2358.jpg

鷹峯から下賀茂にバスで移動しました。
旧三井家下賀茂別邸
京都市左京区・下鴨神社の南部にある「旧三井家下鴨別邸」は平成23年重要文化財に指定されました。今年10月からははじめて一般公開されることとなりました!また、特別公開として平成28年11月19日(土)〜12月4日(日)の間、二階や三階・望楼部分も見学できるのです。この情報、30年振りに会った友人安田君から春日大社で貰った情報です。三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衞門高棟(たかみね)によって建築されました。NHKの朝ドラ「あさがきた」のあさの家も三井家11家の一つで、あさの手紙が残されていました。三階の望楼は、三畳半で1回の見学は12人。40分も待って上がりました。窓からは大文字が東に望め、送り火をここから眺めたんだなぁと。三井家の歴史を伝える素晴らしい建築は内装もとても見事で、美しい庭も必見ですね!是非行ってみてください・・・あ、もう終わってしまいましたね・・・。
DSC_2371.jpg DSC_2368.jpg
その後、東寺に行こうとしたのですが、道路が混んで時間的に間に合いませんでした。そして、みなお疲れのようで・・・。
しかし京都駅でゆっくりとお茶・・・お酒を友に三日間の旅を振り返り、楽しく話ができました。

また、来年楽しい旅ができますように!皆に感謝!
posted by mizuさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

師走になりました

もう12月です。今年は、市制50周年、アミーゴ開館15周年、そして絹と木綿のものがたりフォーラムなど大型の事業があって、休む間もなく過ぎてしまった感じです。いろいろな人に会って、いろいろな話を聞きました。この歳になって、まだまだ勉強が足りないなぁと感じる次第です。
3日に、「第九を楽しむ講座」博物館での「劇団アミーゴJU-RO公演」がありました。これで少しは落ち着いたかなと思います。12月は少しアミーゴのお掃除をしようと皆と話しています。
アミーゴの車付け玄関には雪だるまのサンタさんが投影されています。もうすぐXmasですね。
DSC_2377.jpg
posted by mizuさん at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

絹と木綿のものがたりフォーラム

ブログのも何度か書き込みました「絹と木綿のものがたりフォーラム」を11月19日(土)開催いたしました。雨模様との前日からの予想で、急遽会場設営を変更し、室内中心の開催としました。計画では体験ワークショップ、物販んの販売は屋外でテントを立てて行う予定でした。非常に残念でした。しかし、昼頃から雨も止み、県内はじめ高崎、八王子、青梅、横浜の織物やその文化を活用したNPOや企業が参加集合し、多くの来場者で盛会に開催できました。
午後1時からの埼玉大学田村均教授の「絹と木綿がつくった−遺産と文化をつなぐ、100年後のアミーゴの挑戦」、埼玉県神社庁学芸員高橋寛司さんの「養蚕と猫‐民俗信仰」と題した講演には100人を超す方が話に聞き入ってくれました。
DSC03910.JPG DSC03820.JPG
その他、劇団アミーゴの演劇、三味線の公演、そして着付けや座繰り、手織りなどの体験コーナー、物販、飲食コーナーと盛りだくさんの内容で、楽しみながら「織物」に関心を持ってもらえたと感じました。目的である団体の連携と広域的な観光やまちづくり、コミュニティの場の創造が少しでもできたのではと思います。また、来場者の興味と関心が地域の記憶を次世代へ伝えていく力となってくれると感じました。
DSC03848.JPG DSC03855.JPG
今回のフォーラム実施については、NPO法人きもの散歩の藤井さんの助言やエネルギーをもらうことで埼玉県の補助金や広域的な団体とも連携が取れたと感じています。また、市内の「入間市の文化遺産をいかす会」の石川さん、「石川家の人々を読む会」の染井さん、飯能市の「飯能の文化遺産を活かす会」の浅野さん、日高市の「高麗1300」の笹崎さんのご協力も本当にありがたく、感謝しています。良い関係、連携ができたと思います。
また、こんな事業ができたらと思っています。
posted by mizuさん at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

歌舞伎座 中村芝翫襲名公演

久しぶりに歌舞伎座へ。歌舞伎座は1889年(明治22年)に開場しました。2013年に新しくなるまで、4回の建て直しをして現在5代目となります。銀座にあの建物は異彩を放ちますね。完成時にすぐに行った時と比べ、少し落ち着いた感はありましたが、多くの人で、入り口前の歩道は大混雑でした。
今回は、中村橋之助親子4人が全員襲名し、その披露公演です。芝居は、「祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)」親獅子と仔獅子の精が現れ、豪放な狂いを見せ、勇壮な毛振りで舞い納めるもの。能の「石橋」をもとにしたもので、親子の厳しくも温かい情愛を描いた舞台は、親子襲名披露にぴったりでした。松本幸四郎、染五郎親子、片岡仁左衛門もよかったです。
昼の部でしたので、夜の口上の場が見られなかったのが残念でしたが、独特の歌舞伎座の雰囲気を感じてきました。
橋之助は八代目芝翫を襲名しますが、それより女優三田寛子の夫という方があっているように感じますね。彼女の最近のテレビ出演の多さがそれを感じさせます。
DSC_2256.jpg
posted by mizuさん at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

仏子小・西武中連携落語鑑賞会

仏子小学校と西武中学校の小中連携事業の一つとして、今年で3回目となる古典芸能鑑賞会を仏子小体育館で開催いたしました。アミーゴのある仏子地区の子どもたちの健全な育成と文化芸術の担い手としての教養を身に着けてもらうことを目的に「本物」を鑑賞してもらっています。まず地域からを合言葉に地元の学校との関係を密にし、文化芸術面での支援を行っています。この会では、1回目狂言鑑賞会、2回目箏と尺八の演奏会、そして今回は桂文ぶん師匠と太田そのさんの三味線によるワークショップを含んだ鑑賞会でした。扇子を使ったうどんの食べ方、三味線のリズムで太鼓を打つなどのワークショップはとても楽しく、笑いの古典芸能の世界を学べたと感じました。最後に「牛ほめ」を一席演じてもらいました。子どもたちは本当によく笑っていましたね。地域によって全く「うけない」ところもあるそうで、仏子の子どもたちは素晴らしい!と絶賛されました。文ぶん師匠とは何回かお願いしている関係で、スムーズな運びで会が行われました。来年は何を子どもたちに紹介しようかな、と今から頭をひねっています。
DSC_2248.jpg
posted by mizuさん at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

入間市制50周年記念式典と劇団公演

5日、入間市が市制を敷いて50年の記念式典が市民会館で行われました。この第2部で劇団アミーゴが「振り子をゆらす力」と題し、記念講演を行いました。扇小学校の20人に上る子どもたちが主役となって上演しました。「時間」が病気になって、平安時代の金子十郎や明治時代の石川幾太郎が現代に現れたりし、それを治そうと50年後の未来の子どもたちが現代に来て、市民、市長、市職員で力を合わせ治していく・・・。さすが劇団アミーゴの作演出をお願いしている原田さん!の力作と感心しました。そして、子どもたちのパワフルな演技にも感動しました。夏から稽古を始め、今日の日を迎えました。終わった後の子どもたちの涙、達成感に満ちていましたね。良い経験をしましたね、未来の名優に拍手です!
私もちょい役で出させていただきました。思えば市制施行の記念式典の記念公演にはもう何回も関わらせていただいています。これからも文化芸術の力でまちの元気を多くの人に伝えていきたいと思います。
そう、私たち2部が得意なんです・・・。
DSC_2241.jpg DSC_2244.jpg
posted by mizuさん at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

アミーゴハロウィン2016

忘れてはいけないアミーゴの大イベントがあります。毎年好評のハロウィン!今年は、日程を組むのが難しく、万燈まつりの前の日になってしましました。130人の子ども、家族が集まってくれました。今年の目玉は、仮装コンテストです。たくさん応募があると思っていましたら、意外に7組。残念だと思いきや、始まってみると飛び入りが4組ありとても楽しいコンテストになりました。友達同士やファミリーなど皆さん趣向を凝らし、会場を盛り上げてくれました。審査員は、劇団アミーゴ演出家原田氏、アミーゴ評議員で脚本家池野氏、入間テレビ尾内氏そして私。審査に1時間かかりました。
そして今年も、たくさんのスタッフがお手伝いしてくれました。大妻女子大の学生さんも。これだけのイベントは多くのスタッフが必要です。協力してくれたみんなに感謝です!
DSC03499.jpg DSC03459.jpg DSC03310.jpg DSC03335.jpg
楽しい時間はすぐ終わります。入間市に住んで、家族が楽しく過ごせる場所やイベントを作ることが私たちの使命です。そして、入間っていいとこだね〜と思っていただくこと。これからもアミーゴの挑戦は続きます!
posted by mizuさん at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回入間万燈まつり

今年は、市制施行50年の記念すべき年でもあり、初日の夜に花火の打ち上げがありました。私も微力ながら祝賀花火制作員会のメンバーとして協賛金を集めさせていただきました。少しか風はありましたが、花火上げ日和。見事な大輪が秋の夜空に花開きました。私は、茶の花通りで観覧していましたが、集まった多くの人が打ち上がるたびに歓声を上げておりました。思わず拍手も。打ち上げるまでは、協賛金が集まるかとか、大変だとか準備に苦心しますが、いざこうして美しい夜空を見上げると、やってよかったなと思うものです。多くの市民が喜んでくれたと思います。少しでも関わりを持ててよかったと感じます。
DSC_2228.jpg
入間市では、続いて、50周年の記念式典が5日に行われます。こちらもセレモニーの後、2部で劇団アミーゴによる「今、未来が始まるとき」を上演いたします。今。稽古に余念がありません。
posted by mizuさん at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

娘の結婚

末娘が結婚式と披露宴を挙げました。鎌倉八幡宮で挙式、逗子マリーナで披露宴でした。三人の子どもたちが結婚し、親の務めを果たしたなぁと感じます。一番下の娘のせいでしょうか、やはり、寂しい・・・
幸せにと願うばかりです・・・
DSC_2125.jpg DSC_2133.jpg 1476942584545.jpg DSC_2128.jpg
posted by mizuさん at 15:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする