2018年03月19日

真岡木綿とまち歩き

綿織物の産地「真岡」へ行ってきました。入間も木綿の産地。以前から一度行って見たかったのです。早速真岡木綿会館へ。
「真岡木綿」は、白木綿で染めて着尺地に用いました。丈夫で質が良く、加工技術にも優れ、江戸時代の文化・文政・天保の頃には年間38万反を生産し、隆盛を極めました。しかし、開国による輸入綿糸流入などで衰退し、戦後になるとその生産はほとんど途絶えてしまいました。機械化されることがなく、戦後復興しなかったのは残念でした。そこが入間の織物と違いますね。
もう一度技術の復興を図るため、昭和61年(1986年)真岡商工会議所が中心となり「真岡木綿保存振興会」 (当時)を設立し、 機織り技術者養成講座を開設するなど、伝統を“今”に繋いでいます。現在、真岡木綿会館では、県伝統工芸士3名を含む約20名の機織り技術者が在籍しております。機織りの見学をさせていただきましたが、たくさんの手機があり、綿(わた)の栽培から染色〜機織りまで一貫しての手作業により行っているそうで盛んな様子がうかがえました。指導する方にお話しを聞きましたが、川越には研修で行ったとのこと。是非入間のアミーゴに来てくださいと話しました。いつか、うちのスタッフと交流できる日が来るといいな!と思いました。
20180311111425_p.jpg 20180311112723_p.jpg
折角ですので、真岡のまち歩きもしました。まず、二宮尊徳資料館へ寄りました。二宮金次郎の生誕地は神奈川県小田原市です。若くして両親は亡くなり、苦労苦学して生家を再興、手腕を見込まれ、江戸末期、小田原藩の飛地「下野国桜町領」(「栃木県芳賀郡二宮町」現在の真岡市)の復興の命を受け、26年にわたり復興事業(桜町仕法)を行ないました。小田原生まれは知っていましたが、真岡に26年もいたとは知りませんでした。
二宮尊徳の実践した桜町仕法の説明や尊徳が使用していた陣笠や脇差などの遺品の数々が展示されています。 一度見学してみてください。資料館の近くに桜町陣屋跡があります。
20180311103128_p.jpg
まちは、真岡の中心街にある門前地域がよかったかな。昔は花街として賑わい、今は昭和の店をリノベーションしたカフェや雑貨店が立ち並びます。そして、明治・大正の建物群のある久保記念観光文化交流館や真岡木綿会館、岡部呉服店の別邸跡「金鈴荘」もいいです。
20180311142655_p.jpg

立花屋さんの焼きそばと餃子は、店構えといい昭和です!
20180311120710_p.jpg tatibanaya.jpg
まちづくりでの観光は、重要な要素です。入間の観光資源をもう一度掘り起こしてみたいです。
posted by mizuさん at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

春の気配

三寒四温。確実に春はそこまで来ています!アミーゴの庭にいち早く春を告げる「さんしゅゆ」の花。今年も大分咲き出しました。葉が芽吹く前に5mmほどの黄色い小花を枝いっぱいに咲かせ、満開の花が黄金色に輝きます!
暖かくなると、ウキウキしてきますね。やはり寒いのは嫌です。アミーゴも、今月は劇団アミーゴの公演「加治氏の理」、子ども向け音楽ワークショップ、池田綾子コンサートとイベントが続きます。4月になると「アートな春フェス」、そろそろ重いコートを脱いで、飛び出しますか!
20180312151250_p.jpg
posted by mizuさん at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

アミーゴを「地域のシンボル」に!

先週、理事会を開催し、来年度の方針を提示しました。「文化芸術で喜びと希望を感じるまちづくり」を運営理念に「文化芸術振興」「地域活性化」「繊維建物の活用」「地域文化創造」に取組み、アミーゴを『地域のシンボル』にしようと目標像を掲げました。入間市に何がるの?仏子ってどんなところ?と尋ねられたら、「アミーゴ」という施設があって、アート体験ができて、川や庭が気持ちいいよ!と答えてもらえるところにしたいと思うのです。具体的には、もっと観光事業も考えていく必要があると思います。そのための作戦を練っているところです。
先月「長浜市の観音ハウス」の記事を書きましたが、その心意気に感動しました。琵琶湖のほとりにある滋賀県長浜市。観音の里と称される長浜の観音様をかって琵琶湖に見立てた、上野不忍池のほとりにお連れして、現代的な空間で出会う場をつくっています。温かな観音さんの容姿に思わず豊かな気持ちになります。仏像ファンではなくてもこんな場所があることはとてもうれしい。長浜のPRであり、知名度の向上を目指し、観光客の誘致を目的にしているのだと思います。私は、この地の観音を拝みに旅したことがありますが、とってもいい所です。逆に知れ渡ってしまうことが残念な気持ちも少しあるかなぁ。それはともかく、この取り組みは素晴らしいと思います。目の前の面白さや一時のブームに踊らず、長浜の良さを十分認識したうえで挑戦しています。
kannnonhouse2.jpg
入間の良さは何だろう。仏子の良さは何だろう。アミーゴの良さは・・・長浜に触発されて一歩踏み出したい。
posted by mizuさん at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

こいのぼり・・・春フェス準備

今、4月7日土曜日に行われる「アートなはルフェス2018」の準備を行っています。開催内容は決まり、パンフレットも印刷中です。次は材料の調達や当日の展示物の準備に入っています。毎年行っている「こいのぼり」の展示は、あんず保育園の園児たちに描いてもらっていました。今年はそれに加え、西武中央保育所の園児たちも加わってくれました。そして昨日、その絵を描いてもらいました。用意したこいのぼりの生地に思い思いの色を塗り個性豊かなこいのぼりが出来上がりました。子どもってすごいですね。大人では考えられない色使いや構図でびっくりです!
4月7日には館庭の空を気持ちよく泳ぐと思います!是非ご覧になりに来てください!
20180222110054_p.jpg 20180222110255_p.jpg
posted by mizuさん at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

仁和寺のみほとけ展

東京博物館に「仁和寺と御室派のみほとけ」展に行ってきました。
仁和寺は、光孝(こうこう)天皇が仁和2年(886)に建立を発願し、次代の宇多天皇が仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院です。歴代天皇の厚い帰依を受けたことから、すぐれた絵画、書跡、彫刻、工芸品が伝わります。仁和寺の寺宝のほか、仁和寺を総本山とする御室派寺院が所蔵する名宝を一堂に紹介する展覧会です。
仁和寺は学生時代に行ったきりで、ほとんど覚えていません。普段は非公開の仁和寺観音堂の堂内を再現したコーナーや葛井寺の千手観音座像も拝めるとあって楽しみに行きました。
すべてが素晴らしいものでしたが、再現された観音堂は、まるで本物のお堂のなかにいるかのような臨場感があり驚きのクオリティーでした。仏像は彩色も素晴らしく、レプリカかと思いきやすべて本物!写真撮り放題の大判ぶるまいです。
20180217125511_p.jpg
葛井寺の千手観音座像は、関東にお出ましになるのは江戸時代初期に品川に出開帳して以来のことだそうです。等身よりも大きい体に、1041本の腕を持つ姿には迫力があります。バランスも良く傑作ですね。千手観音であっても、実際に千本の腕を作った像はごく稀です。
20180204184154.jpg
道明寺の十一面観音菩薩立像、徳島の雲辺寺の千手観音坐像も良かったなぁ。思わず、手を合わせてしまいまいした。結構見ていると、手を合わせている方がいるのです。あまり博物館では見ない光景でした。良いものは、心をひきつけるのですね。
20180116110131.jpg
posted by mizuさん at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

芽吹き

今年は、毎日寒い日が続いています。
でも! 我が家の庭の木々たちも春の気配を感じ始めているようです。
20180212094756_p.jpg 20180212100620_p.jpg
posted by mizuさん at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

うたごえアミーゴYouTube

私、昨年埼玉県が立ち上げた「埼玉県の地域デビュー楽しみ隊」の隊員を仰せつかっています。その隊員紹介ビデオができて、昨日からユーチューブで公開されています。昨年11月に行った「うたごえアミーゴ」の模様とインタビューです。楽しみ隊の隊員は30人ほどいまして、随時活動が紹介されていきます。アミーゴの事業では、いつも一生懸命盛り上げていこうとやっていますが、画像にして見るとちょっと恥ずかしいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=vT4uplH3hcA
posted by mizuさん at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

春風亭三朝 真打昇進楽笑寄席

もう先月のことになってしまいましたが、1月27日金曜日、昨年真打に昇進した春風亭朝也改め三朝さんの真打昇進披露の落語会をアミーゴで行いました。三朝師匠の噺は、もう10年も前に後楽園近くのお寺で行った落語会で初めて聞きました。大きく、通りの良い声に魅了されました。元気も良かった。その後、是非アミーゴに来てほしいと楽笑寄席に出演していただきました。その後も、アミーゴや市内の公民館に来てもらい高座をお願いしました。昨年真打披露の会にも呼ばれ、その折に、必ずアミーゴで披露公演やりましょう!と話しました。約束がかないました。
しかし、この日大変だったのです。西武線で事故があり、小手指から先が運休となってしまったのです。前座の一花さんは一足先にアミーゴにつきましたが、三朝師匠は電車も間引き運転となり、開演に間に合いそうもない事態に。車を小手指駅に出して落ち合いました。開演直後は私の話や前座の一花さんでつないで何とかしのごうと・・・。算段しておりました。お陰様で、開演10分足らずで到着しました。こんなに気を揉んだことはありませんね!
スタッフのチームワークで、お客様にも迷惑をかけることなく進行できました。
P1260360.JPG P1260402.JPG
演目は、一花さんが「金明竹」、三朝師匠が「松曳き」、「富久」の2席を口演しました。公演後の打ち上げも、元気いっぱいの師匠の話で盛り上がりました。これからの三朝師匠の活躍を期待したいと思います。
posted by mizuさん at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

谷根千散策と新年会

恒例の学生時代の仲間の新年会。毎年、夕方から始めていましたが、今年からランチ会となりました。皆、歳をとったのですね。その前に、元気な人は少しまち歩きをしましょう!と、谷根千を散策しました。11時に日暮里駅集合。
まず、朝倉彫塑館に行きました。彫塑家朝倉文夫(1883(明治16)年、大分県大野郡池田村(現豊後大野市)に生まれ)が昭和10年(1935)から昭和39年までの29年間、アトリエ兼自宅として使用していた建物で、現在は美術館として公開しています。平成13年(2001)には国の登録有形文化財に、平成20年(2008)には「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されています。昭和42年に故人の遺志として、自宅が朝倉彫塑館として公開され、同61年に台東区に移管され、台東区立朝倉彫塑館となりました。代表作「墓守」の石膏原型は、重要文化財です。
アトリエ入口には、彫塑館を守るように代表作「墓守」(明治43年(1910))が配され、大隈重信像(昭和7年(1932)、知・情・意を表した「三相」(昭和25年(1950)等の代表作品が展示されています。
建築は朝倉本人が自ら設計しました。展示室は彫塑作品を展示する旧アトリエ部分を中心にして、遺品や蔵書、陶磁器など朝倉のコレクションを展示しています。サンルームは「猫の間」とよばれ、朝倉の愛した猫をモチーフにした作品が一堂に会しています。2階の和室で中庭を望みながら座ると、なんとも落ち着いた気分になります。想像以上に素晴らしい美術館です。今まで何度か前を通りながら入ったことがなかったのは残念でなりません。
20180128114420_p.jpg
次に、谷中銀座を下っていきました。何度も足を止めてしまう雑貨屋さんや美味しいにおいのお店・・・昔の香りがしますね。酒屋さんの前では甘酒や熱燗を売っておりました。あまりの寒さに、誰とは無しにビール箱を返したイスに座って、熱燗を・・・。美味しかったです。
20180128115355_p.jpg 20180128120340_p.jpg
へび道を通って、不忍通りに出ました。へび道の左は台東区、右は文京区です。道がうねっているのは、昔、藍染川という小川が流れていたところだから。藍染川は、今でもこの地下に流れていて、上野不忍池の方へ流れ続けているそうです。周辺にはファッションや雑貨などのショップ が点在しています。

不忍通りをわったて、根津神社をお参りしました。春にはつつじの名所としても有名です。根津神社は今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社です。この地は、5代将軍綱吉の兄である甲府中納言綱重の屋敷で、6代将軍綱豊(家宣)が生まれた地です。宝永3年(1706)綱吉は現在地に社殿を造営しました。このため、根津神社はその産土神となりました。この社殿は拝殿の奥に幣殿・本殿と一宇に続く、総漆塗りの華麗な権現造建築で江戸の神社建築としては最大の規模を誇ります。
20180128125042_p.jpg 20180128125543_p.jpg
そろそろ、1時半の新年会の集合時間に間に合わなくなるので、散策はここまで。池之端の山中旅館古月に向かいました。

20180128132107_p.jpg 20180128132133_p.jpg
建物は昭和初期から残る風情あふれる一軒家。玄関の一部は洋風で壁にはスクラッチタイルが張り巡らされてありました。アミーゴアート倶楽部で学んだ、昭和初期のまさに「アールデコ」。店内はかっての客室を食事処に模様替えしたもので、個室利用がメインで、家族の食事会や接待、記念日の利用に最適です。幹事のお妙さんも還暦をここで祝ったとか。料理は「栄養薬膳大師」の資格を持つベテラン料理人・山中氏が手掛けます。出される料理はどれも中華料理なのですが、日本の懐石料理を食している感じでした。
元々は旅館業のみの営業でしたが、1990年からは中華料理を提供する様になり、山中旅館内古月と名乗る様になりました。良い場所で、新年会ができました。感謝です。
20180128140044_p.jpg 20180128151930_p.jpg 20180128144941_p.jpg
昼間のお酒でほろ酔いながら、店を出て、次は不忍池近くの「びわ湖長浜 観音ハウス」という美術館へ。初めて聞いた美術館。「観音の里」長浜から現地の観音様を迎えて、現代的な空間の中で展示し、出会い、向き合い、静かな時間を人に持ってもらうという、新しい価値体験を提供するものです。長浜もやるな!と思いましたね。2ヵ月に一度くらいの割で新しい観音様を入れ替えるとのことです。今回は正妙寺の千手千足観音像。珍しい千足の観音さんでした。初めて見る像です。また、この像がお帰りになるとき、無事を祈って馬頭琴のコンサートが行われるそうです。いい企画だと思いました。まちのPRも芯と心がないといけないなと。
20180128162642_p.jpg
もう、夕方です。まだ帰りたくない・・・仲間です。御徒町まで歩いて居酒屋さんに寄りました。そこを出て、こんどは喫茶店。結局ご帰還は9時半でした。いい仲間なんですよね〜〜
posted by mizuさん at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

初雪は大雪

昨日からの雪で今日は一面の銀世界!
午前中、市民会館で会議の予定になっていました。中止かな、と思いましたが、開催するとのことで、30分かけて歩いていきました。その後、入間市駅から仏子駅まで電車に乗り、アミーゴに到着しました。アミーゴの駐車場は、職員の雪かきできれいに除雪されていました。ご苦労様!
歩いていると、いろいろ普段と違った風景や会話が聞かれます。女子高校生が雪を投げ合って「雪って楽しいね!」。私にもそんな頃がありましたな。もっとも今でも雪そのものは好きです。大人になって、雪かきだの、仕事のことなど・・・余計な事柄で「雪って嫌だな」っててことに。
雪化粧した家並みやアミーゴの庭もとってもきれいです。・・・でもやはり、早く溶けてほしいです(^^;)
20180123113346_p.jpg 20180123115438_p.jpg
posted by mizuさん at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする