2016年06月22日

エントランスアート

アミーゴのエントランスは、昭和12年に建てられた埼玉県染織指導所の面影を残すレトロな場所です。ここの壁に若い作家さんのアート作品を2ヶ月おきに展示しています。6,7月は山内賢二さんの作品です。最近の作品は、ジャンルが判別しにくいものが多くて、作品の紹介をするのがとても難しいものです。しかし、心に響く作品が多く、来館される方々に喜ばれています。文化芸術で安らぎと活気を発信していく館の玄関として大切な役目を持っている事業だと感じています。
お時間がりましたら、ぜひお立ち寄りください。
DSC_1688.jpg DSC_1690.jpg
posted by mizuさん at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

富山旅行

恒例の学生時代の仲間旅行に行ってきました。今回は、参加者20人の越中の旅です。新高岡駅集合で、高岡の開祖前田利長の菩提寺、瑞龍寺〜砺波の慶派の作といわれる阿弥陀如来像がある常福寺〜五箇山相倉集落合掌造り〜五箇山荘泊〜合掌造り村上家見学〜井波八日町通り〜井波彫刻の原点である瑞泉寺〜昼食、志ようず〜新高岡駅と回ってきました。
DSC_1525.jpg DSC_1600.jpg
この後、同じ学年プラスワンで富山に出て、市庁舎展望台〜富山城址〜松川船巡り〜市内泊〜豪商の家内山邸〜岩瀬の街並みと北前船海鮮問屋森家〜氷見漁港場外市場ひみ番屋街〜雨晴海岸〜富山と巡りました。
五箇山以外は初めてのところでした。学生時代の仲間と楽しいひと時でした。でした。これかもこのたびが続けられますように!
DSC_1629.jpg DSC_1636.jpg
posted by mizuさん at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

赤穂義士 講談バスツアー

6月に入り梅雨空のもと、アミーゴ古典芸能企画「講談師と行く江戸探訪バスツアー・忠臣蔵の地を巡る」を開催しました。アミーゴで何度かお世話になっている宝井一凛さんのガイドで江戸城松の廊下〜江戸東京博物館〜回向院〜吉良邸〜お江戸両国亭〜泉岳寺と巡りました。
数年前から練っていた企画でしたが、実現できてとてもよかったです。何よりチケット販売、即完売という人気とアンケートでお客様が良い内容であったと喜んでくれたことがうれしかったですね。いきなり実施するのではなく、何度か一凛さんの講談会を開催してお互いの関係を築き、この企画についても相談に乗ってもらいました。
お江戸両国亭では、一凛さんの講談「赤穂義士銘々伝・中山安兵衛」を一席聴くなどツアーを盛り上げていきました。
私も初めて行ったところが多く、とても新鮮でした。似たような企画も都内から出発するものはあっても、なかなか地元からバスでとなると少ないと思います。そんなところも喜んでくださったのだと思います。皆さん、勉強熱心です。こうした企画で日ごろの思いを叶えてあげたいと思いました。スタッフも事前調査からお弁当や寄席の手配など大変でしたが、成功に終わりホッとしています。一凛さんありがとう!次の企画に向けてがんばろう!
DSC_1671.jpg DSC_1676.jpg
posted by mizuさん at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

第10回NPOアミーゴネット総会

私たちのNPO法人入間市文化創造ネットワークの総会が10回を数えました。早いものだなと感じます。あの頃は、良い事業をやろうと緊張感とともに気持ちばかりが先行して少しまじめすぎていたような気がします。最近は、アミーゴの施設が少しでも市民の憩いの場になるように一日カフェのオープンを考えたり、アミーゴグッツを作ったり、ウォーキング会で訪れた方に施設の案内やテラスでミニ演奏を行なったりと様々な取り組みができるようになりました。決して余裕ができたというものではなく、時間の流れとともに運営者がアミーゴになじんできたのだと思います。
総会後の交流会では、市長、教育長、市議さんはじめ多くの来賓招待者の方々にアミーゴ事業を紹介しました。劇団アミーゴは例年のごとく楽しませてくれましたが、今年は狂言師の山本泰太郎さんも来ていただき、6月25日に産業文化センターで行う「市制施行50周年記念 狂言とお囃子」の宣伝も兼ね謡を披露していただきました。
今年は、NPO法人設立10年とともに、アミーゴ開館15年、市制施行50年、アミーゴの基となる仏子模範工場建設100年の記念すべきエポックイヤーです。この機会を活かして新たな取り組みに挑戦していきたいと思います。その一つは、他団体とのネットワークづくりです。まちづくりや文化、観光などをテーマにしている団体や公共と緩やかに繋がっていこうと思います。これから、このブログでその繋がりを少しづつでもお知らせできたらと考えています。お楽しみに!
DSC_1505.jpg
posted by mizuさん at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

鳩山会館

行こうと思っていてなかなか行けなかった鳩山一郎の自邸である「鳩山会館」に行ってきました。鳩山家の人々が70年間、4世代にわたり住み続け、そして今、大切に保存されているものです。バラが綺麗だとの情報もあって楽しみにして。いろいろな近代建築の見学をしてきましたが、政治家の家は初めてかな。無駄に大きくなく、鉄筋コンクリートの瀟洒な建物でした。西洋建築でありながら部屋と部屋とを仕切る大きな折れ戸を開け放つと、二つの応接間と食堂とサンルームのすべてが一つの部屋のようにつながってしまうなど和風の続き間のような作りは珍しい。階段部分にある大きなステンドグラスが良かったです。何よりびっくりしたのは、建物めぐりバスツアーの一行やはとバス観光の人などもあって見学者の多いことでした。二階から空を見上げ、バラの庭を見降ろして座っていると、日々の忙しさを忘れます。昔、ここを舞台に政治が動いていたのかと、歴史を振り返りました。
DSC_1495.jpg DSC_1499.jpg
設計者の岡田信一郎は、大正、昭和初期に活躍した建築家です。様式建築の名手といわれ、和洋いずれのスタイルでもすばらしい手腕を見せました。若い頃からその才能は認められ、大阪中之島の中央公会堂コンペでは、29歳の若さで、なみいる先輩建築家を抑えて一等当選を果たしました。歌舞伎座(1925)、日本赤十字社(1925)などの作品を手掛け、和洋どちらの様式も見事にこなす表現力は当時の建築家の中でも群を抜いていました。鳩山一郎とは中学時代からの親友で、1932(昭和7)年、代表作である明治生命館(1934)の完成を見ることなく惜しまれながら50歳で逝去しました。
DSC_1502.jpg
posted by mizuさん at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

こんにゃく座公演「ピノッキオ」

先週末、オペラシアターこんにゃく座の公演とワークショップを開催しました。子どもを対象にし、埼玉県から助成金を得て開催いたしました。ワークショップでは、親子でこんにゃく座のお兄さんとゲームや歌、ダンスを習いました。上手に子どもとの距離を詰めて、最後は参加者一体となって楽しみながら踊るのです。この流れはどんな場面にも大切なことですね。事業だけでなく、コミュニケーションに欠かせないものだと感心しました。もちろん、公演もピノッキオを通して、人間の愚かしさや強さ優しさ、そしてたくさんの経験をして、自分を自覚していくストーリーに大人にとっても見ごたえ十分だと感じました。
こんにゃく座さんは、「新しい日本のオペラの創造と普及」を目的に掲げ、1971年に創立されました。自国語のオペラ作品をレパートリーとし、恒常的にオペラを上演する専門のオペラ劇団としてオペラシアターこんにゃく座は設立され、巡回公演を開始しました。アミーゴでは8年前にもお呼びし、その時は「どんぐりと山猫」を公演しました。
DSC_1487.jpg DSCN9528-1.jpg
posted by mizuさん at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

アイリスの季節

今年もジャーマンアイリスがアミーゴの庭に咲きました。例年少しづつ株を分けて面積を拡大させています。見ごろは、一年に10日ほどでしょうか。でも一年かけて手入れをして咲いた時の嬉しさは格別です。なんでも心を込めることには意味があります。花もここぞとばかりに一生懸命咲き誇っています。是非見てやってください。いつか「アイリスのアミーゴ」と言われるほどにしてみせるぞ!
DSC_1484.jpg
posted by mizuさん at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

西洋館ライトアップ

旧石川組製糸の「西洋館」がライトアップされました。その点灯式があり、参加してまいりました。西洋館は、大正から昭和の初めにかけて全国有数の製糸会社であった石川組製糸の迎賓館として、大正10年頃に造られた西洋風木造建築物です。館内は、戦後進駐軍に接収され改造を受けた箇所もありますが、全体的に当時の様子を良くとどめています。現在、国登録有形文化財(平成13年11月20日)になっています。
この西洋館、年に数回の公開をしていますが、もっと活用しようという話もあります。アミーゴでは、9月28日に管理をしている博物館と協力して、見学とコンサートを行なおうと計画しています。西洋館は、黒須に住む私にとっては、見慣れた景色でありますが、入間の宝であると思っています。入間の歴史と文化の象徴として守り、語り、使っていくことが後世への使命ではないかと。
ライトアップでは、多くの方が来て、ピアノとホルンの演奏を楽しみながら夜空に浮かび上がった西洋館を堪能しました。
1462782707471.jpg 1462782678507.jpg
posted by mizuさん at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

飯能で

今年のゴールデンウィークは最大10日間という大型連休でした。アミーゴはサービス業ですから、例年のごとく利用されるお客様のために休みなしでオープンです!
そんな中、合間を見て飯能の丘陵とあけぼのの森を歩きました。やはり、この季節新緑がきれいで、リフレッシュになります。丘陵は、美杉台から大河原を巡って元の美杉台に戻るコースです。住宅街を歩くのかと思いましたら、なんと結構な森林の中を楽しくハイクできました。こんな近くにいい場所があるのだなぁと改めて感じました。飯能は吾野や名栗など奥武蔵高原などハイキングコースは山ほどありますが、里山歩きはまた、楽しいものです。家々を通り、畑を抜けたり、山道も適当にあって、眺めも楽しめるなんて。帰りに宮沢湖の温泉に入って(混んでました・・・涙)来ました。
DSC_1457.jpg
あけぼのの森は、妻と娘夫婦と孫娘。昔子どもを連れて歩いたのに、今回は孫を連れてです。時のたつのは早いものですね。まだ抱っこでの散歩でしたので、すぐに戻りましたが、来年はお弁当をもってゆっくり楽しみたいと思います。
DSC_1455.jpg
posted by mizuさん at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

花だより

もう4月も下旬。いろいろな花が咲き始め春というより初夏といった感じですね。先日、高崎のみさと芝桜公園というところへ行ってきました。埼玉では秩父の芝桜が有名ですが、ここもなかなか素晴らしかったです。バスのツアーで人気なのは「花」だそうです。一面に咲くお花畑を見るのは気持ちの良いものです。
DSC_1356.jpg
我が家の庭もチューリップ、牡丹、紫蘭などが色とりどりに咲いています。花の命は本当に短くて、もう雨にやられて、風にやられて…せめて心のスケッチブックに留めておこう、と思う次第です。
でも、写真に収めました!ご覧ください。
DSC_1430.jpg DSC_1426.jpg
posted by mizuさん at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする