2017年06月11日

史蹟旅行 備後福山

例年の史蹟旅行が5月27,28日と行われました。今年は備後福山です。私の同期は29日も尾道を散策しました。
初日は、鞆の浦のホテルからボランティアガイドさんの案内でまち歩きをしながら…福善寺対潮楼…太田家住宅・・・常夜燈…保命酒…安国寺を回りました。そして夜は花火大会見学!ところで、このガイドさん、80歳を過ぎたおじいちゃんなんです。ビックリですが、とても親切丁寧に説明してくれ、まさにアクティブシニアの活躍だと感じました。今回の旅は、瀬戸内の景色と常夜燈を楽しみにしてましたが、本当に美しい風景に出会え念願がかないました。
《福善寺対潮楼》
福禅寺の本堂に隣接する対潮楼は、江戸時代の元禄年間(1690年頃)に創建された客殿で国の史跡に指定されています。座敷からの海の眺めは素晴らしく、1711年、朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」と賞賛。1748年、洪景海は「対潮楼」の書を残しています。
DSCN7179.JPG DSCN7180.JPG
《太田家住宅》
1991(平成3)年に国の重要文化財指定を受けました。瀬戸内海を代表する往時の商家の佇まいを今に伝える、歴史的価値のある建造物群です。保命酒蔵や炊事場などよく保存されていました。
DSCN7195.JPG DSCN7202.JPG
《常夜燈》
これを見たくて、鞆の浦へ来たような感じでした。鞆港西側の雁木の南端に立つ常夜燈(とうろどう=燈籠塔)は、何と言っても鞆の浦の1番のシンボルです。「安政六年己未七月」(1859年)に建造されました。
DSCN7211.JPG IMG_20170527_205037.jpg
《安国寺》
1273年(文永十年)に釈迦堂(仏殿)を、翌年に阿弥陀三尊像を造立した『金宝寺』が、備後安国寺の前身です。鎌倉時代の優れた建物と仏像が、安国寺の長い歴史の重みを物語っています。
DSCN7228.JPG
《鯛網観光》
鯛網は、鞆の浦に約380年も伝わる伝統漁法です。外洋で冬を過ごした鯛は初夏、豊後水道・紀伊水道を抜けて、産卵のため波穏やかな瀬戸内海中央部の鞆の浦沖へとやってきます。手船という小さな船で弁天島の弁財天に祈願して出漁。古式そのままに網がしぼられます。これを観光船から見学するというのが、「鯛網観光」です。ちょうどこの日が最終日で。それに合わせて花火大会が行われるのだそうです。

《鞆の浦弁天島花火大会》
鞆の浦に浮かぶ弁天島の夜空にスターマインなどの花火が打ち上げられ、海上に映える多彩なイルミネーションは、港町ならではの情緒を醸し出します。幻想的な光の競演を満喫しました。
DSCN7251.JPG
二日目は、明王院そして広島県立歴史博物館を見学しました。暑い日となり階段を上ったり、広い公園を歩いたりと気持ちは若いお年寄りには大変でした。
《明王院》
807年(大同2年)、弘法大師の開基と伝えられています。本堂は全体に和様、細部には唐様を用いた折衷様式で、この様式としては現存する最古の建物です。五重塔は、全国の国宝塔の中でも5番目の古さをもつ美しい塔です。
ちなみに5番目とは、法隆寺・室生寺・醍醐寺・海住山寺に次ぐものなのです。結構難問でした。
DSCN7335.JPG DSCN7326.JPG
《広島県立歴史博物館》
瀬戸内の歴史をテーマにした通史展示や,中世の港町「草戸千軒町遺跡」の発掘調査成果の展示をしています。ということで、「ふくやま草戸千軒ミュージアム」とも呼ばれています。1673年の洪水で、草戸地域の千軒の町屋が押し流され、その遺跡が中世の街並みがそっくり埋もれていることが分かり学界の注目するところとなったとのことです。
IMG_20170528_100218.jpg
《福山城》
徳川幕府から西国鎮護の拠点として,譜代大名水野勝成が元和5年(1619年) 備後10万石の領主として入府し元和8年(1622年)に完成した城で、江戸時代建築最後の最も完成された名城としてたたえられていました。明治6年(1873年)に廃城となり、多くの城の建物が取り壊され,更に昭和20年(1945年)8月の空襲により国宝に指定されていた天守閣と御湯殿も焼失しました。その後昭和41年(1966年)の秋に市制50周年事業として天守閣と御湯殿、月見櫓が復原されました。
IMG_20170528_105739.jpg
この後、昼食をとって福山駅で解散しました。「来年は天橋立で会いましょう」となりました。元気でまた皆さんと再会したいと思います。
解散後は、同期の5人と先輩後輩一人ずつ計8人で、レンタカーを借りて尾道へ。まずは高台の千光寺公園に車を止め、坂道の家々やお寺を見学しながら下り、ロープウェーでまた千光寺公園に戻り、今度は少し離れた西國寺を訪ねました。
本当に「坂のまち」とは聞いていましたが、初めての尾道体験でびっくりしました。車は通れないし、急だし、生活できるのだろうかと。
千光寺公園からのしまなみ海道の眺め、天寧寺の三重塔、艮神社、西國寺三重塔と瀬戸内の景色を堪能しました。
IMG_20170528_142122.jpg IMG_20170528_142830.jpg
宿泊は「西山別館」。この地で1943年に創業して以降、文豪や著名人に愛されてきた由緒ある老舗宿。瀬戸内の山海の幸が散りばめられた季節の料理に舌鼓。( ^)o(^ )

三日目、29日は浄土寺を見学してから、しまなみ海道を渡り因島・村上水軍城、生口島・向上寺と巡りました。
《浄土寺》
616年、聖徳太子の創建と伝えられるています。足利尊氏が九州平定や湊川の戦の際、戦勝祈願をした寺としても有名です。
「本堂」「多宝塔」は国宝、「山門」「阿弥陀堂」は国重文、境内一帯は国指定文化財に指定されています。
境内で腕のような木片を発見しました。実はこれ、多宝塔の軒先の角を支える鬼の腕なんです!取れて下に落ちていたのです(≧▽≦) 国宝です!寺務所に届けましたが…びっくりですね、こんなこと史蹟巡りをしていて初めてのことです。
IMG_20170529_091431.jpg
《因島 村上水軍城》
日本遺産に認定された「村上海賊(村上水軍)」の貴重な資料を展示した、日本で唯一の水軍城。南北朝時代から室町・戦国時代にかけてこの地で活躍した村上水軍の甲冑や刀剣、戦術を記した巻物などの資料がありました。
IMG_20170529_110238.jpg
《生口島 向上寺》
入り口が分からず車で細い道を走り回りました。長い坂道と石段を登ってたどり着きました。永享4年(1432年)に当時の生口島の領主小早川信元・信昌によって建立された国宝三重塔。室町時代の禅宗建築の粋を集めた、唐様式、和様式の折衷で建てられ、この時代のものの中では最も美しいものの1つに数えられています。
IMG_20170529_120705.jpg
最後に生口島の「漁師の店しまー」であなご丼、タコ飯を食べて旅の締めくくりをしました。小さな島の食堂って感じの店で、出てきた親父さんと女将さんがひとしきり味自慢をしてくれました。
できれば「しまなみ海道」を四国まで行きたかったですね〜。次回のお楽しみとしておきます。
精気を養ったところで、またアミーゴの事業を充実させていきたいと思います。
posted by mizuさん at 10:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

NPO第11回総会・交流会

5月23日(火)、NPO法人入間市文化創造ネットワークの総会を開催しました。もう11回目となります。
28年度は、入間市制施行50周年と同時に、アミーゴ開館15周年の記念の年でもありました。また、アミーゴの基となる仏子模範工場が建設されて100年の記念の年でもありました。そこで、これから数年を見据えて、以下の目標を立てました。
・ネットワークづくり…新たな機関、団体、人と関係づくりを進め、事業に活力を求める。
・新事業の開拓…今までの事業を棚卸し、ニーズに合った事業、先進的な事業を計画する。
・地域のコミュニティの場としてふさわしい賑わいと空間を演出する。
・アミーゴの建物と歴史を再認識し、文化的価値をアピールする。
ネットワークづくりでは、博物館アリット、西武鉄道、埼玉県、絹と木綿のものがたりフォーラム参加団体など多くの団体と連携が図られました。
新事業でも西洋館でのコンサート、織物と建物を活用した事業などに取組みました。総会でこれらを報告でき、会員の皆さんに心から感謝でした。
今年度もこの目標を堅持し、プラス広報に力を入れて、質の良い文化芸術の提供とコミュニティの創造に邁進したいと思います。
DSC06696.jpg DSC06730.jpg
そして、なんといってもアミーゴの名物、交流会です。私は、「入間市中どこをみても、こんなに内容があって楽しいとこはない!」と思わせる総会と交流会を開催したいと密かに思っています。約2時間飽きることなく、「アミーゴを感じられる」交流会を演出します。今年も、アルパの演奏、劇団アミーゴミニ公演、狂言師の謡披露、そして来賓の方々から感想を一言ずつ。
今年も思い出に残る総会でした。
IMG_20170523_195527.jpg IMG_20170523_201253.jpg
posted by mizuさん at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

秩父孫旅行

20,21日、娘の旦那さんのご両親が徳島から入間においでになりました。結婚して5年目、初めて我が家に来ていただきました。こちらからは3年前に徳島にお邪魔し、阿波踊りを見学させていただきました。今回は、孫もいることで、あまり長く連れ歩くことはできないと考えて、秩父に一泊し長瀞や札所などを見学してきました。
考えてみると、ご両親と一泊したのも結婚式以来でした。夕方、美の山のホテルについて7人で夕食をとりました。やはり主役は孫娘。大騒ぎしながら楽しい夕飯、幸せを感じるひと時です。
20170524_124029.jpg IMG_20170520_182734.jpg
長瀞は、眞子様のデートコースとのこと、これから人気が出るのでは!観光地らしい佇まいは、秩父でもここぐらいではと思います。
札所は、金昌寺と音楽寺。どちらも有名な札所です。何度か訪れてはいますが、今回は違った景色に見えました。
IMG_20170520_155818.jpg 1495597121798.jpg
秩父神社とおまつり会館、ここも必見ですね。おまつり会館では、ちょうど紹介ビデオが始まるところで、秩父夜祭の紹介をゆっくり見ていただくことができました。
昼食は、わらじかつ丼とおそば。
IMG_20170521_112806.jpg IMG_20170521_125736.jpg
孫娘が長い車の移動に大丈夫かなと、心配しましたが、お利口にしていてくれて偉かった!
徳島と埼玉、便利になりましたが、近い距離ではありません。会えた時を大切にしたいと思います。短い時間でしたが、本当に楽しい二日間でした。
posted by mizuさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

川口兄弟コンサート

昨年に続き今年も新緑の眩しいアミーゴホールで行いました。今年で3回目です。若い兄弟二人のピアノ演奏はアミーゴファンにも大人気で、再演を望む声がたくさんありました。市民の声を形にするのも私たちの使命です、早速お願いして3回目のコンサートが実現しました。演奏もさることながら、二人の爽やかなトークと礼儀正しさが皆さんの心を揺さぶるのでしょう。お母さんファンが多いこと!母性をくすぐるのですね。
超絶技巧連弾はブラボーでしたね。チャルダッシュもトルコ行進曲もミッキーマウスお良かったな。また、スタッフの作ったピアノ鍵盤オブジェも会場の雰囲気を高めてくれました。また来年も・・・
IMG_20170514_162540.jpg IMG_20170514_160031.jpg
posted by mizuさん at 07:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

花の館庭

毎年この頃、アミーゴの館庭は花々が彩を添えてくれます。緑の木々に白、赤、紫ととてもいい景色です。でも今年はちょっと変なのです。ジャーマンアイリスはまばらな咲き方。毎年一斉に満面に咲くのですが・・・。雨の量が少なかったとか、いろいろ言われていますが、少し寂しい気分です。でも、一生懸命咲いた美しい花を大切に、どうぞ皆さま、見に来てください!
IMG_20170517_134531.jpg IMG_20170516_154238.jpg
posted by mizuさん at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

連休中のウォーキング

毎年、連休の間に一日は友人の佐藤君とハイキングやウォークングをします。今年は5日に歩きました。足の骨を折る前は、秩父、奥多摩などに行っていましたが、最近は加治丘陵、飯能の里山など近場が多くなりました。それでも景色を見たり歩いた後の一杯のコーヒー等、爽快感と楽しさはいっぱいです。
今年は、巾着田を一周して、高麗神社に向かい聖天院を回って元の巾着田に戻る、というコースでした。山歩きというよりまち歩きですね。子どもたちが小さい頃、よくこの辺りは連れて遊びました。野辺に咲く花の名前を覚えたり、追いかけっこをしたり・・・

巾着田は日高市内を流れる清流、高麗川の蛇行によりその形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになったものです。直径約500メートル、面積約22ヘクタールの川に囲まれた平地には、菜の花、コスモスなどの花々が咲き、中でも秋の曼珠沙華の群生地は、毎年多くの人が訪れます。天気が良かったので、川に家族や友人連れの人がテントを張ってバーベキューやら川遊びを楽しんでいました。
IMG_20170505_131353.jpg
高麗神社に祭られているのは「高麗王若光(こまのこぎしじゃっこう)」です。織物フォーラムの時の仲間で「高麗1300」の方々が高麗郡建郡1300年を記念して大きなイベントを開催し、高麗のPRをしています。高麗神社の宮司の高麗文康さんもアミーゴに何度か来ていただいています。縁のあるところです。高麗さんは、高麗家60代の当主で、代々ご祭神(若光)の子孫が宮司を務めるという日本でも稀な神社です。
今回、高麗神社の水天宮様にもお参りしました。何度も高麗神社に来ていて、初めて知りましたが、急な坂道を15分ほど登ったところにあります。まっすぐに伸びた木々が神聖さを感じさせれるところでした。
若光は、665年に高句麗の外交使節の1員として日本に来られた方です。激動するアジア情勢の中、多数の高句麗人が渡来したのですが、結局668年に高句麗が滅亡し、若光も故郷に帰る事はできませんでした。このような中、1,799人の高句麗人を武蔵国に集め、”高麗郡”が創設され(716年)、未開の地の開拓を行う事になりました。高麗郡は今の飯能市と鶴ヶ島市全域、飯能・入間・狭山・川越市の一部を含む広い範囲でした(明治に入間郡に併合)。
歴史は面白い、また不思議な巡りあわせを作るのだな、と感じますね!
IMG_20170505_141144.jpg IMG_20170505_145842.jpg
最後は巾着田の入口にある喫茶店「阿里山Café」で一休みして帰りました。とても雰囲気の良い喫茶店です。
posted by mizuさん at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

連休の出来事

気が付けば5月も10日以上過ぎてしましました。連休は孫を連れて娘夫婦が遊びに来ていました。まだ、1歳9ヶ月にならないところ。可愛いことこの上もありません。でも、やはり「ば〜ば」が良いようで、「じ〜じ」には気の向いた時だけ寄ってきます。コストコへ行って、智光山公園の動物園に行って・・・お帰りのときはちょっと寂しかったりして。
1494056131829.jpg IMG_20170504_104822.jpg
posted by mizuさん at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

4月の事業

4月はたくさん事業がありました!8日の春フェスに始まり劇団アミーゴの公演、春風亭一蔵さんの楽笑寄席、ルミノーゾ合奏団の弦楽五重奏、藤沢小学校学校狂言会、そして最後に石川組製糸西洋館でのフルートサロンコンサート。その間に、北本市での雅楽鑑賞、八王子織物研修、さいたま市で埼玉県文化芸術祭実行員会会議などなど、こんなに忙しい4月はなかっだたのではと思います。振り返ると一日も休まずアミーゴに出ておりました。家族やみんなに本当にアミーゴ好きなんだね!と言われるわけですね。
ブログで紹介できなかった事業を写真で紹介します。
藤沢小学校学校狂言会
埼玉新聞にその様子が取り上げられ、掲載されました。今年で市内16小学校すべて回りました。今後も継続して学校狂言会をおこなっていきたいとおもいます。将来の文化の担い手である子どもたちのために。
P4193582.JPG IMG_20170501_143739.jpg
石川組製糸西洋館コンサート
昨年9月に引き続き開催しました。フルートアンサンブル「フラッシュ」の皆さんの演奏でした。劇団アミーゴの「青き繭の記」公演で石川幾太郎さん、西洋館を取り上げましたので、その公演を見た方も多く、相乗的に良い企画となりました。今回、いろいろな方にアミーゴの企画がとても良いと声を掛けていただきました。うれしいですね!
IMG_20170426_155815.jpg IMG_20170426_152012.jpg
楽笑寄席Vol.20一花、一蔵
一蔵さんは、「おもしろい」の一言。前回、前座さんとして来ていただきましたが、その時も勢いがあり将来楽しみな方だと思いました。今後も目が離せないですね。
IMG_20170419_141337.jpg IMG_20170419_151943.jpg
ルミノーゾ合奏団
若い演奏者でとても清々しかったです。ドヴォルザークの弦楽五重奏「作品77」を4楽章、シューベルトのピアノ五重奏「ます」を5楽章、たっぷりと聞かせてくれました。
IMG_20170422_160736.jpg
posted by mizuさん at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

織物研修会

毎年、繊維工業会、アミーゴ織物工房では各地の織物産地や繊維関係の工房などを訪ねて研修を行っています。今年は6日、八王子に行ってまいりました。八王子は絹織物の産地として知られています。今回、多摩織りの澤井織物工場さん、捺染工場の勝田ナセンさんを訪ねました。
八王子市では500年ほど前から養蚕が奨励されており、「多摩織」という絹織物が作られていたという歴史があります。多摩織は、幕末から明治中頃まで、甲州街道を通り、横浜からフランスなど海外に輸出されていました。その後多摩織は、昭和初期から戦後の着るものがなかった時期に急成長。しかし大量生産の時代に入ると合成繊維が台頭し、昭和35年以降衰退していきます。
澤井織物さんは、昭和11年頃の先々代は「つづれ織」を、昭和45年頃の先代の頃には「お召し」(※縮緬ちりめんのような先染めの着物)を作っていました。100年以上続く古い機屋です。多摩織を作り続け、技術を継承しています。
また、日本の有名ブランドやデザイナーとのコラボも行い、着実に知名度を上げています。グーグルとの協力で、電気が通る糸を織り込んだ洋服も開発しています。表面を触るだけで“スマホの画面”が反応する仕組みだとのこと。ただの機屋ではないですね!いい勉強になりました。
IMG_20170406_100813.jpg IMG_20170406_105032.jpg
勝田ナセンさんは、シルクスクリーンプリント(手捺染)と呼ばれる技法で染色を行っています。友禅糊を使用した風呂敷から インクジェットプリントを用いたアパレル製品まで業務内容は多岐に渡っています。私もタオル工場を営んでいた時は、プリント工場によく通いました。アミーゴの前身の組合工場にもナセン場がありよく通いました。工場を見て本当に懐かしく思いました。ここのおかみさんが元気でとても親切に気持ち良く案内をしてくれました。敷地内に「からん」というショップを出していて、手拭い、小風呂敷、小物などの販売をしておりまして、おかみさんのお話が良かったのでしょう、多くの品物に手が出てしまいました。

お昼も良かったです!あきる野の燈々庵さんでの古民家でのお料理、庭には枝垂れ桜が満開でした。
1491533708868.jpg IMG_20170406_111731.jpg
posted by mizuさん at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

劇団アミーゴ第10回公演「青き繭の記」

4月15,16日、劇団アミーゴの第10回公演が行われました。私にとっても感慨深いものがあります。劇団アミーゴは平成19年5月26日、起団式を行い、原田裕史氏の指導のもと市民劇団のスタートを切りました。ちょうど今から10年前のことです。旗揚げ公演は翌20年1月26、27日の「ふたこおり」。私も木下前市長もちょい役で出演しました。ちょい役でも結構稽古しましたね。読売新聞社さんが取材してくれて埼玉版にも乗りました。本当に懐かしく当時を思い出します。当時の役者(?)たちもまだまだ健在で、今回の「青き繭の記」でも大いにその役者魂を発揮してくれました。
昨年、入間市市制50周年を記念し、入間の歴史を飾る鎌倉武士「金子十郎家忠」をモチーフに合戦物を上演した。舞台狭しと走り回り、十郎と土地の人々との情愛を日本の歴史と絡めて表現しました。今回は、日本の近代産業史に大きな足跡を残した「製糸業」とそこに働く「女工」さんの生活をベースに、やはり入間市にあった大製糸工場、石川組製糸と石川幾太郎にスポットを当て、原田流の演出により一人一人の人間の生き方を近代化する社会の中に描き出します。とても感動的でした。幾太郎さんの曾孫の嘉彦さんもお越しになりご覧いただきました。喜んでいただき、私もうれしかったです。
IMG_20170414_192109.jpg IMG_20170414_192222.jpg
終わった後の打ち上げでの「役者さん」の顔はいいですね!この顔を見るのが私は一番うれしい!
これからも、アミーゴで見る方も出演する方も裏で支える方も、みんなが喜ぶ顔を見るために、私は力一杯頑張っていきたい。
posted by mizuさん at 13:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする