2016年11月06日

入間市制50周年記念式典と劇団公演

5日、入間市が市制を敷いて50年の記念式典が市民会館で行われました。この第2部で劇団アミーゴが「振り子をゆらす力」と題し、記念講演を行いました。扇小学校の20人に上る子どもたちが主役となって上演しました。「時間」が病気になって、平安時代の金子十郎や明治時代の石川幾太郎が現代に現れたりし、それを治そうと50年後の未来の子どもたちが現代に来て、市民、市長、市職員で力を合わせ治していく・・・。さすが劇団アミーゴの作演出をお願いしている原田さん!の力作と感心しました。そして、子どもたちのパワフルな演技にも感動しました。夏から稽古を始め、今日の日を迎えました。終わった後の子どもたちの涙、達成感に満ちていましたね。良い経験をしましたね、未来の名優に拍手です!
私もちょい役で出させていただきました。思えば市制施行の記念式典の記念公演にはもう何回も関わらせていただいています。これからも文化芸術の力でまちの元気を多くの人に伝えていきたいと思います。
そう、私たち2部が得意なんです・・・。
DSC_2241.jpg DSC_2244.jpg
posted by mizuさん at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

アミーゴハロウィン2016

忘れてはいけないアミーゴの大イベントがあります。毎年好評のハロウィン!今年は、日程を組むのが難しく、万燈まつりの前の日になってしましました。130人の子ども、家族が集まってくれました。今年の目玉は、仮装コンテストです。たくさん応募があると思っていましたら、意外に7組。残念だと思いきや、始まってみると飛び入りが4組ありとても楽しいコンテストになりました。友達同士やファミリーなど皆さん趣向を凝らし、会場を盛り上げてくれました。審査員は、劇団アミーゴ演出家原田氏、アミーゴ評議員で脚本家池野氏、入間テレビ尾内氏そして私。審査に1時間かかりました。
そして今年も、たくさんのスタッフがお手伝いしてくれました。大妻女子大の学生さんも。これだけのイベントは多くのスタッフが必要です。協力してくれたみんなに感謝です!
DSC03499.jpg DSC03459.jpg DSC03310.jpg DSC03335.jpg
楽しい時間はすぐ終わります。入間市に住んで、家族が楽しく過ごせる場所やイベントを作ることが私たちの使命です。そして、入間っていいとこだね〜と思っていただくこと。これからもアミーゴの挑戦は続きます!
posted by mizuさん at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第38回入間万燈まつり

今年は、市制施行50年の記念すべき年でもあり、初日の夜に花火の打ち上げがありました。私も微力ながら祝賀花火制作員会のメンバーとして協賛金を集めさせていただきました。少しか風はありましたが、花火上げ日和。見事な大輪が秋の夜空に花開きました。私は、茶の花通りで観覧していましたが、集まった多くの人が打ち上がるたびに歓声を上げておりました。思わず拍手も。打ち上げるまでは、協賛金が集まるかとか、大変だとか準備に苦心しますが、いざこうして美しい夜空を見上げると、やってよかったなと思うものです。多くの市民が喜んでくれたと思います。少しでも関わりを持ててよかったと感じます。
DSC_2228.jpg
入間市では、続いて、50周年の記念式典が5日に行われます。こちらもセレモニーの後、2部で劇団アミーゴによる「今、未来が始まるとき」を上演いたします。今。稽古に余念がありません。
posted by mizuさん at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

娘の結婚

末娘が結婚式と披露宴を挙げました。鎌倉八幡宮で挙式、逗子マリーナで披露宴でした。三人の子どもたちが結婚し、親の務めを果たしたなぁと感じます。一番下の娘のせいでしょうか、やはり、寂しい・・・
幸せにと願うばかりです・・・
DSC_2125.jpg DSC_2133.jpg 1476942584545.jpg DSC_2128.jpg
posted by mizuさん at 15:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

秋まつり2016クラフトフェア

このところのクラフトフェアはお天気が悪いです。今年も初日9日は朝から雨でした。前日、大まかな準備はしたのですが、テントの屋根張り、テーブル出しなどは当日の仕事でした。雨の中、皆で頑張りました。お昼には止んだのが幸いでした。
今回9回目となりましたが、ようやく地域の歳時記になりつつあるのではと思います。クラフト展31、体験ワークショップ8、飲食12、物販7が出店、その他テラスライブが16グループと、たくさんの参加協力者のもと開催できました。
DSC03191.JPG DSC03151.JPG
PA101613.JPG PA101739.JPG
25年以上も前に入間万燈まつりを市の職員と一緒に作り上げていく過程で、入間市のそれぞれ地域で歳時記となるような特色のあるイベントができたらいいなと考えました。万燈まつりは、合併後の入間市が一つのイベントで人の心も一つになるよう企画したものです。しかし、地域で見れば、やはり「豊岡」のお祭りです。少し小ぶりでも今までの神社や自治会のお祭りと違ったコンセプトのあるイベントを各地で起こせないものかと、私は密かに大きな夢を持ちました。私の「文化によるまちづくり」の熱い想いです。最初に取組んだ「いるま太鼓セッション」は、博物館アリットを会場に宮寺二本木地区で打楽器を中心に開催するものです。「アミーゴ秋まつり いるまクラフトフェア」はアミーゴを会場に西武地区でものづくりと創作をテーマに行います。20年以上かけて3つ。それぞれのイベントが大きく羽ばたいています。私の密かな夢が花開いています。気が付けば30台だった私も60台、まだまだいろいろ地域は残っていますが、一つのイベントを起こし定着させるまでは、時間と根気が必要です。さすがに私もここまでかな・・・いやいやまだまだ!夢は続きますぞ!
posted by mizuさん at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

サロンコンサートIN西洋館

9月28日、西洋館でサロンコンサートを開催しました。糸つながりで入間市博物館と連携して企画しました。アミーゴは大正5年(1916)に仏子模範工場が建設され、西洋館は大正10年上棟。同じ時代を生きた二つの建物。これをつなぐのは、正に「糸」なのです。これも11月19日(土)の「絹と木綿のものがたりフォーラム」関連事業です。
前半は旧石川組製糸西洋館内の見学。ご存知の方も多いとは思いますが、西洋館は、黒須地区で繁栄した全国有数の製糸会社であった石川組製糸が、外国人バイヤーを招くために迎賓館として建てた国の登録有形文化財です。その後、トリオ・フルールのコンサートで皆さんを大正時代へ誘いました。「トリオ・フルール」は、フルートの横山聡子さん、ヴァイオリンの加藤恵理さん、ピアノの南雲彩さんの3人組です。西洋館の歴史を感じる優雅な空間の中、ヴェルディの「乾杯の歌」でスタート。皆さん100年前にタイムスリップしていただきました。
seyoukan16.9.jpg seiyoukan16.9-1.jpg
11月19日(土)に行われる「絹と木綿のものがたりフォーラム」にもぜひご参加ください。
posted by mizuさん at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

アート散歩 横浜 

9月のアート散歩は、11月19日に開催する「絹と木綿のものがたりフォーラム」の関連事業として「絹貿易で栄えた横浜まちあるき」を行いました。横浜へは、西武線が乗りしてだいぶ近く感じるようになりました。そんな訳で、参加者がどのくらい来るかなとちょっと心配していたのですが、初日で満員となりました。やはり、「絹」に絞ったのが良かったのかと。
最初は、国の出先機関が入る高層の合同第二庁舎。農林水産省、厚生労働省、国土交通省などの関連団体が入居、 関東一円をカバーする第三管区海上保安本部も置かれています。低層階の赤レンガの建物は旧・横浜生糸検査所です。ここが最初の見学先、1926年の竣工で横浜市認定歴史的建造物に認定されています。レリーフがすごいです。
その他、横浜開港記念貨、シルク博物館などを巡り、最後に中華街で休憩を取り帰路につきました。
横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、横浜市民からの寄付を募り建設された記念建造物であり、大正6(1917)年6月30日に竣工し、翌7 月1日に「開港記念横浜会館」として開館しました。凄いですね、大正6年で50周年ですからね。入間市は今年50周年ですよ!歴史を感じました。建物も素晴らしいです。国の重要文化財であるにもかかわらず、貸室があり、ボランティアさんが施設案内をするなど、市民活動が盛んで文化と歴史を大切にする横浜だと感じました。
DSC_2081.jpg DSC_2083.jpg
入間で足りないところがここにはある。住むまちへの誇りと愛着、お客を迎える姿勢。学ばなくてはいけませんね。私たちを案内してくれたボランティアガイドさんは、事前に予約をしていたこともあって、私たちが絹や織物に詳しいと思い、一生懸命勉強したらしいのですが、前日は気になって眠れなかったと言っていました。温かさを感じましたね。
シルク館の館長さんも分かりやすい説明でよかったです。また、ゆっくり歩いてみますか!
posted by mizuさん at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

十五夜

今年の十五夜は9月15日でした。中秋の名月とも言います。貴族が風流を楽しむという意味が強かったそうですが、江戸時代になって、庶民の間でも、中秋の名月を鑑賞しながら収穫した芋を食べるという風習が生まれました。それが除々に「収穫の季節に豊作を感謝する」という意味になり、その時期に穫れた野菜などもお供えするようにもなったということです。ちなみに、お供え物と一緒に「すすき」を供えるのは、すすきを稲穂に見立てており、神様への収穫感謝を表明しています。「だんご」も必須アイテムですよね。私この団子が大好きです。子どもの頃、一夜明けた団子を焼いて、つぶして醤油を付けて食べるんですね。今でも楽しみの一つです!
ところで来年お中秋の名月は10月4日とか。ずいぶん日にちがずれるのですね。そして、「十五夜」というと満月のイメージが強いですが、実は、中秋の名月は必ずしも満月とは限らないのです。それは、単に、旧暦8月15日の月ことを「十五夜」「中秋の名月」と呼び、日取りの問題であるため、それが満月かどうかというのは関係がないんですね。難しい話は別として、すすきに団子、季節の野菜・・・風情ある風景です。好きだなぁ〜。
DSC_2065.jpg
posted by mizuさん at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

アミーゴ研修旅行

毎年一回、アミーゴスタッフで日帰りの研修をしています。今年は、鎌倉に行きました。指定管理で運営している鎌倉文学館をまず見学。学芸員さんから鎌倉文士たちや前田候の別荘であった建物の話など説明していただきました。ここ何年か近代建築の学習をしてきましたので、建物についてとても興味を持ちました。昭和10年頃の建築だと聞きましたが、アールデコのスクラッチタイル、釿(ちょうな)で削った柱などとても興味がありました。ベランダからは由比ガ浜の海が見え、庭にはバラ園がありゆっくりコーヒーなどを味わえたらと思いました。
その他、鎌倉能楽堂、竹林で有名な報国寺と回りました。鎌倉能楽堂はシテ方観世流の中森貫太氏からお話を聞きました。報国寺は、私は初めてでした。鎌倉には毎年行くのですが、年末に行くものですから、閉まっているのです。
DSC_2042.jpg DSC_2048.jpg
ベジタブルレストランの昼食と小町通の甘味を味わって、総勢26人の楽しくてためになる研修を締めくくりました。
DSC_2056.jpg DSC_2059.jpg
posted by mizuさん at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

青森旅行

9月になり休暇をもらい夫婦で青森に旅行してまいりました。初めてのツアーの参加です。ツアーの旅行ってどんあかな、と思っていましたが、、窮屈な感じもなく参加者とも適度に話ができて、結構楽しく過ごさせてもらいました。添乗員さんも親切で、癖になるかもしれませんね。
初日は、古牧温泉星野リゾート青森屋でゆっくりと湯に浸かりました。しっとりと肌に滑りを感じるなかなかのいい湯でした。夜は、民謡や津軽三味線のショーなどあって楽しく過ごしました。しかし、こうしたショーを見ていてもあまり非日常的な感じはしなくて、ついステージをこう作ったらとか、MCがもっとこう言ったら、なんて思ってしまいます。アミーゴが非日常的すぎるのかな!
翌日は、奥入瀬渓流、十和田湖、八甲田山を巡りました。40年以上も前に学生時代に行ったところでした。懐かしいというより写真の一コマのように十和田湖遊覧船の中、奥入瀬の散策のシーンが思い出されました。天候に恵まれ八甲田の山歩きはとても爽快でした。
DSC_1953.jpg DSC_1986.jpg
三日目は、白神山地、十二湖の散策そして五能線から車窓の景色を満喫。散策ではブナ林の中でオゾンを一杯吸収しました。お弁当もおいしかったなぁ〜。こちらの方が私には非日常かな。とっても好きです。
五能線は妻のたっての希望でした。望みを叶えてやったぞ!
DSC_2013.jpg DSC_1993.jpg DSC_2002.jpg DSC_2034.jpg
ふと、立ち止まって自分の周りを顧みると、仲間もだいぶ退職しはじめ第二、第三の道を歩き始めています。私はこれからどう生きていったらいいだろうと思う時があります。忙しく毎日を過ごしていますが、これからは妻や家族、そして友人ともゆっくりとした時を過ごすことも必要だなと感じます。答えはなかなか出ないと思いますが、自分らしいこれからの生き方をやんちゃに探したいと思います。まだまだ妻には迷惑をかけそう・・・
posted by mizuさん at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする